掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)             山田 豊文


手のひらや足の裏の皮膚に膿を持った小さな水ぶくれができて、悪化すると痛みを伴い、皮膚がボロボロになってしまう「掌蹠膿疱症」(しょうせきのうほうしょう)という病気があります。

見た目は水虫(白癬菌の感染)などによく似ていますが、これは細菌や真菌、ウイルスなどの感染症によるものではありません。

 

原因としては、扁桃腺炎や副鼻腔炎、歯周病などの原病巣に端を発する慢性炎症や、過剰なストレスなどが疑われていますが、完全に解明されているわけではないのが現状です。

自己免疫疾患の一種ではないかという説もあります。

 

 

最近では、金属アレルギーとの関連性がよく知られるようになりました。

なかでも、歯科金属アレルギー(歯の治療に伴う金属製の詰め物などに対するアレルギー反応)は大きな要因のひとつだと考えられます。

歯の詰め物にはさまざまな種類の金属が用いられますが、何といっても、水銀アマルガムの悪影響は顕著です。

実際に、掌蹠膿疱症患者の水銀アマルガムの詰め物をすべて除去したところ、それまでボロボロだった手足の皮膚がすっかりきれいになったというケースもあります。

 

また、亜鉛の補給によって症状が改善したという例もあります。

これは、亜鉛が充足することで皮膚のタンパク質の代謝が正常になったり、免疫システムが整ってアレルギー反応が緩和されたり、あるいは解毒タンパク質(メタロチオネイン)の合成がスムーズになり、水銀の解毒が促されたりした結果であると推測されます。

 

一方で、歯科金属アレルギーが疑われ、歯の詰め物を全て除去したにもかかわらず、症状が一向に治まらなかったという例も報告されています。

ある歯科医師の方が、この患者に普段の食事内容を尋ねてみたところ、牛乳や乳製品、甘いものが大好きで、肉類や揚げ物などもよく食べるということでした。

そこで、これらをやめて、玄米や豆類、野菜中心の穀菜食を実践するようアドバイスした結果、症状がどんどんよくなっていったそうです。

 

この場合、細胞の環境を乱す因子が取り除かれたことや、豊富に含まれるミネラルやビタミンの恩恵はもちろんのこと、高繊維食によって腸内細菌叢が安定し、免疫系が正しく機能するようになったことも大きく貢献したものと思われます。

 

歯科金属に注目するのも、亜鉛をしっかり摂取するのも、穀菜食をとるのも、全てのアプローチが理にかなっており、どれかひとつが正解というわけではありません。

むしろ、こうした多種多様なアプローチを包括的に行えば、掌蹠膿疱症への非常に有効な対策になるだけでなく、心身の健康状態が幅広く改善されていくことでしょう。

 

逆に言えば、掌蹠膿疱症は決して“原因不明の病気”などではなく、「細胞環境の悪化」が原因です。

現代人は誰もが食事や環境中から無数の有害物質を取り込み、細胞の環境が劣悪な状態になってしまっています。

そんな環境を是正しないまま何らかのアプローチを行ったとしても、細胞が最高の働きをしてくれることはありません。

 

それは、現代人が見舞われている多くの健康問題も同様です。

だからこそ、何よりもまず、全身の細胞の環境整備に徹底して取り組む必要があるのです。

 

そうやって、細胞の環境さえ整えてやれば、あとは細胞たちが勝手に万事都合よくやってくれる。

そして、最高の治癒力をいかんなく発揮してくれる・・・。

 

 








          たきがみ博士の想い

 

誰でも、自分の中に伝統がある。自分が経験したすべての過去の累積、それが”いま”のわたし。

過去とは思いだすこと、現在(いま)は過去の必然、そして、未来は想い、選択すること。

いまは、変えられない。

しかし、人には明日があり、未来がある。明日は、こうありたいと想いを持つことができる。

 

すてきな明日に向かって、”これからへの想い”を具体化するJourney、しっかり楽しみたいと思います。

そして、”いま、ここ”を丁寧に活きる。

みずからの人生の軌跡を、すてきな笑顔でみつめるために。

 

旬(ときめき)亭 亭主 たきがみ博士
  たきがみ博士


旬(ときめき)亭へのアクセス


 

 

 044-955-3061

 tokimeki@terra.dti.ne.jp

 

 旬(ときめき)亭 亭主  たきがみ博士



 

神奈川県川崎市麻生区

百合丘1-5-19 

   YDM百合ヶ丘ビル 5階

 



☆他人に期待すれば不満になり、

  自分を信頼すれば自信になる 

☆人間関係とは、他人を通して自分自身

  との付き合い方を学ぶ機会なり 

☆自分の短所を受け入れるとき、

  自分らしさという魅力が生まれる 

☆最も空しい人生とは、

  すべてが思い通りになる人生である 

☆幸せは得るものではなく、気付くもの


☆樹木は、上に伸びる前に下に伸びる 

☆他人との対立は、

  自分の心の中の対立に過ぎない 

☆幸せだから感謝するのではなく、

  感謝するから幸せを感じる 

☆孤独を知らなければ、

  本当の繋がりが分からない 

☆内側から生まれてくる至福は、

  失うことがない


天城流湯治法の天健躰操 【始動法】

寝る前、起きた時 3ポーズで5分間

肩こり、腰痛・しびれから解放