栄養補助食品                             内海 聡


現在多くの人が何らかのサプリメントや、栄養補助食品を摂取しているようです。

ビタミン・ミネラルだけでなく、従来からある健康食品の類を摂っている人を加えるなら、3分の1以上の人々が使用しているとさえ言われます。

 

数年ほど前に東京都が行った調査では、約40%の人が、通常の食品の他にサプリメント・健康食品を摂っていました。

栄養がない食材、砂糖や炭水化物ばかりの食生活、外食も増え病気の人ばかりですので、副作用がほとんどなく手軽に摂れるサプリメントや補助食品は貴重なものに映ります。なかには健康になりたい一心で勧められるままに、あれもこれもと次々に摂るような人もいます。

しかし数種類と摂っている人、どの病気に対してどの栄養補助食品という選択ができていない人は、間違いなく選び方に失敗しているでしょう。

 

サプリメントと栄養補助食品には基本的な違いがあります。

 

これは抽出型栄養食品=サプリ、自然加工型栄養食品=栄養補助食品のイメージです。

抽出型は栄養素の種類は少ないですが量は多く、化学的に作られています。

自然加工型は自然界にある薬草なり何なりを、そのまま粉末にしたような商品です。青汁の類がわかりやすいかもしれません。

 

サプリは長期的にとると寿命が縮まるというデータがあります。サプリは実は麻薬的な要素を持っていますが、薬理学的にいうと少し麻薬とは違います。ただ頼っている心もよくありません。

それに複数のサプリを摂っている人たちは、栄養学の根本について何も理解ができていないのです。

栄養素は量をたくさん摂るよりも、質もそうですが広く浅く摂らなくてはいけません。

 

 

*NPO法人 薬害研究センター 理事長、Tokyo DD Clinic 院長、NPO法人 薬害研究センター 理事長

 








          たきがみ博士の想い

 

誰でも、自分の中に伝統がある。自分が経験したすべての過去の累積、それが”いま”のわたし。

過去とは思いだすこと、現在(いま)は過去の必然、そして、未来は想い、選択すること。

いまは、変えられない。

しかし、人には明日があり、未来がある。明日は、こうありたいと想いを持つことができる。

 

すてきな明日に向かって、”これからへの想い”を具体化するJourney、しっかり楽しみたいと思います。

そして、”いま、ここ”を丁寧に活きる。

みずからの人生の軌跡を、すてきな笑顔でみつめるために。

 

旬(ときめき)亭 亭主 たきがみ博士
  たきがみ博士


旬(ときめき)亭へのアクセス


 

 

 044-955-3061

 tokimeki@terra.dti.ne.jp

 

 旬(ときめき)亭 亭主  たきがみ博士



 

神奈川県川崎市麻生区

百合丘1-5-19 

   YDM百合ヶ丘ビル 5階

 



☆他人に期待すれば不満になり、

  自分を信頼すれば自信になる 

☆人間関係とは、他人を通して自分自身

  との付き合い方を学ぶ機会なり 

☆自分の短所を受け入れるとき、

  自分らしさという魅力が生まれる 

☆最も空しい人生とは、

  すべてが思い通りになる人生である 

☆幸せは得るものではなく、気付くもの


☆樹木は、上に伸びる前に下に伸びる 

☆他人との対立は、

  自分の心の中の対立に過ぎない 

☆幸せだから感謝するのではなく、

  感謝するから幸せを感じる 

☆孤独を知らなければ、

  本当の繋がりが分からない 

☆内側から生まれてくる至福は、

  失うことがない


天城流湯治法の天健躰操 【始動法】

寝る前、起きた時 3ポーズで5分間

肩こり、腰痛・しびれから解放