正義は人間を最も残虐にさせる


怒りは自己を正当化し、正義になりすまそうとする

仏教では、自分の欲が妨げられた時に出てくるのが怒りであると 説かれています。

 

どんなに、大義名分があり、相手が不条理なことをしたとしても そこに怒りを起こすのは、それが自分の都合に反し、思いを妨げたからです。

 

政治家の不正なバラマキを知ると腹を立てます。

ところが、その恩恵に自分があずかる立場なら、喜ぶでしょう。

理屈では正義の戦いでも、感情では、利害の対立であることが ほとんどではないでしょうか。

 

一方的に相手が悪で、自分が正義と決めつける前に、 自分のどんな都合や欲で腹を立てているのかをよく見つめなさいと 教えられています。

 

自分が正義と思ったとき、人間はどれだけでも残酷になれる

正義の恐ろしさというのは、 自分が正義だと思うと、ためらいなく、相手を傷つけてしまうことです。

 

典型的なのは、戦争や、民族紛争、宗教戦争です。

どんな戦争も、自分の正義を主張します。

そして、敵を滅ぼすのは善いことだと教育して戦地に送ります。

その結果、対立する勢力に対して、考えられない残虐な行いをしてしまうことに なるのです。

 

歴史的に見ても、 あからさまな略奪や侵略によってなされた残虐行為よりも、 神の名のもとになされた処刑や植民地化、 一つの思想を完全なものと信じてなされた粛正のほうが数や規模からも、 圧倒的に多くの犠牲を出しています。

 

 

聖徳太子は、十七条憲法に

我、必ず聖ならず、彼、必ず愚かなるにあらず。   ともにこれ凡夫(ぼんぶ)のみ といわれています。

 

浄土真宗の開祖・親鸞も、

善悪の二つ総じてもって存知せざるなり と言われています。

 

怒りは自己を正当化し、正義になりすまそうとします。

 

正義のもつ恐ろしさをよくよく自覚しましょう。

 

 








          たきがみ博士の想い

 

誰でも、自分の中に伝統がある。自分が経験したすべての過去の累積、それが”いま”のわたし。

過去とは思いだすこと、現在(いま)は過去の必然、そして、未来は想い、選択すること。

いまは、変えられない。

しかし、人には明日があり、未来がある。明日は、こうありたいと想いを持つことができる。

 

すてきな明日に向かって、”これからへの想い”を具体化するJourney、しっかり楽しみたいと思います。

そして、”いま、ここ”を丁寧に活きる。

みずからの人生の軌跡を、すてきな笑顔でみつめるために。

 

旬(ときめき)亭 亭主 たきがみ博士
  たきがみ博士


旬(ときめき)亭へのアクセス


 

 

 044-955-3061

 tokimeki@terra.dti.ne.jp

 

 旬(ときめき)亭 亭主  たきがみ博士



 

神奈川県川崎市麻生区

百合丘1-5-19 

   YDM百合ヶ丘ビル 5階

 



☆他人に期待すれば不満になり、

  自分を信頼すれば自信になる 

☆人間関係とは、他人を通して自分自身

  との付き合い方を学ぶ機会なり 

☆自分の短所を受け入れるとき、

  自分らしさという魅力が生まれる 

☆最も空しい人生とは、

  すべてが思い通りになる人生である 

☆幸せは得るものではなく、気付くもの


☆樹木は、上に伸びる前に下に伸びる 

☆他人との対立は、

  自分の心の中の対立に過ぎない 

☆幸せだから感謝するのではなく、

  感謝するから幸せを感じる 

☆孤独を知らなければ、

  本当の繋がりが分からない 

☆内側から生まれてくる至福は、

  失うことがない


天城流湯治法の天健躰操 【始動法】

寝る前、起きた時 3ポーズで5分間

肩こり、腰痛・しびれから解放