海水浴と塩湯治                          土井 聡


近年は海水浴自体の人気も落ちてきているらしい。

 

あと、30年もすれば海水浴という文化自体がなくなっているかもしれないなどと考える。

 

実際、日本人が海水浴を盛んにし始めたのは大正以降であるようで、それ以前は海で泳ぐという事自体が忌避されたいた。

 

日本の物理学者である寺田寅彦が『海水浴』という随筆を昭和18年の文芸春秋に残しており、

そこには明治14年の夏、父親に連れられて愛知県の海辺で過ごした彼の記憶が書き留められている。

 

当時まだ海水浴という言葉は一般的ではなく、丸裸で海につかり身体を鍛える民間療法として「塩湯治」と呼ばれた。

 

病弱だった息子(寅彦)を心配した両親がこの「塩湯治」を施すため、鄙びた海岸でひと夏を過ごさせたのだ。

 

寅彦の随筆には、

海岸に石垣のようなものがどこまでも一直線に連なっていて、その前に黄色く濁った海が拡がっている。

 

数え切れないほど大勢の男がみんな丸裸で海水の中に立ち並んでいる。

 

去来する浪に人の胸や腹が浸ったり現われたりしている。

 

自分も丸裸でやはり丸裸の父に抱かれしがみついて大勢の人の中に交じっている。

という情景が記されている。

 

このひと夏の『塩湯治』により、目立って身体が丈夫になった寅彦はその後も海水浴に親しんでいる。

 

海水浴がレジャーとして定着したのは昭和に入ってからであり、それ以前は一部の健康増進法としてのみ存在していたという貴重な記録だ。

 

海、塩水にはやはり健康増進のキーワードが隠されているようだ。

 

 

 








          たきがみ博士の想い

 

誰でも、自分の中に伝統がある。自分が経験したすべての過去の累積、それが”いま”のわたし。

過去とは思いだすこと、現在(いま)は過去の必然、そして、未来は想い、選択すること。

いまは、変えられない。

しかし、人には明日があり、未来がある。明日は、こうありたいと想いを持つことができる。

 

すてきな明日に向かって、”これからへの想い”を具体化するJourney、しっかり楽しみたいと思います。

そして、”いま、ここ”を丁寧に活きる。

みずからの人生の軌跡を、すてきな笑顔でみつめるために。

 

旬(ときめき)亭 亭主 たきがみ博士
  たきがみ博士


旬(ときめき)亭へのアクセス


 

 

 044-955-3061

 tokimeki@terra.dti.ne.jp

 

 旬(ときめき)亭 亭主  たきがみ博士



 

神奈川県川崎市麻生区

百合丘1-5-19 

   YDM百合ヶ丘ビル 5階

 



☆他人に期待すれば不満になり、

  自分を信頼すれば自信になる 

☆人間関係とは、他人を通して自分自身

  との付き合い方を学ぶ機会なり 

☆自分の短所を受け入れるとき、

  自分らしさという魅力が生まれる 

☆最も空しい人生とは、

  すべてが思い通りになる人生である 

☆幸せは得るものではなく、気付くもの


☆樹木は、上に伸びる前に下に伸びる 

☆他人との対立は、

  自分の心の中の対立に過ぎない 

☆幸せだから感謝するのではなく、

  感謝するから幸せを感じる 

☆孤独を知らなければ、

  本当の繋がりが分からない 

☆内側から生まれてくる至福は、

  失うことがない


天城流湯治法の天健躰操 【始動法】

寝る前、起きた時 3ポーズで5分間

肩こり、腰痛・しびれから解放