新たな治療医学                          工藤清敏


製薬会社は歴史的に窮地の時代に入った

 

医療市場で利権構造を世界的に構築している製薬会社

 

莫大な利益で政治家、国家、メディアを牛耳ってまるで我が世の春

 

しかし実際は、秋。

 

冬の時代も見えてきている。

 

多くの人が薬中毒に。

 

副作用で軽い病気が重い病気に。

 

こういうことに気づく人はまだ少ないが、実は、科学的探求が現代医療を崩壊に導く。

 

もちろん50~100年と見る。

 

分子生物学は、菌の生物学に移っていく。

 

今のクスリは、菌の働きを考えてはいない。

 

身体が数的には菌でできている。

 

細胞と菌の共生関係を探求すると、新たな治療医学が見えてくる。

 

一方では量子医学が台頭し、薬物医学はその副作用ゆえに衰退していく。

 

その部分はホメオパシーやフラワーレメディなどが補完する。

 

生物心理学という分野もある。

 

自然治癒力とも関連性がある。

 

心理学は言語学とつながり、精神医学とつながり、量子物理学とつながる。

 

そうなると薬物医学は後回しに。

 

今は利権と絡んだのでクスリが発展している。

 

僕らはただ洗脳されているだけ。

 

お金で国家とメディアが利用されているだけ。

 

僕は小さく塩と言の葉を伝えているが、あと100年もすれば、実績で薬物医学を凌ぐだろう。

希望的観測! 笑笑

 

素粒子物理学、量子医学が発展し、言の葉や意識で細胞さんや常在菌さんが動くことが理解されてくる。そういう時代が来るのだ。

 

医療は大してビジネスにならない

そんな時代が来て、製薬会社や石油精製会社は、違う利権を探すだろう。

 

どっかで見切りも早い。

 

そもそも自分で治せるんですからね。

 

医学や治療ってあほらしい、そういう時代も来るかもね。

 

 

 








          たきがみ博士の想い

 

誰でも、自分の中に伝統がある。自分が経験したすべての過去の累積、それが”いま”のわたし。

過去とは思いだすこと、現在(いま)は過去の必然、そして、未来は想い、選択すること。

いまは、変えられない。

しかし、人には明日があり、未来がある。明日は、こうありたいと想いを持つことができる。

 

すてきな明日に向かって、”これからへの想い”を具体化するJourney、しっかり楽しみたいと思います。

そして、”いま、ここ”を丁寧に活きる。

みずからの人生の軌跡を、すてきな笑顔でみつめるために。

 

旬(ときめき)亭 亭主 たきがみ博士
  たきがみ博士


旬(ときめき)亭へのアクセス


 

 

 044-955-3061

 tokimeki@terra.dti.ne.jp

 

 旬(ときめき)亭 亭主  たきがみ博士



 

神奈川県川崎市麻生区

百合丘1-5-19 

   YDM百合ヶ丘ビル 5階

 



☆他人に期待すれば不満になり、

  自分を信頼すれば自信になる 

☆人間関係とは、他人を通して自分自身

  との付き合い方を学ぶ機会なり 

☆自分の短所を受け入れるとき、

  自分らしさという魅力が生まれる 

☆最も空しい人生とは、

  すべてが思い通りになる人生である 

☆幸せは得るものではなく、気付くもの


☆樹木は、上に伸びる前に下に伸びる 

☆他人との対立は、

  自分の心の中の対立に過ぎない 

☆幸せだから感謝するのではなく、

  感謝するから幸せを感じる 

☆孤独を知らなければ、

  本当の繋がりが分からない 

☆内側から生まれてくる至福は、

  失うことがない


天城流湯治法の天健躰操 【始動法】

寝る前、起きた時 3ポーズで5分間

肩こり、腰痛・しびれから解放