暦年齢と生物学的年齢(体内年齢)                 ‎吉野 一道


「体内年齢」という言葉があります。

体重・体脂肪率・内臓脂肪レベル等をもとにして計算した基礎代謝量をあらかじめ決められている基準値と比較した数値です。

体の組成と年齢との関係を知る一つの目安とされています。

基礎代謝量は18歳前後で最高であり、加齢とともに低下します。

加齢によって筋肉量と基礎代謝量が低下するので、筋肉量が多く基礎代謝が高ければ、体内年齢は若いことになります。

 

老化は徐々に進んでいく自然な変化であり、これは仕方がありません。

出生に始まり、小児期、青年期、成人期を通じて発達と成熟が進みます。

そして、中年期から晩年期にかけて身体機能が低下していきます。

当然のことですが、ある年齢になると突然老化したり、高齢者になったりする訳ではありません。

 

一般的には65歳が高齢期の始まりとされていますが、理由は歴史的なものであり、生物学なものではありません。

引退プログラムが最初に確立されたドイツで、退職年齢として65歳が選択されました。

以来、これが先進国での退職年齢として、そして、高齢期の始まりとして使われてきました。

 

いつから高齢者になるのでしょうか。

暦年齢と生物学的年齢(体内年齢)によると言われています。

暦年齢は期間の経過に基づいたものであり、その人の年齢です。

従って、健康に関しては暦年齢の重要性は限定的です。

しかし、健康問題が生じる可能性は年齢とともに増加するという範囲において、多くの健康問題の予測には役立ちます。

 

生物学的年齢は年齢とともに生じる体の変化に注目します。

人によっては、年齢による体の変化が他の人より早く現れるため、例えば40歳で生物学的に老化している人もいます。

逆に65歳以上でも生物学的に若い人もいます。

 

判断は主観と客観を総合して行われるべきものだとすれば、高齢者であると感じた時から高齢者になるのかも知れません。

 








          たきがみ博士の想い

 

誰でも、自分の中に伝統がある。自分が経験したすべての過去の累積、それが”いま”のわたし。

過去とは思いだすこと、現在(いま)は過去の必然、そして、未来は想い、選択すること。

いまは、変えられない。

しかし、人には明日があり、未来がある。明日は、こうありたいと想いを持つことができる。

 

すてきな明日に向かって、”これからへの想い”を具体化するJourney、しっかり楽しみたいと思います。

そして、”いま、ここ”を丁寧に活きる。

みずからの人生の軌跡を、すてきな笑顔でみつめるために。

 

旬(ときめき)亭 亭主 たきがみ博士
  たきがみ博士


旬(ときめき)亭へのアクセス


 

 

 044-955-3061

 tokimeki@terra.dti.ne.jp

 

 旬(ときめき)亭 亭主  たきがみ博士



 

神奈川県川崎市麻生区

百合丘1-5-19 

   YDM百合ヶ丘ビル 5階

 



☆他人に期待すれば不満になり、

  自分を信頼すれば自信になる 

☆人間関係とは、他人を通して自分自身

  との付き合い方を学ぶ機会なり 

☆自分の短所を受け入れるとき、

  自分らしさという魅力が生まれる 

☆最も空しい人生とは、

  すべてが思い通りになる人生である 

☆幸せは得るものではなく、気付くもの


☆樹木は、上に伸びる前に下に伸びる 

☆他人との対立は、

  自分の心の中の対立に過ぎない 

☆幸せだから感謝するのではなく、

  感謝するから幸せを感じる 

☆孤独を知らなければ、

  本当の繋がりが分からない 

☆内側から生まれてくる至福は、

  失うことがない


天城流湯治法の天健躰操 【始動法】

寝る前、起きた時 3ポーズで5分間

肩こり、腰痛・しびれから解放