植物にも鬱(うつ)                       岡本 よりたか


鬱とはなんだろうか。

鬱とは思考停止でもなく後ろ向きなわけでもなく、ストレスでもない。

まず、この事への理解が必要なんじゃないだろうか。

 

作物が鬱になるとは、畑の土への活着に抵抗する事である。

活着させるために、様々な対策を施す。

この事から、僕は色んなことを学んだ。

 

活着しない苗とは、一言で言えば、畑の土を嫌う苗である。

どんな土を嫌うのか。

その条件は色々ある。

苗土と畑の土質が全く違う場合、根がポットの中で疲れ切っている場合、苗を深く埋め過ぎた場合などだろうか。

 

だから、苗は出来るだけ鉢上げをし、土質を畑に合わせ、浅植えをするのがいい。

 

しかし、それだけとは限らない。

それが苗の鬱状態。畑に生えている草の種類が少なく、そもそも土が疲弊しているような畑。

虫たちのバランスが悪く、微生物もミネラルのバランスも狂っている畑。

 

そうした畑に苗を植えても、苗は内に篭り、活着しない。

これは、不自然な環境に対し、苗が強く抵抗している時であり、しかしながら、その抵抗を表現する事が出来ず、ただジッとしているのである。

そんな苗は、どの苗よりも感受性が強く、正義感が強く、抵抗力があり、戦おうとしている。

だが、戦う術が分からないだけだ。

だからジッとしてしまう。

 

そんな環境を見つけたら、僕は思い切って移植する。

草の多様性のある場所、土壌微生物の多様性のある場所に。

あるいは、距離が近すぎる他の者たちとの距離をあける。

 

それでもだめなら、苗の根を表に出し、まとわりつく畑の土を洗い落とす。

多少乱暴だが、そうすると活着する場合がある。

 

どうせ、やらないと枯れていくだけだ。

だから、一生懸命、その苗が活着できる環境を考えてみる。

苗は環境が変わり、自分の身姿が変わる事で、表現方法を見つけ出す。

今までピクリとも動かなかった苗が、良くも悪くも動き出すのだ。

 

人とて同じではなかろうか。

周りはコンクリートやアスファルトに囲まれ、山は雑木林が失われ、クローンの針葉樹に覆われてしまっている。

誰も価値観を合わせないと放り出されるは とばかりに同じ顔になり、考え方に多様性がなくなる。

 

食べるものも纏うものからも微生物が消え失せ、人と人との距離が近づき過ぎ、過干渉になり、それらが人を鬱にする。

そうした世の中に抵抗しようとする人ほど鬱になり、世の中への活着を避け始める。

 

だからこそ、環境を変えるべきだし、食べ物を変えるべきだし、適切な距離感に戻すべきだし、心をさらけ出せる環境で、心の泥を洗い落とす。

 

思い切った移植をする事で、全てが解決してゆく。

そんなものなんじゃないかと僕は思っている。

 








          たきがみ博士の想い

 

誰でも、自分の中に伝統がある。自分が経験したすべての過去の累積、それが”いま”のわたし。

過去とは思いだすこと、現在(いま)は過去の必然、そして、未来は想い、選択すること。

いまは、変えられない。

しかし、人には明日があり、未来がある。明日は、こうありたいと想いを持つことができる。

 

すてきな明日に向かって、”これからへの想い”を具体化するJourney、しっかり楽しみたいと思います。

そして、”いま、ここ”を丁寧に活きる。

みずからの人生の軌跡を、すてきな笑顔でみつめるために。

 

旬(ときめき)亭 亭主 たきがみ博士
  たきがみ博士


旬(ときめき)亭へのアクセス


 

 

 044-955-3061

 tokimeki@terra.dti.ne.jp

 

 旬(ときめき)亭 亭主  たきがみ博士



 

神奈川県川崎市麻生区

百合丘1-5-19 

   YDM百合ヶ丘ビル 5階

 



☆他人に期待すれば不満になり、

  自分を信頼すれば自信になる 

☆人間関係とは、他人を通して自分自身

  との付き合い方を学ぶ機会なり 

☆自分の短所を受け入れるとき、

  自分らしさという魅力が生まれる 

☆最も空しい人生とは、

  すべてが思い通りになる人生である 

☆幸せは得るものではなく、気付くもの


☆樹木は、上に伸びる前に下に伸びる 

☆他人との対立は、

  自分の心の中の対立に過ぎない 

☆幸せだから感謝するのではなく、

  感謝するから幸せを感じる 

☆孤独を知らなければ、

  本当の繋がりが分からない 

☆内側から生まれてくる至福は、

  失うことがない


天城流湯治法の天健躰操 【始動法】

寝る前、起きた時 3ポーズで5分間

肩こり、腰痛・しびれから解放