機能性医学                            斎藤糧三


次世代医療「機能性医学」について、2013年度「日本抗加齢医学会総会」でも、テーマのひとつとして取り上げられていました。

米国では広まりつつある「機能性医学」は、医療費がパンク状態の日本において、近い将来、必要不可欠になると考えられます。

 

<次世代医療「機能性医学」とは>

現在日本の医療は、発症原因に着目する対症療法がメインで、薬を使って治療することから、医療費は膨大です。

機能性医学とは、慢性疾患に対して、発症原因に着目しながらも、生活習慣(食生活、運動)に原因はないか、胎生期から現在まで心身ともに影響がなかったかなど、患者の完全なストーリーが明らかにして、改善可能な生活習慣を医者と患者が一緒に作り、根本治療を目指すものです。

 

<病気の現象を木に例えると>

木に例えるなら、病気の現象は、枝葉。

病気の根本原因は根っこ。食事、代謝、デトックス、酸化ストレスが悪化している。

根っこに近いところを改善していくのが、次世代医学、「機能性医学」。

米国の進化した医療機関では、各々の症状(腰痛、頭痛)に対して、根っこを調べる診断システムを持っている。

バックグラウンドがあって、全段階で何らかの条件・トリガーがあって、症状が出ている。

 

<風土や文化の違いを理解することが重要>

風土や文化の違いで、対策を講じる、患者にとって、文化的にあったものを選択してあげることが重要。

(ベジタリアンにお肉を勧めても難しい。)

その土地で採れる食材を摂ると良い。

 

慢性疾患と生活習慣病の関係に関する研究が進んでおり、明らかになりつつあります。

機能性医学は、抗加齢医学を進化させた医療ですので、注目したいと思います。

 

 

◇慢性病を根本から治す 「機能性医学」の考え方 

「機能性医学」とは、糖尿病や高血圧といった発症メカニズムが複雑な慢性的な生活習慣病を、できるだけ治療薬に頼ることなく、その根本的な原因に立ち返って完治を目指そうとする次世代の新しい医療を指す。

私たちが慢性疾患に悩むのはなぜか。

投薬中心の治療ではどうして治らないのか。

現代の医学と医療が抱えている課題は何か。

アメリカで機能性医学を学び、日本で初めて認定医の資格を取得した医師が、機能性医学の基本的な考え方から慢性疾患の隠れた原因、そして治療薬に頼らないライフスタイルの改善方法までを詳しく紹介する、本邦初の本格的入門書。

http://amzn.to/2AudwlN

 








          たきがみ博士の想い

 

誰でも、自分の中に伝統がある。自分が経験したすべての過去の累積、それが”いま”のわたし。

過去とは思いだすこと、現在(いま)は過去の必然、そして、未来は想い、選択すること。

いまは、変えられない。

しかし、人には明日があり、未来がある。明日は、こうありたいと想いを持つことができる。

 

すてきな明日に向かって、”これからへの想い”を具体化するJourney、しっかり楽しみたいと思います。

そして、”いま、ここ”を丁寧に活きる。

みずからの人生の軌跡を、すてきな笑顔でみつめるために。

 

旬(ときめき)亭 亭主 たきがみ博士
  たきがみ博士


旬(ときめき)亭へのアクセス


 

 

 044-955-3061

 tokimeki@terra.dti.ne.jp

 

 旬(ときめき)亭 亭主  たきがみ博士



 

神奈川県川崎市麻生区

百合丘1-5-19 

   YDM百合ヶ丘ビル 5階

 



☆他人に期待すれば不満になり、

  自分を信頼すれば自信になる 

☆人間関係とは、他人を通して自分自身

  との付き合い方を学ぶ機会なり 

☆自分の短所を受け入れるとき、

  自分らしさという魅力が生まれる 

☆最も空しい人生とは、

  すべてが思い通りになる人生である 

☆幸せは得るものではなく、気付くもの


☆樹木は、上に伸びる前に下に伸びる 

☆他人との対立は、

  自分の心の中の対立に過ぎない 

☆幸せだから感謝するのではなく、

  感謝するから幸せを感じる 

☆孤独を知らなければ、

  本当の繋がりが分からない 

☆内側から生まれてくる至福は、

  失うことがない


天城流湯治法の天健躰操 【始動法】

寝る前、起きた時 3ポーズで5分間

肩こり、腰痛・しびれから解放