橋本病などホルモン性疾患への対応                 内海 聡


子宮内膜症や月経困難、副腎疲労や橋本病、甲状腺機能亢進症や甲状腺癌など、ホルモンにまつわる病気は数多くあります。

その多くでホルモン剤が使われたりしていますが、このホルモン剤は決して使ってはいけないクスリの代表格です。

 

それがステロイドであれ甲状腺剤(チラージンなど)であれピルであれ、ダイレクトに精製してホルモンを与えることは、体にとって非常に毒であり、一時的にだけはいいですが必ず反動と体の弱体化を招き、別の病気をもたらすという点で共通しています。

 

それどころか甲状腺の病気だからとか子宮筋腫だからとかで、すぐ手術なんて言われやってしまっている人が多いようですが、これに手術するなんてバカの極みといわざるを得ません。

原因を除去すれば治るものをなぜ臓器ごととらなければいけないのか、真剣に考える人類はほとんどいなくなってしまいました。

ではその原因は何かというと一つは社会毒の中でもホルモン影響性物質、そしてもう一つは心理的要因です。

 

砂糖、牛乳などももちろん問題ですが、ホルモン性疾患の場合石油から作られたような毒物や、その変性物質(まさに環境ホルモンなど)の影響が大きいです。

たとえば添加物、化粧品、経皮毒性物質、農薬などになります。

また食材のホルモン剤も問題なので悪い畜産の肉、豆や小麦などの摂りすぎも原因となります。

これらを摂らないようにし体にたまった石油系の毒を排出し、良い油を摂るようにするだけでかなり多くの人が改善するのです。

 

心理的要因についてはストレスなどという簡単な言葉で説明してはいけません。

日本人はある意味恵まれた国でもありストレスなど希少で、自分でストレスを作り出しているストレス耐性の弱小民族に成り下がっています。

 

よって自分が作り出しているストレスに目を向ける必要があります。

これは東洋医学的な話で観念論ですが、たとえば甲状腺疾患などは自分を追いつめて頑張りすぎている人がなりやすいです。

 

甲状腺ホルモンは簡単にいうと元気を出すホルモンであり、自分でそれを無理に出すような状況に追い込んでいる人が多いです。

子宮や前立腺関連だと、無理に性的に使い過ぎたり逆に使ってなかったり、精神的に自己の性別を否定したり過剰にアピールしすぎたり、その結果化学物質を使っている人も稀ではありませんね。

 

また子宮などは五臓六腑でいうと肝臓の影響を受けやすいですが、肝臓は怒りの臓器でもありイライラの臓器でもあります。

女性がイライラして実は子宮疾患という人も多いですが、食の内情を見ていると砂糖と小麦モノのオンパレードで、ファミレスやスタバやデザート尽くしというのはよく見かけるものです。

 

いつも病気の原因はあなたの中にこそあるのです。

 








          たきがみ博士の想い

 

誰でも、自分の中に伝統がある。自分が経験したすべての過去の累積、それが”いま”のわたし。

過去とは思いだすこと、現在(いま)は過去の必然、そして、未来は想い、選択すること。

いまは、変えられない。

しかし、人には明日があり、未来がある。明日は、こうありたいと想いを持つことができる。

 

すてきな明日に向かって、”これからへの想い”を具体化するJourney、しっかり楽しみたいと思います。

そして、”いま、ここ”を丁寧に活きる。

みずからの人生の軌跡を、すてきな笑顔でみつめるために。

 

旬(ときめき)亭 亭主 たきがみ博士
  たきがみ博士


旬(ときめき)亭へのアクセス


 

 

 044-955-3061

 tokimeki@terra.dti.ne.jp

 

 旬(ときめき)亭 亭主  たきがみ博士



 

神奈川県川崎市麻生区

百合丘1-5-19 

   YDM百合ヶ丘ビル 5階

 



☆他人に期待すれば不満になり、

  自分を信頼すれば自信になる 

☆人間関係とは、他人を通して自分自身

  との付き合い方を学ぶ機会なり 

☆自分の短所を受け入れるとき、

  自分らしさという魅力が生まれる 

☆最も空しい人生とは、

  すべてが思い通りになる人生である 

☆幸せは得るものではなく、気付くもの


☆樹木は、上に伸びる前に下に伸びる 

☆他人との対立は、

  自分の心の中の対立に過ぎない 

☆幸せだから感謝するのではなく、

  感謝するから幸せを感じる 

☆孤独を知らなければ、

  本当の繋がりが分からない 

☆内側から生まれてくる至福は、

  失うことがない


天城流湯治法の天健躰操 【始動法】

寝る前、起きた時 3ポーズで5分間

肩こり、腰痛・しびれから解放