新陳代謝                            ‎吉野 一道


代謝はエネルギーを消費する活動です。新陳は新しく入れ替わることです。

なので、「新陳代謝」は細胞を入れ替える活動です。

人間の細胞の数は60兆個と言われていましたが、何故か最近、約37兆個に訂正されています。

この約37兆個の細胞を新しい細胞に入れ替える活動が新陳代謝です。

新陳代謝の周期は個々の細胞によって異なります。

例えば、肌の細胞は28日周期、心臓は22日周期、筋肉・肝臓は2ヶ月周期、骨の細胞は3ヶ月周期と言われています。

 

この考え方に従えば、新陳代謝が順調に行われるなら、人間の身体は3ヶ月もすると新しく生まれ変わることになります。人間の身体が新しく生まれ変わる。ここに自然治癒力の根拠があると言われています。

現代社会は心身を傷めつけるものであふれています。

大気汚染・水質汚染・土壌汚染・食品汚染・新型ウィルスによる感染等々・・・、これらから逃れようとするなら、無菌室にでも引きこもるしかありませんが、そうもいきません。

そこで、身体に本来的に備わる自然治癒力を高めなければならないということになります。

そのためには、新陳代謝を活発にして、老化した細胞を新しく元気な細胞に入れ替えなければなりません。適度な運動や適度な食事、ストレスのない生活を心掛けるべきだと言われています。

多分、それらの全てが有効なのでしょうが、あまり堅苦しく考えることはありません。

誰にでも簡単にできて、しかも心地好い方法があります。

 

それは身体を温めることです。

身体を温めれば血管が弛緩して、血流が良くなります。血流が良くなれば酸素や栄養分が身体の隅々に行き渡りますから、新陳代謝が活発になります。

新陳代謝が活発になれば、新しくて元気な細胞に入れ替わります。

新しくて元気な細胞に入れ替われば、肌はきれいになり、髪の毛はしっかりと再生され、何よりも自然治癒力が高まります。

 

自然治癒力が高まれば、難病の克服さえも可能になります。身体を温めて心地好い生活をする。たったこれだけのことで、がんの予防になり、健康と長寿が更に身近になり、増え続ける医療費の削減にも貢献できることになります。

 








          たきがみ博士の想い

 

誰でも、自分の中に伝統がある。自分が経験したすべての過去の累積、それが”いま”のわたし。

過去とは思いだすこと、現在(いま)は過去の必然、そして、未来は想い、選択すること。

いまは、変えられない。

しかし、人には明日があり、未来がある。明日は、こうありたいと想いを持つことができる。

 

すてきな明日に向かって、”これからへの想い”を具体化するJourney、しっかり楽しみたいと思います。

そして、”いま、ここ”を丁寧に活きる。

みずからの人生の軌跡を、すてきな笑顔でみつめるために。

 

旬(ときめき)亭 亭主 たきがみ博士
  たきがみ博士


旬(ときめき)亭へのアクセス


 

 

 044-955-3061

 tokimeki@terra.dti.ne.jp

 

 旬(ときめき)亭 亭主  たきがみ博士



 

神奈川県川崎市麻生区

百合丘1-5-19 

   YDM百合ヶ丘ビル 5階

 



☆他人に期待すれば不満になり、

  自分を信頼すれば自信になる 

☆人間関係とは、他人を通して自分自身

  との付き合い方を学ぶ機会なり 

☆自分の短所を受け入れるとき、

  自分らしさという魅力が生まれる 

☆最も空しい人生とは、

  すべてが思い通りになる人生である 

☆幸せは得るものではなく、気付くもの


☆樹木は、上に伸びる前に下に伸びる 

☆他人との対立は、

  自分の心の中の対立に過ぎない 

☆幸せだから感謝するのではなく、

  感謝するから幸せを感じる 

☆孤独を知らなければ、

  本当の繋がりが分からない 

☆内側から生まれてくる至福は、

  失うことがない


天城流湯治法の天健躰操 【始動法】

寝る前、起きた時 3ポーズで5分間

肩こり、腰痛・しびれから解放