「死んだ塩」古塩                      小林 くみん


あなたの体の奥に蓄積され、脳梗塞・心臓疾患などのあらゆる病を招く「死んだ塩」古塩

古塩デトックス法・塩断食法

 

一般的に調味料として使用される「塩」は血液に溶けます。

そのため汗やおしっこと一緒に排出された、いずれは体の外へ出ていきます。

 

しかし、動物タンパク(肉や魚)中のナトリウム(古塩)は水分に溶けず、血液中の浮遊物として全身に運ばれ血管壁、内臓、骨、組織細胞などに沈着。

 

そして、血管、内臓、末端の組織細胞を硬化させます。

血管、内臓、末端の組織細胞を固くなることは、現代日本人の病的死因トップ2,3を占める、心臓病・脳卒中(脳血管障害)の最も大きな原因。

 

高血圧を始め、動脈硬化予防や、その改善に「減塩」が推奨されており、そのため塩分を控えている方も多いかもしれませんが、

この隠れた塩「古塩」の存在は全く指摘されていません。

 

「古塩」とは、主に動物性食品の蛋白質中のナトリウムが、それを食べる私たちの体内に蓄積されたもの。

 

年齢を重ねるごとに身体に蓄積されていくのが、この古塩。

 

そして、古塩はじわじわと私たちの体を直接的に、間接的に蝕んでいるかもしれないのです。

 

直接的には内臓や動脈の硬化、

間接的には身体に蓄積する古塩(極陽性)が、甘いものやアルコール(極陰性)の過剰摂取の一因となり、それらの過剰摂取のために起こる体への影響。

 

 

私たちの体の奥底(組織細胞内)に入り込み、そこに居座る「死んだ塩」古塩。

長い年月をかけて体内に蓄積した古塩は、たとえ、動物性食品の摂取を控えても簡単に取り去ることはできません。

では体内に蓄積された塩は一体どうしたらいいのでしょうか?

 

その古塩のデトックスに効果的と言われているのが、「塩断食」。

 

一体どんなものなのか?

どんな注意点があるのか?

 

私の実体験も交えてお伝えしていきます。

 

あなたの体に蓄積された古塩を溶かす?!

塩断食、そのメリットとは?

塩断食のメリットをお伝えする前に、一番初めにお話ししたいことは、塩分は私たちが生きていくために欠かせないものだということ。

 

塩分は私たちの体内で水分量を調整し、細胞と体液の間の圧力(浸透圧)のつりあいを調整しています。

また、筋肉の収縮を助けたり、血液や胃液の成分となってその役割を果たしたり、人間が生きていくために欠かせない働きをしています。

 

しかし、塩分の過剰摂取が続くと、ナトリウムを体の外へ排出するために血液内の大量の体液交換が行われ、血圧の高い状態が続き、また、そのナトリウムを濾過するために腎臓も酷使されます。

 

そのため、塩分の過剰摂取が、高血圧や腎臓疾患の原因になるともいわれているのです。

塩断食をすることにより、味の濃い食事内容を見直すきっかけにもなり、塩分の過剰摂取による高血圧や腎臓疾患の予防にもなりますが、今回は古塩をデトックスすることによるメリットを中心にお伝えしていきます。

 

1.デトックス効果を高める

身体には古塩と一緒に、不要なたんぱく質や脂肪も蓄積されており、塩を一時的に断つことで、体に溜まった毒素も排出しやすい状態へシフト。

体内で固まった状態にある古塩やたんぱく質や脂肪が、塩断食開始後、24時間以降から、砂糖や薬などの毒素と一緒に溶け始めて、汗や排泄物となって外に出されると言われています。

 

2.脳梗塞や心筋梗塞のリスクの低減

血管壁、内臓、骨、組織細胞などに沈着し、動脈、内臓、末端の組織細胞を硬化させる古塩をデトックスすることにより動脈や内臓の硬化を緩和し、脳梗塞や心筋梗塞のリスクを低減させます。

 

3.砂糖やアルコール依存を軽減できる。

体に溜まった極陽性である古塩をデトックスすることにより、極陰性である甘いものやアルコールへの依存を軽減でき、砂糖やアルコールの体へ与える影響も緩和できます。

 

4.女性の悩みの3大要因、冷え・便秘そして浮腫みを解消。

塩断食により、冷えの原因となる余分な老廃物と水分が排出されます。

また、塩断食では食べない断食と違い野菜類をしっかり摂取するので自然と便秘とむくみも解消されます。

 

あなたは大丈夫 あなたの古塩蓄積度をチェック!

かかと_足の裏

1.掌、手の甲、足のかかとなどがカサカサしている。

 

2.朝起きると顔が一回り大きく浮腫んでいる。

 

3.夕方になると足が重く浮腫み。

 

4.体重は増えていないが、太ってみえるようになった。

 

5.お肉やお魚に様な動物性タンパク質を毎日食べている(または食べてきた)。

 

6.魚の煮つけや、角煮などのようなこってりしたものが好き。

 

7.玄米菜食&薄味を心がけているにもかかわらず、甘いものやアルコールを頻繁に欲する。

 

8.40歳以上である。

 

9.塩辛いものが好き。

 

10.指先、足先などの末端が冷える。

 

もし、5つ以上当てはまるものがあったら、塩断食を試すと効果を実感できるかもしれませんよ。

 

意外にカンタン、我慢しなくて大丈夫、塩断食の実践方法。

 

「断食」と聞くと、

 

「大変そう~・・・。」

 

と感じるかもしれませんが、実は意外にカンタン。

 

常に食欲旺盛で、ファスティングが苦手な私でも実践できたので、是非試してみて。

 

食の断食の場合、開始前の準備期間や、終了後の回復食で胃や腸への負担を軽減しなければなりませんが、塩断食の場合は、食事を我慢することなくしっかり頂くため、特別な準備期間や回復食も必要なし。

 

回復食に失敗し、急に沢山食べたため、かえって内臓に負担をかけ、眠気に襲われ、体が重い・・・、なんて心配もありませんよ!

 

 

Q: 期間はどれくらい?

A: 塩断食の1回の実施期間は24時間から長くても48時間まで。

 

塩断食の目的は古塩を排出させること。

 

体内で固まった状態にあるこれらが、無塩食開始後、24時間以降から溶け始め排出されると言われます。

 

しかし、先にもお伝えしたように、塩分は私たちの生命維持には不可欠な成分。

長期間、塩分を抜くことはかえってマイナスに・・・。

 

まずは24時間~始め様子をみて続けますが、48時間までにとどめてください。

 

この塩断食を月1回のペースで続ければ、半年後からかなりのデトックスが見込めるそうですよ。

 

Q: 塩断食って一体どんなもの?

A: 塩断食の食事内容はこちら。

 

・動物性食品はNG

・塩の中和に適した無塩で良質な旬野菜やフルーツをたっぷり摂る。

 

塩断食の例)

 

朝食:

グリーンスムージーや果物(常温で)

(体質によっては冬場は野菜スープがベター)

 

昼食、夕食:

生野菜、焼き野菜、煮野菜、野菜スープなど野菜をたっぷり使った食事

 

Q: 塩断食を成功させるにはどうすればよいの?

A: 効果的に塩断食を行うには3つのポイントがあります。

ハーブ

1.塩や醤油の代わりにお酢、オイル、カレー粉、ハーブ類、ダシで味付けをします。

 

2.体の毒素を排出しやすくするために水分を多めにとる。

 

3・塩分の排出に役立つカリウムを多く含む野菜や果物を積極的に摂る。

 

塩分の排出に役立ちむくみを解消する栄養素カリウム。

カリウムは体内の過剰な水分を排出させ、身体の冷え解消します。

そのため冷えに弱い腎臓の働きも良くなり、さらに利尿効果が高まります。

 

カリウムを多く含む野菜や果物:

・ほうれん草・あしたば・にら・小松菜・春菊・空豆・れんこん・長芋・じゃがいもなど

・アボカド・バナナ・キウイフルーツ・プルーン・さくらんぼ・あんず・いよかんなど

 

旬の野菜やくだものを取り入れてね!

 

Q:塩断食には好転反応ってあるの?

A:眠気やだるさ、頭痛といった好転反応がある場合があります。

無塩食開始後、24時間以降から、体内で固まった古塩が毒素と一緒に溶け始め、身体の外に排出されるまでに一度体内を巡ります。

 

この時に眠気やだるさ、頭痛といった好転反応がある場合があります。

 

出てきた毒素を中和するためにも、野菜と果物を沢山摂ることが大切。

塩断食は、食断食とは全く異なり、野菜と果物をしっかり摂ることがキーになります。

 

一大決心、塩断食を体験してみました!「マクロビ女子」が実践、その効果は?

長年、玄米菜食の食生活を続けてきた私にとって、塩断食への第一歩は一大決心。

 

私にとって塩は、素材の甘みやうま味を引き出すために欠かせない存在。

 

他の調味料は一切使わず、塩とローリエだけで煮込み料理をすることもしばしば。

 

私の場合:効果大でした!騙されたと思ってやってみては?

 

私も以前からシュガーフリーの生活はしていても、「ソルトフリーの生活は1日たりとも無理!」と思っていました。

 

そんな私が「塩断食」を試みたのは、年齢を重ね「腎」の弱まりを感じ、顔や足の浮腫みが出るようになったため。

 

私が今回トライしたのは、24時間+αでしたが・・・、朝起きた時の顔の浮腫みがなくなり、大分顔がスッキリしたのにはとても驚きました。

 

「ムクミをとるだけでこんなに痩せて見えるんだ。」とびっくり。

 

毎日デスクワークなため、夕方、足の浮腫みが気になることもありましたが、夕方になっても、下半身に重みを感じることはなく快適。

 

顔のむくみ、脚のむくみだけでなく、体全体のむくみも解消されるため見た目の印象も全く違ってきます。

 

また、玄米菜食を継続するうちにだんだんと味付けが濃くなっていたことにも気がつくきっかけにもなりました。

 

味噌、醤油、ぬか漬け、塩麹、醤油麹、梅干し・・・。

確かにどれも体に良い発酵食品であり、毎日取りたいものばかり。

 

でも、必要以上にとり過ぎていたのかなと見直すきっかけにもなりました。

 

24時間+αの塩断食は、私が気にしていた「ムクミ」に対しては即効性を感じましたが、古塩のデトックスを本格的にしたい場合は、月1ペースで半年ほど継続することが薦められています。

 

「塩断食」気になるけど・・・、はやっぱりハードルが高い。

そんなあなたにオススメな「ゆっくり古塩抜き」

食事の塩分を抜き、野菜と果物を大量に摂り、体内に蓄積した古塩を溶け出させ、その毒を中和させるのが無塩食である塩断食。

 

でも、毎食自分で料理をする必要があったり、家族との食事のこともあったりと、全く塩分を摂らない塩断食は実践が難しいと感じる方もいるかもしれません。

 

そこで、お手軽なのが「減塩食」。

 

まずは塩分を控えて野菜と果物を可能な限り取る「減塩食」に切り替えます。

 

薄い濃度の塩分(新しい塩分)で濃い濃度の塩分(古い塩分)を呼び寄せ、古い塩と新鮮な塩を少しずつ入れ替えていくのです。

 

それだけでも血液が浄化され、体全体の循環が良くなり徐々に体質が変わっていきます。

 

この時使用する塩は、私たちの体に必要なミネラル類を多く含む塩にしましょう。

塩化ナトリウム99%の食塩はお勧めしません。

 

また、いわゆる「減塩」と謳う商品に手を出さないで。

 

例えば「減塩醤油」など、塩分を控えた分傷みやすいため、本来、醤油には必要のない食品添加物などが使用されている場合があります。

 

「ゆっくり古塩抜き」テク7:

ステップ7

1.毎食、できるだけ多くの種類の野菜と果物を食べる。

 

2.調味料のベースは、素材の味を引き出す程度の塩・みそ・しょうゆ。

 

3.塩分の排出に有効なカリウムを多く含む食材を積極的に摂る。

 

4.ミネラルウォーターやハーブティーなど水分補給をしっかりとする(胃腸を冷やさないよう温かい飲みものがベター)。

 

5.だしは昆布とシイタケ(植物性)を使い血の巡りを促す。

 

6.加工食品やレトルト、市販のお弁当や外食は塩分量が把握しづらいので避ける。

 

7.原材料表示を確認して、塩分が入っていない食材を選んで自炊する。

 

減塩食はまずは3~7日間、意識して行ってみてください。

3~7日間、減塩食を続けると、素材そのままの味が美味しく感じられてくるはず。

 

塩分たっぷりのファーストフードやスナック菓子、カップラーメンなどのジャンクフードはもう必要なくなるかも。

 

 

 

食事は毎日するものだから、

そこには大きな力が宿ると私は信じます。

 

全ての変化は、行動から始まります。

 

口に入れるものを変えることは、

あなた自身を変えること。

 

あなた自身が変わることは、

あなたの毎日が変わること。

 

あなたの毎日が変わることは、

あなたの人生が変わること。

 

食事は毎日するものだから、

そこには大きな力が宿ると私は信じます。

 

不自然でない、自然からの贈りものを日々の生活で頂いていたら、

生きるとこがもっとシンプルになるはず。

 

あなたに、「幸せだ」と感じて毎日を過ごしてほしい。

その一歩を、毎日の食事から始めてください。

 

 

 








          たきがみ博士の想い

 

誰でも、自分の中に伝統がある。自分が経験したすべての過去の累積、それが”いま”のわたし。

過去とは思いだすこと、現在(いま)は過去の必然、そして、未来は想い、選択すること。

いまは、変えられない。

しかし、人には明日があり、未来がある。明日は、こうありたいと想いを持つことができる。

 

すてきな明日に向かって、”これからへの想い”を具体化するJourney、しっかり楽しみたいと思います。

そして、”いま、ここ”を丁寧に活きる。

みずからの人生の軌跡を、すてきな笑顔でみつめるために。

 

旬(ときめき)亭 亭主 たきがみ博士
  たきがみ博士


旬(ときめき)亭へのアクセス


 

 

 044-955-3061

 tokimeki@terra.dti.ne.jp

 

 旬(ときめき)亭 亭主  たきがみ博士



 

神奈川県川崎市麻生区

百合丘1-5-19 

   YDM百合ヶ丘ビル 5階

 



☆他人に期待すれば不満になり、

  自分を信頼すれば自信になる 

☆人間関係とは、他人を通して自分自身

  との付き合い方を学ぶ機会なり 

☆自分の短所を受け入れるとき、

  自分らしさという魅力が生まれる 

☆最も空しい人生とは、

  すべてが思い通りになる人生である 

☆幸せは得るものではなく、気付くもの


☆樹木は、上に伸びる前に下に伸びる 

☆他人との対立は、

  自分の心の中の対立に過ぎない 

☆幸せだから感謝するのではなく、

  感謝するから幸せを感じる 

☆孤独を知らなければ、

  本当の繋がりが分からない 

☆内側から生まれてくる至福は、

  失うことがない


天城流湯治法の天健躰操 【始動法】

寝る前、起きた時 3ポーズで5分間

肩こり、腰痛・しびれから解放