歯はみがかない                          ‎池田達


高性能の電動歯ブラシで歯垢を根こそぎ落とし、殺菌効果のあるマウスウォッシュで口臭予防、週1回は専用の歯磨き粉でホワイトニングを欠かさずに。

市販の口内ケア用品は枚挙にいとまないが、メーカーの広告が訴える健康効果を鵜呑みにしてはいけません。

 

日本では、60年代後半に「毎食3分以内に、一日3回3分ずつ歯を磨こう」という「3・3・3運動」が厚生省推奨のもとに行われていましたが、

これはもともと歯磨き粉メーカーの販促キャンペーンが発端なのです。

実は他国では就寝前と起床後に口内ケアをするのが当たり前になっていて、日本人の歯の磨き方は完全に時代遅れになっています。

日本では当たり前だと思われている歯磨き習慣には、大きなリスクが潜んでいます。

 

皆さんが行っている「歯磨き」は大半が歯ブラシに歯磨き粉をつけ、ブクブクと泡立てて磨いているものだと思います。

実はこれには2つの大問題があります。

 

まず、歯ブラシでゴシゴシと歯を磨いていることです。

歯を磨けば磨くほど、歯の表面が削れていき、知覚過敏や虫歯が悪化する原因にもなります。

とりわけ食後は、リンやカルシウムが唾液に溶け出して歯が柔らかくなっているので注意が必要です。

 

もう一つは歯磨き粉をつけていることです。

界面活性剤や清涼剤の作用でスッキリと磨けた感が演出されるために、歯にこびりついたままのプラーク(歯垢)に気付かなくなってしまうのです。

 

口の中に住む最近は100億を超え、口内はさしずめ「細菌の海」です。

また、この細菌の温床となるのが歯ブラシでもなかなか落としきれないプラークです。

 

口内で最も重要なのは、唾液をたくさん出すことです。

実は唾液には強い殺菌作用があり、プラークの悪影響を制御する力を持っているからです。

 

食後すぐに歯磨きをしてしまうと、大量に分泌されている貴重な唾液を洗い流してしまうことになるので、歯を磨かない方がいいのです。

就寝前と起床後のケアが大切なのは、睡眠時には唾液が減るため、悪い影響を及ぼす細菌が繁殖することを防ぐ必要があるからです。

 

何よりも重要なのは、殺菌力のある唾液を歯の隅々まで行きわたらせることです。

デンタルフロスや歯間ブラシを用いることで、プラークを除去しつつ唾液の通り道を作りましょう。

また頬や舌を動かして、唾液の分泌を促すことも大切です。

 

最近では口内の細菌のバランス、いわゆる口内フローラが崩れると、虫歯や歯周病だけでなく糖尿病や動脈硬化など命にかかわるような病気にかかり易くなることも判ってきました。

ゴシゴシ歯を磨くことをやめれば、健康寿命の飛躍的な向上につながります。

 








          たきがみ博士の想い

 

誰でも、自分の中に伝統がある。自分が経験したすべての過去の累積、それが”いま”のわたし。

過去とは思いだすこと、現在(いま)は過去の必然、そして、未来は想い、選択すること。

いまは、変えられない。

しかし、人には明日があり、未来がある。明日は、こうありたいと想いを持つことができる。

 

すてきな明日に向かって、”これからへの想い”を具体化するJourney、しっかり楽しみたいと思います。

そして、”いま、ここ”を丁寧に活きる。

みずからの人生の軌跡を、すてきな笑顔でみつめるために。

 

旬(ときめき)亭 亭主 たきがみ博士
  たきがみ博士


旬(ときめき)亭へのアクセス


 

 

 044-955-3061

 tokimeki@terra.dti.ne.jp

 

 旬(ときめき)亭 亭主  たきがみ博士



 

神奈川県川崎市麻生区

百合丘1-5-19 

   YDM百合ヶ丘ビル 5階

 



☆他人に期待すれば不満になり、

  自分を信頼すれば自信になる 

☆人間関係とは、他人を通して自分自身

  との付き合い方を学ぶ機会なり 

☆自分の短所を受け入れるとき、

  自分らしさという魅力が生まれる 

☆最も空しい人生とは、

  すべてが思い通りになる人生である 

☆幸せは得るものではなく、気付くもの


☆樹木は、上に伸びる前に下に伸びる 

☆他人との対立は、

  自分の心の中の対立に過ぎない 

☆幸せだから感謝するのではなく、

  感謝するから幸せを感じる 

☆孤独を知らなければ、

  本当の繋がりが分からない 

☆内側から生まれてくる至福は、

  失うことがない


天城流湯治法の天健躰操 【始動法】

寝る前、起きた時 3ポーズで5分間

肩こり、腰痛・しびれから解放