治る人 治らない人                         ZuYu


世の中には不調に対処するための様々な養生法や治療法がありますが、なかなか”万人に効果のあるもの”というものは見当たりません。

 

それもそのはずで、似た様な症状をお持ちの方々であったとしても

「症状を引き起こしている原因の違い」「体質による差」「ご本人の心の持ち方」など、種々の要因によって適切な対処法が異なる場合も多いからです。

 

自主的に何らかの養生法を行われている方からは「良いと聞いていたのに効果を感じない」「他の人は治っているのに私は治らなかった」という感想を聞くことがありますが、このような場合には、一体どこに問題があったの、やはり気になる所だと思います。

 

私たちは「これは良い・これは悪い」等、二者択一的な考え方で物事を測ってしまうことがよくありますが、結果で全てを判断するよりも、

「このような結果が出た理由は何故か」と追及することがとても大切です。

 

そこで、今回は「治る人・治らない人」が出てくる理由について、体験談を元に考察をしてみました。

 

治るはずの療法で治らない、そのような時に確認したいこと

根本的な原因を見逃している場合も

様々な不調に対して、ご自身で何かしらの対策をする場合や、あるいは何かの治療法を用いている専門の方に頼る場合であっても、

全くないと言い切れないのが「根本的な原因を見逃しているケース」です。

 

概ね、これが原因だろうと予測のつく症状も多いと思われますが、様々な専門家であっても根本原因を見逃してしまう事はあります。

 

特に、電磁波の悪影響など、目に見えない要因が絡んでいる時には見過ごされやすいものですので、もし治るはずだろと思われる症状を治療していて、改善の兆しが見えない場合には“もしかしたら見立てが違うかもしれない、あるいは適切な治療法ではないのかもしれない”と、少し立ち止まって考えてみることも大切です。

 

症状と関連する生活習慣を改善していない

各症状に対応するための“対処法”は、古今東西様々なものがあります。

 

多くの場合は、適切な対処法を使用している場合に症状が緩和するなど、何らかの効果が現れてくるものですが、中には効果が現れにくいケースもあります。

このような場合には「日常生活・生活習慣」に起因する何かが潜んでいるかもしれません。

 

例えば、極度の運動不足である、日光を浴びず夜更かしが続いている、食生活が乱れている、対人関係等において極度のストレスを抱えている等の要因が挙げられます。

基本的に、不調が発生する原因は必ず“生活の中のどこかに潜んでいる”ものです。

 

何らかの不調を改善した場合には、治療や養生を行う前に生活の中に何かの要因が潜んでいないかを、あらかじめチェックしておくのがいいでしょう。

 

異常のある状態を正常だと”脳が誤認している”ケースも

意外に多いのが、本来であれば不調もなく正常な状態であるにも関わらず、“脳が不調を抱えている状態を正常だと誤認識してしまい、

不調な状態が続く”ことがあります。

 

身体の一部に感情・記憶が宿るという話がされることも増えてきましたが、これはそのような状態とも関係があるのかもしれません。

 

例えば、骨折が完治した後も何故か痛みだけが続くという話を聞きますが、このような場合には”脳が勘違いしている“可能性を疑ってみるといいでしょう。

このような場合には、誤って記憶された状態をリセットしなければいけない為、自己暗示や催眠、トルクリリーステクニック、特定の波長を使用した療法等が、より高い効果を現す可能性があるでしょう。

 

選択した対処法、あるいは治療家とご自身の相性が芳しくない可能性も

治療を行っているにも関わらず、何らかの不調が改善しない場合には“何かの要因があなたに適していない”のかもしれません。

見立てが違う、原因が解決されない等、不調が改善されない場合には様々な要因が考えられます。

 

その中には、そもそも選択した方法があなた自身の性質に合致しない、という可能性もあるのです。

 

治療効果の差には、個人の体質や心理的要因なども少なからず絡んできます。

本来ならもっと効果が現れるはずのものが「治療家との信頼関係が芳しくない」「治療方法に半信半疑であり、信頼できない」場合には、効果が軽減されることもあります。

これは、ある特定の治療法等を盲信しなければいけないという事ではありません。

 

しかし、あまりにも強く疑ってしまう(あるいは心理的に拒絶してしまっている)と、治療の効果が減衰することもあるのです。

治療を受ける際には、少なくともあなた自身が信頼できる方から受けることをお勧めします。

 

※プラシーボ効果によって救われる方がいる一方で、逆の効果を生み出してしまうケースもあると考えれば、この内容は分かりやすいかもしれません。

 

心の問題が病という形で表面化している場合もある

もっとも原因を特定し難いものの一つに、症状として表面化している”心の問題”というものがあります。

行き場がなく、昇華することのできない感情が”病・不調”という形になり、症状が現れてしまうケースというのも、実は少なくありません。

 

この場合、対処療法による効果が現れにくく、根本原因である「心の中に潜んでいる感情、問題」を解消することにより、症状の大きな改善が期待できます。

本人の意識には登らず、体の方に症状が出るというケースが散見されますので、症状を発しているご本人が原因を特定するのは、少々難しいかもしれません。

 

「心と体の関係について」見識や経験のある専門家を訪ねる事が、最も良い結果を生むものと思われます。

 

原因不明の症状、中には環境要因が絡んでいる場合も

食生活を始め、物理的なケアは充分に行っているにも関わらず「何故か一向に症状が改善しない」場合には、環境的な要因が絡んでいることもあります。

この場合の環境要因としては、主に以下のようなものが挙げられるでしょう。

 

・有害電磁波(配電盤、コンセント等からの電磁波、携帯電話やWIFI等から放出される電磁波等)

・住環境(ジオパシックストレス等、海外においては”病の原因として”広く認識されています)

・他者からの影響(対人ストレスや、他者からの強い想念によって体調を崩す方も多いようです)

 

実際、コンセントから出ている電磁波を減衰させるだけでアトピーが改善したという例も少なくはありません。

私たちの体には、静電気を始めとする電気的エネルギーが溜まることがあると言われています。

 

そういった「体に蓄積した電気的なエネルギー」は、そういった電気的エネルギーを中和する特殊な機器や、アーシング等の方法によって取り除くことが可能です。

特にアーシングは手軽に試すことができますので、ご興味のある方にはぜひお試し頂きたいところです。

 

自力での改善が難しい場合には専門家を頼ってみることもお勧めです

 

自力で原因を特定することは基本的に難しい

以上、効果があるはずの療法を実践しても治る人や治らない人がいる背景には、実に様々な要因が絡んでおり、今回挙げたものはその中の一例に過ぎません。

ただ、そういった例の中から個人的な体験を元に、多いであろうケースを今回はご紹介させて頂きました。

 

最近では、ご自身で不調の原因についてしっかりと調べ、自力である程度対策をされる方も増えています。

そういった方々にとって、今回の情報が何らかの参考になればと思っております。

 

ただ、中には自身で原因を特定することが難しいケースもやはりあります。そういった壁にぶつかった場合には、メタトロンやPRA検査等、

波長を用いた検査を試されてみると、思わぬ原因を発見できるかもしれません。

 

 








          たきがみ博士の想い

 

誰でも、自分の中に伝統がある。自分が経験したすべての過去の累積、それが”いま”のわたし。

過去とは思いだすこと、現在(いま)は過去の必然、そして、未来は想い、選択すること。

いまは、変えられない。

しかし、人には明日があり、未来がある。明日は、こうありたいと想いを持つことができる。

 

すてきな明日に向かって、”これからへの想い”を具体化するJourney、しっかり楽しみたいと思います。

そして、”いま、ここ”を丁寧に活きる。

みずからの人生の軌跡を、すてきな笑顔でみつめるために。

 

旬(ときめき)亭 亭主 たきがみ博士
  たきがみ博士


旬(ときめき)亭へのアクセス


 

 

 044-955-3061

 tokimeki@terra.dti.ne.jp

 

 旬(ときめき)亭 亭主  たきがみ博士



 

神奈川県川崎市麻生区

百合丘1-5-19 

   YDM百合ヶ丘ビル 5階

 



☆他人に期待すれば不満になり、

  自分を信頼すれば自信になる 

☆人間関係とは、他人を通して自分自身

  との付き合い方を学ぶ機会なり 

☆自分の短所を受け入れるとき、

  自分らしさという魅力が生まれる 

☆最も空しい人生とは、

  すべてが思い通りになる人生である 

☆幸せは得るものではなく、気付くもの


☆樹木は、上に伸びる前に下に伸びる 

☆他人との対立は、

  自分の心の中の対立に過ぎない 

☆幸せだから感謝するのではなく、

  感謝するから幸せを感じる 

☆孤独を知らなければ、

  本当の繋がりが分からない 

☆内側から生まれてくる至福は、

  失うことがない


天城流湯治法の天健躰操 【始動法】

寝る前、起きた時 3ポーズで5分間

肩こり、腰痛・しびれから解放