東洋医学                          新発見。BLOG


あなたなら風邪をひいたり、体調が悪くなるとまず何をすることを思い浮かべますか。

1.市販の薬を買って飲む

2.医者に診てもらい処方される薬を飲む

3.家で何もせず静養する。良くならなかったら1か2を選ぶ

大体がこの3つの選択肢ではないでしょうか。

 

でも自分の体に不調を感じた時、あなたの頭のなかは勝手に「ここが痛い、悪いからここを治すために診てもらおう(薬をのもう)」という発想に頭がなりますよね。

つまり勝手に自分で「ここが悪い=ここが原因の元だからそこを治せば良い」と思っているんです。

しかもたちの悪いことに、病院に行くと「あなたがご指摘の悪いと思っているところを治す(厳密には痛みや症状を和らげる)薬を出します」と薬局で処方してもらうことができてしまいます。

それを子供の時から繰り返していくうちにどこかが悪くなると、病院にかかると(あるいは薬を飲むと)治ると思い込むようになってしまっているんですね。

 

実際、症状が緩和されるので治った気になります。

しかし、これはよく一般的に言われる『対処療法』ですので、体の本質的な部分は治せておらず弱い体のままで維持され、結局、またどこか悪くなるといういつまで経っても真の健康体にはならないことに気がついている人は少ないのではないでしょうか。

 

人間の体の神秘性は西洋医学では全くもって未だに解明されていません。

つまりウィルス性の病気や内臓疾患、ケガや骨折などの外傷まで全て治すのは自己治癒のみで、薬が治しているのではなく、あくまで自分自身の力でしか人間の体は治せないのが現状なのです。

 

気力体力のなくなった自己治癒力のない人がいくら高い薬飲んでも効きませんし、場合によっては死んでしまいます。

結局は自分自身の潜在的な回復力(治癒力)に頼らざるをえないということを知る必要があります。

そうすると自分の体を治すという真の意味(4つ目の選択肢)が自ずと見えてくるのではないでしょうか。

 

昔から存在する東洋医学は人間の体の本質を捉えている

東洋医学の一般的な考え方は、

“人間は自然のなかで生命が宿っている生き物であり、自然界全てのものの中の一つにすぎない。

 従って人体の内部(器官・内蔵)も全てが自然とともに宿っている”

という原理原則があるんです。

 

ですので、臓器それぞれ役割が違えど、全て自然のもの(生命)として繋がっているので、どこか体の一部に支障が出ても人の体を全体でみます。

その「人の体をひとつ」として見た時に自然の生命を維持するために必要なのが、「気」「血」「水(リンパなどの体内分泌物)」で、この3つが自然の調和とあって正しく循環していれば正常な生命活動ができている=健康と考えるのです。

 

どこかの内臓が弱った場合も、西洋医学ならその内蔵だけを徹底的に検査して異常を探しますが、東洋医学なら体全体で捉え、その循環を正常に促すためのツボ、経絡に鍼灸を通して元の自然と調和のとれた健康な体に戻すのです。

また、時に漢方薬を使ってその自然治癒力効果の促進を図るわけです。

 

人は自然が大好きです。

これは人は自然の中に生命が宿っている東洋医学の考えに他ならないので、自然に反することをすれば自然破壊=自然生命活動の異常、つまり『病気』になるのは当然なんですね。

 

 

現代人は人間が自然と共に生命が宿っている存在であることを完璧に忘れている

残念ながら現代人は自然界にはない物(加工食品、添加物、自然に育っていない畜産物、GMO食品、加工ジュース等)ばかりを飲食し、体中に毎日電磁波を浴び、自然ではあり得ない過度なストレスを感じ、体に異変を感じると自然界にはない化学合成物質の薬を飲むという自然界に反する行為ばかりをしています。

 

その結果が、がんをはじめとする現代病なのです。

 

元々『生命』は病になる為に自然界に宿っているわけではないので、人も自然との調和を図ることで生命力が増し、病気になること無く維持されるということなんですね。

 

繰り返しますが、自分の体を治せるのは自然治癒力のみです。

東洋医学は、人間の体は自然との調和を促し生命力(自然治癒力)を増す医療法であるという本質を理解すれば、自ずとその重要性と合理性に気がつくはずです。

 

しかし、実態は・・・。

不自然な食物の大量生産 ⇒ 大量消費 ⇒ 病人大量生産 ⇒ 医療品大量生産 ⇒ 大量病死 サイクルが今の世の中です。

なぜ今の世の中はそうなっているのか、そこから何が見えてくるか、本気で考える必要がありそうです。

 

東洋医学の原理原則で人の体を本当に理解すれば、きっとこのほとんどの問題が解決されるでしょう。

 








          たきがみ博士の想い

 

誰でも、自分の中に伝統がある。自分が経験したすべての過去の累積、それが”いま”のわたし。

過去とは思いだすこと、現在(いま)は過去の必然、そして、未来は想い、選択すること。

いまは、変えられない。

しかし、人には明日があり、未来がある。明日は、こうありたいと想いを持つことができる。

 

すてきな明日に向かって、”これからへの想い”を具体化するJourney、しっかり楽しみたいと思います。

そして、”いま、ここ”を丁寧に活きる。

みずからの人生の軌跡を、すてきな笑顔でみつめるために。

 

旬(ときめき)亭 亭主 たきがみ博士
  たきがみ博士


旬(ときめき)亭へのアクセス


 

 

 044-955-3061

 tokimeki@terra.dti.ne.jp

 

 旬(ときめき)亭 亭主  たきがみ博士



 

神奈川県川崎市麻生区

百合丘1-5-19 

   YDM百合ヶ丘ビル 5階

 



☆他人に期待すれば不満になり、

  自分を信頼すれば自信になる 

☆人間関係とは、他人を通して自分自身

  との付き合い方を学ぶ機会なり 

☆自分の短所を受け入れるとき、

  自分らしさという魅力が生まれる 

☆最も空しい人生とは、

  すべてが思い通りになる人生である 

☆幸せは得るものではなく、気付くもの


☆樹木は、上に伸びる前に下に伸びる 

☆他人との対立は、

  自分の心の中の対立に過ぎない 

☆幸せだから感謝するのではなく、

  感謝するから幸せを感じる 

☆孤独を知らなければ、

  本当の繋がりが分からない 

☆内側から生まれてくる至福は、

  失うことがない


天城流湯治法の天健躰操 【始動法】

寝る前、起きた時 3ポーズで5分間

肩こり、腰痛・しびれから解放