正しい知識と賢い選択                      吉野 一道


がんになってしまったら、それがどんながんであっても、身体に良くない食生活や生活習慣を長年にわたって続けた結果であり、細胞の遺伝子が後天的に変異してしまったためである。

逆に、正しい食生活と生活習慣は全てのがんの進行を遅らせることはもちろん、がんを縮小し消失させることも可能である。そんな主張が広まっています。

 

がん患者の多くが病気を克服しても再発することが多いのは、根本原因とされる糖質を主食とする食事や生活習慣の改善を行っていないからだと言われます。

がんの根本原因を改善しなければ、たとえ一時的に病気を抑えても、再発の確率が下がらないのは当然です。

 

世の中には「これさえ飲めば、これさえ食べれば、がんを克服出来る」というものはまだ存在しません。

反対に、絶食・断食・不食・微食・超小食・糖質ゼロ食・糖質制限食・ケトン食等々・・・

がんを克服する方法が開発され、難病を寛解させる療法として利用されるようになりました。

日頃からの口で摂取する食事の積み重ねが生活習慣となり、結果として身体が構成されます。

 

食事療法によって、がんを克服したり、腫瘍が縮小し消失した例はたくさんあります。

末期癌で「長くはない」と言われていた人の病状が改善された例もたくさんあります。

最適な食生活や生活習慣をすれば、人は病気にはかからない、あるいはかかりにくいことがわかってきました。高齢者になっても病気にならずに健康でいられる方法が解明されてきました。

そんな時代が到来したのに、それを学ばないとすればバカげたことです。

 

健康でもっと長生きしたいと願うのなら、賢い選択をしなければなりません。

自分の未来を変えるのは自分の決断です。

名医の治療を受けても、自分にふさわしい食事や生活習慣の改善への提案をしてくれるとは限りません。医師は治る病気しか治せません。

 

最新の薬や医療装置が、癌治療のために何をしてくれるのか。

自分にできる食生活や生活習慣の改善が、癌治療のために何をしてくれるのか。

正しい知識を手に入れることによって選択肢を増やすことができれば、今までどうしても健康になれなかった人への福音になるかもしれません。

 








          たきがみ博士の想い

 

誰でも、自分の中に伝統がある。自分が経験したすべての過去の累積、それが”いま”のわたし。

過去とは思いだすこと、現在(いま)は過去の必然、そして、未来は想い、選択すること。

いまは、変えられない。

しかし、人には明日があり、未来がある。明日は、こうありたいと想いを持つことができる。

 

すてきな明日に向かって、”これからへの想い”を具体化するJourney、しっかり楽しみたいと思います。

そして、”いま、ここ”を丁寧に活きる。

みずからの人生の軌跡を、すてきな笑顔でみつめるために。

 

旬(ときめき)亭 亭主 たきがみ博士
  たきがみ博士


旬(ときめき)亭へのアクセス


 

 

 044-955-3061

 tokimeki@terra.dti.ne.jp

 

 旬(ときめき)亭 亭主  たきがみ博士



 

神奈川県川崎市麻生区

百合丘1-5-19 

   YDM百合ヶ丘ビル 5階

 



☆他人に期待すれば不満になり、

  自分を信頼すれば自信になる 

☆人間関係とは、他人を通して自分自身

  との付き合い方を学ぶ機会なり 

☆自分の短所を受け入れるとき、

  自分らしさという魅力が生まれる 

☆最も空しい人生とは、

  すべてが思い通りになる人生である 

☆幸せは得るものではなく、気付くもの


☆樹木は、上に伸びる前に下に伸びる 

☆他人との対立は、

  自分の心の中の対立に過ぎない 

☆幸せだから感謝するのではなく、

  感謝するから幸せを感じる 

☆孤独を知らなければ、

  本当の繋がりが分からない 

☆内側から生まれてくる至福は、

  失うことがない


天城流湯治法の天健躰操 【始動法】

寝る前、起きた時 3ポーズで5分間

肩こり、腰痛・しびれから解放