樹木希林の名言


(1)

 

やったことが

 

ほんのわずかだもの。

 

やり残したこと

 

ばっかりでしょう、きっと。

 

 

一人の人間が

 

生まれてから死ぬまでの間、

 

本当にたわいもない人生だから、

 

大仰には考えない

 

 

 

(2)

 

靴下でもシャツでも

 

最後は掃除道具として、

 

最後まで使い切る。

 

 

人間も、十分生きて

 

自分を使い切ったと

 

思えることが、

 

人間冥利に尽きるという

 

ことだと思う。

 

 

自分の最後だけは、

 

きちんとシンプルに

 

始末することが最終目標

 

 

 

(3)

 

私は「なんで夫と別れないの」と

 

よく聞かれますが、

 

私にとってはありがたい存在です。

 

 

ありがたいというのは

 

漢字で書くと「有難い」、

 

難が有る、と書きます。

 

 

人がなぜ生まれたかと言えば、

 

いろんな難を受けながら

 

成熟していくためなんじゃ

 

ないでしょうか

 

 

 

(4)

 

私、とにかく今、

 

一人でやっているでしょ。

 

 

ここに来るのも一人、

 

何をするのも一人。

 

 

誰かに頼むと

 

その人の人生に

 

責任を持てないから

 

 

 

(5)

 

もし生まれ変わったら、

 

内田とはもう逢いたくない。

 

 

もし次逢ったら、

 

また好きになってしまって

 

また大変な人生を送ってしまうから

 

 

 

(6)

 

人がうれしかったりした時に、

 

泣くことが多いわね。

 

 

悔しい、悲しい、

 

で泣いたことはないわね。

 

 

「なんてすてきなことを言うんだ」

 

っていう時に泣けてくるね

 

 

 

(7)

 

がんはありがたい病気。

 

周囲の相手が自分と真剣に

 

向き合ってくれますから。

 

 

ひょっとしたら、

 

この人は来年はいない

 

かもしれないと思ったら、

 

その人との時間は大事でしょう? 

 

そういう意味で、がんは面白いのよ

 

 

 

(8)

 

夫1人だけ、奈落の底に落として、

 

自分だけ保身ということはしません

 

 

 

(9)

 

みんなね離婚してね、

 

次にいい人と出会ってる

 

つもりでいるけど、

 

似たようなもんなのね。

 

ただ辛抱が効くように

 

なっただけで...

 








          たきがみ博士の想い

 

誰でも、自分の中に伝統がある。自分が経験したすべての過去の累積、それが”いま”のわたし。

過去とは思いだすこと、現在(いま)は過去の必然、そして、未来は想い、選択すること。

いまは、変えられない。

しかし、人には明日があり、未来がある。明日は、こうありたいと想いを持つことができる。

 

すてきな明日に向かって、”これからへの想い”を具体化するJourney、しっかり楽しみたいと思います。

そして、”いま、ここ”を丁寧に活きる。

みずからの人生の軌跡を、すてきな笑顔でみつめるために。

 

旬(ときめき)亭 亭主 たきがみ博士
  たきがみ博士


 神奈川県川崎市麻生区百合丘1-5-19 

 YDM百合ヶ丘ビル 5階


 044-955-3061

 tokimeki@terra.dti.ne.jp

 

 旬(ときめき)亭 亭主  たきがみ博士



☆他人に期待すれば不満になり、

  自分を信頼すれば自信になる 

☆人間関係とは、他人を通して自分自身

  との付き合い方を学ぶ機会なり 

☆自分の短所を受け入れるとき、

  自分らしさという魅力が生まれる 

☆最も空しい人生とは、

  すべてが思い通りになる人生である 

☆幸せは得るものではなく、気付くもの


☆樹木は、上に伸びる前に下に伸びる 

☆他人との対立は、

  自分の心の中の対立に過ぎない 

☆幸せだから感謝するのではなく、

  感謝するから幸せを感じる 

☆孤独を知らなければ、

  本当の繋がりが分からない 

☆内側から生まれてくる至福は、

  失うことがない


天城流湯治法の天健躰操 【始動法】

寝る前、起きた時 3ポーズで5分間

肩こり、腰痛・しびれから解放