整膚(せいふ)マッサージ


整膚(せいふ)と言うフレーズを聞いた事があるのではないでしょうか。

あまり耳にしないフレーズだと思うのですが、マッサージの様な一種で、皮膚をほぐす事で血の流れを良くしたり、リラックスさせてあげたりする事ができてしまうと言う物らしいです。 

 

整膚と言うフレーズが出来たのはちかごろの様なので、まだまだ浸透してなくて当たり前のことかもしれないですよね。

ちかごろは色んなマッサージが有って何をチョイスしたら良いのか分からないと言う方もいますが、一回整膚をトライしてみると良いかもしれません。 

 

リアルにマッサージを受けてみると、皮膚を引っ張る事でボディ中のツボが刺激される様になるので、マッサージ後はわりと楽になるのだそうです。

ボディのコンディションが悪くて、クリニックに通ってみてもわりと良くならないと言う方は一回整膚の効果を試されてみる良いかもしれないですよね。 

 

整膚はボディのコンディションを整えて健康な様子に導いてくれるだけではなく、美容面に関しても効き目を出してくれるそうで、どんな世代でも男女問わずに利用でき、今後注目を集めていくやり方なのではないかと思いますね。 

 

しかしまだ始まって間もないこの整膚、マッサージを受けられるエリアがとても少なかったり、眼にすることが少ないのが難点です。

更に整膚のノウハウ、やり方を覚える為のスクールも少ないみたいです。 

 

まれに整膚を行っている所で、先生になる為の勉強をさせてくれたり、お家で楽チンにできてしまうマッサージ方法を教えてくれたりする所も有るみたいです。

覚える事で開業に繋がる職種にもなるかもしれないですよね。 

 

今後ますます注目を集めるであろう「整膚」の効果とは言っても知識だけではなくて自らのマッサージのやり方を覚えてトライアルしてみることをおすすめします。

 

整膚はマッサージと何が異なるのでしょうか

ちかごろ「整膚」と言うマッサージが話のタネを呼んでいて、その効き目を得ようと多勢の方がマッサージを受けにいっているそうです。

メインの効果としては肩凝りや腰の痛み、血の流れ不良等を克服に導くと言う事だそうとは言ってもこうした症状の健全化には今までもマッサージ等でやってきたのではないでしょうか。

ではどうして新たに整膚を取り入れた方が良いのか、マッサージと整膚では何が異なるのかその違いを挙げてみたいと思います。 

 

先ず整膚に関してとは言っても皮膚を引っ張り上げて筋肉の奥深くまで効き目を呼び掛け、その上で血の流れ強化をして筋肉の緊張を解いていこうと言う物になります。

対してマッサージに関しては筋肉が硬直・緊張しているパーツに対してテクニックを利用して筋肉を押したり撫でたりして、緊張を緩めていくと言うテクニックになります。

しかし整膚が筋肉に何もダメージを与えないのに対して、マッサージのときはテクニックが強すぎてしまうと筋肉にダメージを与えてしまうことがありますし、筋肉自体にも弾力がありえないとマッサージ効き目も発揮しにくいと言う感じになります。

合わないマッサージをする事で逆に血の流れ障害になってしまうことも有るのです。 

 

この様に整膚とマッサージはテクニックが異なる事で筋肉に対して与える効果とダメージが変わってきます。

まだまだマッサージの方が主流ではあるのとは言っても今後は整膚と比較されて整膚に流れる人も増えてくるのではないでしょうか。

どちらが良いかはリアルに受けてみて個人の判断に委ねられると思うのですが、何が異なるのかはシステムを知っておいておくのもいいと思うのですよ。

 

整膚の歩み

名古屋で整膚は生みだしましたが、それを生みださせたのは徐堅博士と言う中国人の方でした。

スタートは高齢者への健康指導、スポーツプレーヤーに対する治すこと等を行っていたところ、整膚のマッサージ方法を発見したそうです。

この発見は凄い事で健康体に導いてくれるだけじゃなくて肌をきれいにすることにも癒しにも効き目が有るそうです。 

 

スタートは皮膚をつまんで引っ張ってと言うテクニックでしたが、その後は整膚の理論やテクニックを確立させちかごろは70タイプものテクニックが有るそうです。

名古屋から生まれた整膚はちかごろでは米や中国を始めとした各国10ヶ国以上に知れ渡っています。

整膚がWHOに推薦されたのは1997年の事、中国医学は何千年ものヒストリーが有るが、それを更に前進させたとして評価されての事だったそうです。

その後整膚はガンクランケへのケアにも効き目をアップするようだと言う事が分かってきた事も受けて、WHOの手すよ基地の整膚学顧問として徐堅博士が抜擢された様です。 

 

整膚は肌に刺激をプラスして健全な体に美容的に良くしてくれると共に、脳細胞がエネルギッシュにも予想出来ます。

脳細胞がエネルギッシュにされると頭脳のアンチエイジング、ボディのアンチエイジングにもこの上なく役立つ様になってきます。

生きる為にパワーを与えてくれる整膚はまさに新しい効果のあるテクニックで、整膚を受ける人も整膚をやる人もどちらも健全な体になるのではないかともつぶやかれているのです。

こうして各国的に認められつつ大きな成長している整膚は今後も更に大きな成長していき、新たなヒストリーを刻んでいくのではないでしょうか。

 

整膚で得られる効果

1992年に名古屋で生まれたのが「整膚」と言うマッサージの様なマッサージになります。

新しいマッサージだからまだまだ信用できないとつぶやく人もいるかもしれませが、WHOから推薦を貰えていますので、それ位の効き目が有るのです。

マッサージ方法は簡単で皮膚を引っ張ってツボを刺激し、色んな症状やボディの痛みを健全化させていこうと言う物になります。

皮膚を引っ張る時も優しく引っ張りますので、痛気持ち良い感じでマッサージを受ける事が出来ます。 

 

効果としてはボディ中の色んな症状や症状に効き目が有るみたいですので、一概にこれと言うことはないのとは言ってもとりわけ効き目が絶大に感じるのは「肩凝り」だそうです。

肩凝りで悩んでいる方はいっぱいいて、皆さん色んな方法で克服しようとしているのですよね。

大部分はマッサージに行って肩の筋肉を解してもらう事だと思うのとは言っても筋肉を解すだけでは表面だけで筋肉の中までは解してあげる事かできません。

肩凝り克服には筋肉の中までしっかりと解してあげなくては行けないのです。 

 

しかし整膚のときは筋肉の奥深くにまで働きかける事が出来ますので、根本的に肩凝りをクリアしていく事ができてしまうのです。

その他には頭痛や腰の痛み、糖尿病、肌を綺麗にする、メタボにも効き目が有るそうです。

こうした事も踏まえてWHOも整膚を認める様になったのですね。

整膚はわりと誰にでも出来て効き目がしっかりと得られるマッサージです。

もしも色んなマッサージをトライしてみて効き目がありえないなと感じていた方も、多勢の人が整膚で克服された様です。

まだまだ整膚の認知度は低いのが現実とは言っても今後この効果に人々が注目していくのではないかと思います。 

 

整膚によるボディへのインパクト

ボディに良い効き目が出るとは言っても、リアルに「整膚」のマッサージを受けてみるとボディにどういうインパクトが出て来るのか、チェンジが気になりますよね。

というわけで整膚によるボディに起こるインパクトについて挙げてみたいと思います。

先ずは整膚では皮膚を引っ張ってマッサージしますが、これによって体の中にポンプの様な効き目を出す事ができてしまうそうです。 

 

それによって得られるインパクトとは血の流れが強化されると言う事です。

整膚を受けると血の流れが良くなってきますし、併せて老廃物を排出する為のリンパの流れも良くなってきます。

更に血の流れが強化される事でボディの皮膚表面の温度が2度程上がるそうです。

これによっていつも温かい様子を保つ事が出来ます。

ボディが温まってくるとボディの筋肉の緊張が解れてきてリラックスできてしまう様になります。

こうする事で自律神経のバランスが整えられますので、精神的にもインパクトが良く出てくると言う事になります。 

 

更に皮膚を引っ張ると刺激が皮膚から脳に伝わりますよね。

これによって痛みを軽減させる効き目が有るエンドルフィンと言うホルモンが分泌される様になり、痛みを感じているパーツに対して鎮痛効き目が得られる様になります。

この様に心身共に良いインパクトが整膚によって得られると言う事がお分かりいただけると思います。

1つ良いインパクトが得られると、そのインパクトがサイクルして更に良いインパクトをもたらせてくれると言う訳ですね。

整膚によってボディにどんなインパクトが出るのか分からなかった方も、こうした効き目が得られるのであればトライしてみたくなりますよね。

 

ボディへの刺激はキーポイントなのです

マッサージ、整体、鍼灸、アロママッサージ、ちかごろでは整膚と言う様に色んなマッサージのやり方が有ります。

これらはテクニックが違ってもボディの色んなパーツやツボに対して刺激を与えてあげる事で症状を軽減させていこうと言う物になります。

医療行為となる物、医療行為とはならない物が有りますが根っからの考え方は同じ物が有ると言えるのです。

自らはボディで辛い症状が出てきたら先ずクリニックに行ってみますよね。

でもというわけで症状ではないと判断された時、辛い症状だけが残って要因が分からずに心配ばかりが募ってくると思います。 

 

この様な時にこうしたマッサージ類を行う人が多数です。

マッサージ類をするとクリニックでは克服出来なかった辛い症状が克服に向かう事も凄く多数様です。

とりわけちかごろ出てきた整膚に関しては整体等で克服に向かわなかった症状も健全化方向に向かうとしてわりと注目度が高いマッサージになっているのです。

こうしたマッサージ類は単に症状を健全化させると言うだけではなく、リラクゼーションの効き目もあわせて得られる事が予想出来ます。

その為に心身共に健全な体にしていこうと言うゴールも有るのです。

行く方もそれを予想して行くと言う方も多数のではないでしょうか。 

 

リラックスができてしまう上に症状も健全化されるとなったら凄く良い事ですものね。

医学の観点も有り、マッサージの観点も有り、それでいてボディにかかるリスクも少ないとなるとつい頼ってしまいたくなります。

コンスタントにこうしたマッサージ等のマッサージをする事で症状対策にも繋がってくると思います。 

 

整膚マッサージ後の効果について

どんな効き目が整膚をマッサージした後に得られるのかメインの効き目を少し挙げてみたいと思います。

血の流れを良くすると言うのがでかい整膚の効果だと思います。

血の流れが良くなる事でボディのいろいろな所に対して良い効き目をもたらせてくれると思うのです。

また血の流れが良くなると気の流れも変わってきます。

こうなるとボディが健康体になろうと導かれていきますので、抵抗力もアップして見た目から元気な感じになるのです。 

 

また美容への効き目も有るそうとは言っても血の流れが良くなると肌にハリが出てくる様になります。

そうなるとツヤ感もアップしてきますのでアンチエイジング効き目が得られる様になります。

更に時間のないちかごろ社会において、ボディに疲れがたまっていないとつぶやく人はいないのではないかと言う位、疲れている方も多数と思うのとは言っても精神的にも心をリラックスさせてくれるのですので気分も上がってきます。 

 

更に疲れは筋肉にダイレクトにたまる事も有りますよね。

筋肉の疲れを取ることに関しても整膚はわりと効き目が有ってスポーツ後の筋肉疲れ、肉体労働による気分疲れの方にとってはわりと効き目が感じられやすいと思います。

この様に疲れを取る、ボディを健全な体に導いてくれる、美容面にも良い、ヒーリング効き目が得られると言い表す効き目が整膚には有るのです。

こうした効き目を他の方法でも得る事は可能だと思うのですが、皮膚をつまんで引っ張るだけで良いと言う事から、整膚に対しての注目度が高い様に感じますし、セルフケアも出来ますのでわりとオススメのマッサージ方法ではないでしょうか。

 

整膚マッサージのやり方

「皮膚をつまむ」「皮膚を引っ張る」これが整膚のスタンダード的なマッサージ方法になります。

凄くシンプルで誰にでもできるようなマッサージ方法ではないでしょうか。

これだと誰にでも出来そうな感じがしてきます。

但し単純につまんだり、引っ張ったりすると言う事ではなく、マッサージするパーツや力加減によってその効き目は変わってくるみたいです。 

 

皮膚をつまむとなると効き目を出す為にパワーをいれたくなりますが、整膚のつまみ方はパワーを入れる事無く優しくつまむだけで良いのです。

優しくつまんだら、優しく引っ張る、いくばくかで良いので力がありえない高齢者の方にでも、小さなお子さまでも誰にでもできてしまうのです。

テクニック自体は70タイプ位有るみたいとは言ってもスタンダード的には優しくつまんで優しく引っ張ると言う事で大丈夫だと思います。 

 

わずかいくばくかですので、自らでもパーツさえ分かればできてしまう様になりますし、届かない所であればごファミリーの中でお互いにやりあったりする事もコミュニケーションが図れて良いかもしれないですよね。

また効き目をより出す為のマッサージタイミングと言うのも有るみたいです。 

 

例えをあげるとするとスポーツをする方のとき、トレーニングをする前に整膚をやる事で怪我の対策を行う事ができてしまう様になるそうです。

よくトレーニングをする前にストレッチをする等、ボディを温めてからやらないと怪我をするよと小さい頃言われていた事が有ると思うのですが、それと同じ事だと思っていただければ良いでしょう。

整膚はとにかく誰にでも出来て、誰にでも楽チンに出来て、それでいてわりと効き目が高いので、わりと良いマッサージ方法ではないかと思います。 

 

「ツボを押す」と言うと、ツボのあるポジションを把握してそのパーツを指やアイテムを利用して押していくと言い表す感じを思い浮かべると思うのですが、実は整膚と言う皮膚を引っ張るマッサージによってもツボを刺激する事ができてしまうのです。

優しく皮膚をつまみ、それを引っ張り上げるだけなのですがツボへの刺激にわりとすぐれた効き目が得られるみたいなのです。 

 

ツボと言うのは何処にあるかお分かりでしょうか。

よくツボと聞いて思い浮かぶのは、足の裏が書かれている絵だと思います。

リアルには足裏だけじゃなくてボディトータルにツボは有るのとは言ってもとりわけ多数のは足裏になります。

足裏はボディ内の第二の心臓と言われていて、ボディ中のメカニズムのツボが有るとつぶやかれているのです。

誰にでも行えるのは足裏の皮膚を引っ張って刺激する事で誰にでもボディ中のツボを刺激する事ができてしまう様です。

しかしリアルには足裏は皮膚をつまむエリアがわりとありえないので、刺激する事は難しいのでリアルに整膚をやるときは皮膚をいっぱい有るボディでやる事をオススメしたいと思います。 

 

例えをあげるとすると肩こりに効くツボとは言っても乳首と鎖骨の延長線上で鎖骨の直ぐ下に「雲門」と言うツボが有ります。

自ら一人でやるときにはこの雲門の皮膚を摘まんで引っ張り上げる様にすると肩こり克服への効き目が得られる様です。

もしも誰かにやってもらうとしたら肩甲骨の真ん中に「膏肓」と言うツボが有りますのでそこを刺激してもらうと効果が上がるかもしれません。

この様にちょっとボディにコンディションがよくないことが有るなと思うパーツのツボを探してみて、そのパーツの皮膚をつまみ上げて克服させて行く様にしてみることをおすすめします。

 

リンパの流れをよくするには

ボディにリンパが有り、その中をリンパ液等が通っています。

リンパはボディの中に有る必要のない物をボディの外に排出してくれたり、ボディを細菌から守ってくれる抵抗働きが有ります。

その為に健康なボディでいる上で大事な務めを担っているのです。

このリンパが滞ってしまう事でいろいろなコンディションがよくないことがボディに生じる様になり、最悪は症状を引き起こしてしまうことが有ります。 

 

そのリンパの流れを良くする為に色んなテクニックが有ると思うのとは言ってもちかごろでは整膚と呼ばれるテクニックが注目を浴びているそうです。

整膚はボディにリスクをかける事無く健全な体を保つに役立つのでわりと優秀なテクニックとなっているのです。

リンパ管の中にはリンパ液と言うのが流れていますが、このリンパ液の細胞は実は骨髄から作られているそうなのです。

更に骨髄では血管の中を流れる細胞も作っていると言います。

この細胞が作られる時にノーマルな形で作られないとリンパを健康な様子に保つ事が出来ないのです。 

 

というわけで骨髄で細胞を作る時に悪いところな細胞が作られない様に対策する事が欠かせなくなるのです。

これによってガンになるかどうかが変わってくるのです。

但し絶対に悪いところな細胞が作られないと言う事は無く、単に悪いところな細胞が生成される割りあいを下げると言う物になりますので無茶苦茶な予想はしない様に気をつけることが欠かせないことなのとは言ってもとにかく暮らし習慣を再考する事、タバコ等の健康を害する恐れのある物質を避ける事、フラストレーションを溜めすぎない様にする事と言うのが欠かせなくなってきますので、見直してみてリンパを健康な様子にしていきましょう。 

 

「リンパの流れが良くなる」と言う効き目が整膚には有ります。

整膚によって流れがよくなるリンパとは言ってもそのリンパについて挙げてみたいと思います。

ボディにはリンパ管と言う管が有り、その中をリンパ液と言うのが流れています。リンパ管と血管は繋がっている為、血管の中の処理残しがリンパ管に入ります。

この処理残しには老廃物、水分、細菌等が有ります。

ただでさえリンパ液の流れが悪い所にこうした必要のない物がリンパ管に入ってくると流れが滞ってしまう様になるのです。

そうなるとリンパ管の中には老廃物等が体外に排出されずに残ってしまう様になります。 

 

血液の中の必要のない水分もリンパ管に入ると排出されにくくなり、むくみやすくなってしまうのです。

またボディの中に入ってきた細菌を体外に排出する為の機関としてリンパでダメであれば細菌が増えてしまってリンパ節が腫れ上がってきてしまうのです。

こうなると熱が出たり余計な症状を引き起こしたりしてしまうのです。

だからこそリンパの流れはいつも良くしておかなくてはいけないのです。

整膚では皮膚を引っ張る事で血の流れをよくし、リンパの流れも良くすると言う効き目が予想できるのです。 

 

これによってリンパ流れが良くなってくるとむくみが克服され、疲れが克服され、凝りが軽減され、体のコンディション不良も良くなってくる様になります。

また美容面でもリンパの流れが悪くなるとセルライトが出来てしまい、肥満の要因になってしまうのです。

リンパの流れを良くする事でこうした肥満対策効果にも繋がりますのでリンパはいつも良い様子で流れる様にしていきたいではないでしょうか。

 

皮膚を見るとボディのコンディションがよくないことが分かるのです

人間のボディとは神秘的な物で、色んなステップでボディのコンディションがよくないことを外に訴えています。

その1つが「皮膚」です。

皮膚は自らの目にダイレクトに触れるスポットではないでしょうか。

その上皮膚は自らのボディを色んな刺激から守ってくれています。

この皮膚は外敵や熱等からボディを守るだけではなくて、ボディのコンディションがよくないことやチェンジも自らに知らせてくれる働きをしているのです。 

 

例えをあげるとすると目の下にできてしまう「クマ」とは言っても目の下が黒くなると言う事は目の周りの血の流れが滞っていると言う事でも有ります。

その為に血の流れが悪いので黒く見えてしまうのとは言ってもこれによって疲れが溜まっていると言う事が分かります。

更に唇の端が切れてしまう事が有りますよね。

よくつぶやかれている事で「胃が痛い、胃のコンディションがよくないこと」と言う事を表しているのです。

蕁麻疹が出る