日本人のミネラル不足                      吉冨 信長


日本は火山国のため、土壌に含まれるミネラルの量はもともと少ないと言われています。

こういう理由もあり、日本の土地でうまれた水や食べ物にはミネラル分が少ないのです。

日本で採水したミネラルウォーターの成分表示を見ても海外のものに比べると圧倒的にミネラルが少ないですね。

 

日本人は飽食時代となった現代でさえ、ミネラル不足の人がとても多いように思えます。

日本食品標準成分表を見ると、野菜のミネラル量は年々減っています(ただしこれは抜き打ち検査)。

また、現代の食事は、手作りから加工度の高い食品へと移行しつつあるため、ミネラル摂取が不足するのも当然です。

 

昔の日本ではこのミネラル不足解消のために、海藻類、魚貝、自然塩を主な摂取源としてきました(内陸部では動物の骨を砕くことで、有機塩などを摂取しています)。

しかし、現代人は、海藻を食べない、魚貝も食べない、塩は精製塩がほとんどといった状況です。

これではミネラル不足になるのもしかたありません。

 

海藻類や魚貝類などの摂取の見直しをするのが一番いいのですが、海洋汚染の問題もあるため、今さらかもしれませんが、塩の重要性をここ日本ではもう一度見直した方がいいかもしれません。

 

中国では塩味のことを「鹹」(かん)と書きます。

「鹹」の「鹵」は塩という意味で、「咸」はすべてという意味のようです。つまり、「鹹」という字は、ミネラルをすべて含んだ塩という由来があります。

しかしながら、いま日本では塩化ナトリウム99%の塩が主流です。

約60種類ものミネラルを除去した高純度の塩化ナトリウムを塩と呼んでいます。

これは正確に言うと本来の塩ではありません。

これでは慢性的なミネラル不足にもなり、高純度な塩化ナトリウムにより高血圧になるのも当然です。

 

土壌や土地そのものにミネラル分が少なかった地域は、昔からあらゆる手段で摂取を試みました。

例えば北極圏に近いトナカイ遊牧民は住んでいる土地が岩塩の露出が少ないため、一般に捨てるはずのトナカイの蹄(ひづめ)は食べるし、骨も砕いて食べます(骨からは同時に脂も取ります)。

現代人は飽食の慣れにより麻痺しているのか、慢性的なミネラル不足となり、キレる、イライラする、うつになる、精神障害をおこすなどが後を絶ちません。

 

今一度、ミネラルというものを普段の食事から考え直していきたいものです。

飽食時代は食べ物のあり方だけでなく、栄養欠乏の自覚さえ麻痺させてしまうものです。

いつでもあらゆるものが入手しやすくなった時代なのですから、これらを最大限に利用し、栄養不足を解消して、上手に健康を維持していきたいものです。

               








          たきがみ博士の想い

 

誰でも、自分の中に伝統がある。自分が経験したすべての過去の累積、それが”いま”のわたし。

過去とは思いだすこと、現在(いま)は過去の必然、そして、未来は想い、選択すること。

いまは、変えられない。

しかし、人には明日があり、未来がある。明日は、こうありたいと想いを持つことができる。

 

すてきな明日に向かって、”これからへの想い”を具体化するJourney、しっかり楽しみたいと思います。

そして、”いま、ここ”を丁寧に活きる。

みずからの人生の軌跡を、すてきな笑顔でみつめるために。

 

旬(ときめき)亭 亭主 たきがみ博士
  たきがみ博士


旬(ときめき)亭へのアクセス


 

 

 044-955-3061

 tokimeki@terra.dti.ne.jp

 

 旬(ときめき)亭 亭主  たきがみ博士



 

神奈川県川崎市麻生区

百合丘1-5-19 

   YDM百合ヶ丘ビル 5階

 



☆他人に期待すれば不満になり、

  自分を信頼すれば自信になる 

☆人間関係とは、他人を通して自分自身

  との付き合い方を学ぶ機会なり 

☆自分の短所を受け入れるとき、

  自分らしさという魅力が生まれる 

☆最も空しい人生とは、

  すべてが思い通りになる人生である 

☆幸せは得るものではなく、気付くもの


☆樹木は、上に伸びる前に下に伸びる 

☆他人との対立は、

  自分の心の中の対立に過ぎない 

☆幸せだから感謝するのではなく、

  感謝するから幸せを感じる 

☆孤独を知らなければ、

  本当の繋がりが分からない 

☆内側から生まれてくる至福は、

  失うことがない


天城流湯治法の天健躰操 【始動法】

寝る前、起きた時 3ポーズで5分間

肩こり、腰痛・しびれから解放