昆布、昆布水                                    健康と美容のためのダイエットとエクセサイズ


そのまま飲んでも美味しいですが、料理の調味料として使うと旨味が増します。 

また昆布水は昆布茶よりも飲みやすいといった声が多く、毎日飲むのが苦になりませんので、昆布の持つ美容と健康効果を惜しみなく発揮することが出来ます。

昆布は低カロリーでありながらミネラルが豊富に含まれています。昆布と牛乳を比較した場合、ミネラルは牛乳の約23倍、カルシウムは約7倍、鉄分は39倍とされています。 

ですので、昆布水にして少量飲むだけで高い健康効果が得られます。

逆にもっと効果を高めようと思って、昆布の量を多くしたりすると逆効果なので注意してください。 

また、昆布にはアルギン酸やフコイダンといった食物繊維も豊富に含まれていますので、腸の中をキレイにし、腸の働きを活発化してくれるので、大腸癌、動脈硬化、心筋梗塞、高血圧、脳卒中、肥満などの生活習慣病の予防にも効きます。

 

【 昆布に含まれる主な成分 】 

(1)EPA 

(2)アルギン酸 

(3)ミネラル(マグネシウム、鉄、ヨウ素、セレンなど) 

(4)フコイダン 

(5)フコキサンチン

 

昆布はダイエット効果が高いとされています。その理由は昆布と脂肪を一緒に食べることによって腸の中で昆布のアルギン酸が脂肪分をしっかり消化し、そのまま便となって体の外に排出されます。 

ですので、脂肪が体に吸収されるの防いでくれるので、その結果としてダイエットにつながります。また、昆布水として飲むことによって、満腹感を得られるので、この点もダイエット効果を高めてくれる大きなポイントになっています。

 

ちなみに昆布水の作り方は非常に簡単です。

できるだけ細く刻んだ昆布10グラムに対し、水1リットルを注いで、冷蔵庫に3時間以上寝かせるだけで完成です。 

昆布水を作るさいに使用する昆布の量は、普段「だし」をとるのに使う昆布の半分程度の量でいいので、昆布水を使い切っても同じ昆布でもう一度水を替えれば使えます。 

ちなみに昆布水は冷蔵庫で2週間ほど保管することができます。

料理を作るさいに水の代わりに昆布水を使うと料理のお味がアップするのでおすすめです。

 








          たきがみ博士の想い

 

誰でも、自分の中に伝統がある。自分が経験したすべての過去の累積、それが”いま”のわたし。

過去とは思いだすこと、現在(いま)は過去の必然、そして、未来は想い、選択すること。

いまは、変えられない。

しかし、人には明日があり、未来がある。明日は、こうありたいと想いを持つことができる。

 

すてきな明日に向かって、”これからへの想い”を具体化するJourney、しっかり楽しみたいと思います。

そして、”いま、ここ”を丁寧に活きる。

みずからの人生の軌跡を、すてきな笑顔でみつめるために。

 

旬(ときめき)亭 亭主 たきがみ博士
  たきがみ博士


旬(ときめき)亭へのアクセス


 

 

 044-955-3061

 tokimeki@terra.dti.ne.jp

 

 旬(ときめき)亭 亭主  たきがみ博士



 

神奈川県川崎市麻生区

百合丘1-5-19 

   YDM百合ヶ丘ビル 5階

 



☆他人に期待すれば不満になり、

  自分を信頼すれば自信になる 

☆人間関係とは、他人を通して自分自身

  との付き合い方を学ぶ機会なり 

☆自分の短所を受け入れるとき、

  自分らしさという魅力が生まれる 

☆最も空しい人生とは、

  すべてが思い通りになる人生である 

☆幸せは得るものではなく、気付くもの


☆樹木は、上に伸びる前に下に伸びる 

☆他人との対立は、

  自分の心の中の対立に過ぎない 

☆幸せだから感謝するのではなく、

  感謝するから幸せを感じる 

☆孤独を知らなければ、

  本当の繋がりが分からない 

☆内側から生まれてくる至福は、

  失うことがない


天城流湯治法の天健躰操 【始動法】

寝る前、起きた時 3ポーズで5分間

肩こり、腰痛・しびれから解放