抗酸化力に優れるビーツ


赤色色素に栄養が沢山!

 

ロシアの伝統料理「ボルシチ」の材料として有名なビーツ(ビート、ビートルートとも言います)ですが、世界各国でビーツの栄養価に注目が集まり、健康野菜として人気が高まっています。

 

<飲む血液と言われるほど高栄養価>

ビーツは、「飲む血液」と呼ばれるほど、リン、ナトリウム、マグネシウム、カリウム、鉄、カルシウムなどのミネラルが豊富に含まれています。

鉄は、体に吸収しやすい形で含まれています。

そのため、特に貧血の方にはぜひ召し上がっていただきたい野菜です。

また、ポリフェノールや食物繊維も豊富に含んでいます。

 

<抗酸化力に優れるビーツ>

体内で過剰になると、老化を促進してしまう活性酸素をご存知でしょうか?

活性酸素は過剰になると、正常な細胞をサビつかせ、生活習慣病の発症や老化を早めてしまいます。

そこで、この活性酸素の働きを抑制する「抗酸化力」が必要となります。

体にはもともと抗酸化力を生産する働きはあるのですが、現代では紫外線やストレス、農薬などで活性酸素が過剰になる傾向にあります。

そのため、抗酸化力のある食べ物を摂りいれることが必要とされています。

ビーツの赤色色素はベタシアニンという物質です。

そして、このベタシアニンには強い「抗酸化力」があることが分かっています。

アントシアニンなどの赤色色素を持つ野菜は多いのですが、抗酸化力が非常に強い”ベタシアニン”という色素をもつ野菜は極わずかなんです。

 

<世界で注目を浴びるビーツ>

もともとイギリスでは、ビーツは健康に良い野菜として食べられており、ビーツのジュースが人気でした。

また近年では、ビーツにはNO3が含まれるという研究結果を受けて、ビーツの良さが世界中に知られるようになり、世界中で人気がじわじわと広がってきています。

では、このNO3の働きとは何かというと、血管に働きかけ、血流を良くして血管を若返らせてくれるそうです。

血流が良くなると酸素や栄養が体の隅々まで行き渡るので、冷えが緩和されて体が温かくなります。

栄養が行き渡ることで細胞が若返り、体を若々しくしてくれます。

 

ビーツ LOVE 

我が家では 見つけたら、煮て、フードカッターで超微塵にしたのを 板状にして、使う分量を パキッと折って使います。

カスピ海ヨーグルトに漢宝塩と檸檬を混ぜてドレッシングにしたり。。。

アマランサスやキヌアで雑穀サラダや ライスサラダに。

 

この時期、よく作るのは、前夜の鍋の残り物を バイタミクスでガーッとしたのを、とろみのルウがわりに、ビーツの茹で汁、肉や玉ねぎ、トマト、漢宝塩 プラスしてボルシチに。

オーブンで焼く方法もあるけれど、茹でたら 茹で汁も色々と 使えるのが嬉しい

茹でる時は皮ごとで。

発色のために、ビネガーを少し入れるのを忘れずに。

 

pink は ファッションやメイクアップだけでなく 食卓にあっても 楽しくなります

 

ビーツは 野菜のスーパーフード。

抗酸化作用や、生理作用が素晴らしく、その成分の素晴らしさはノーベル生理学賞もとったほど

血液や、肝臓にも良く、前向きなアルコール依存の私には必需品です(笑)

 

 

●ビーツジュース レシピ

・ビーツ 100g

・ニンジン 300g

・みかん(またはオレンジ) 1個

・レモン果汁 お好みで少々

これらをジューサーにかけて、ジュースを作ってください。ビーツは、生で食べるとほんのり甘くてクセのないさっぱりとしたお味です。ニンジンジュースに加えれば、ほんのりビーツの甘みを感じる真っ赤なジュースをつくることができます。

 

 

 

●ビーツサラダ レシピ

(2人分)

・ビーツ 200g

・ビーツ 塩少々

・酢(米酢、アップルビネガー、白ワインビネガーのいずれか) 大匙1杯

・アーモンド 5粒程度

(1)ビーツを千切りにする。

(2)(1)のビーツを塩もみして、しんなりするまで5分程度置く。

(3)(2)に酢を混ぜて、上から砕いたアーモンドのトッピングしたら出来上がり。

ビーツは、一旦加熱してからサラダなどにするのが一般的ですが、加熱しなくても美味しいサラダができるので、今回は加熱しないサラダのご紹介をしました。

シャキシャキして、ほんのり甘いサラダが出来上がります。

 

 

ビーツは加熱しても美味しいお野菜です。

ポタージュの他、ボルシチなどのスープもおススメです。

加熱料理としては、タマネギやニンジン、肉などと一緒に煮込めば、綺麗な赤色のスープができます。

また、ビートそのものの味が楽しめる、ビートポタージュもおすすめです☆

 

 








          たきがみ博士の想い

 

誰でも、自分の中に伝統がある。自分が経験したすべての過去の累積、それが”いま”のわたし。

過去とは思いだすこと、現在(いま)は過去の必然、そして、未来は想い、選択すること。

いまは、変えられない。

しかし、人には明日があり、未来がある。明日は、こうありたいと想いを持つことができる。

 

すてきな明日に向かって、”これからへの想い”を具体化するJourney、しっかり楽しみたいと思います。

そして、”いま、ここ”を丁寧に活きる。

みずからの人生の軌跡を、すてきな笑顔でみつめるために。

 

旬(ときめき)亭 亭主 たきがみ博士
  たきがみ博士


旬(ときめき)亭へのアクセス


 

  044-955-3061

 tokimeki@terra.dti.ne.jp

 

 旬(ときめき)亭 亭主  たきがみ博士

 

  旬(ときめき)亭 Select  Shop

   



 

神奈川県川崎市麻生区

百合丘1-5-19 

   YDM百合ヶ丘ビル 5階

 



☆他人に期待すれば不満になり、

  自分を信頼すれば自信になる 

☆人間関係とは、他人を通して自分自身

  との付き合い方を学ぶ機会なり 

☆自分の短所を受け入れるとき、

  自分らしさという魅力が生まれる 

☆最も空しい人生とは、

  すべてが思い通りになる人生である 

☆幸せは得るものではなく、気付くもの


☆樹木は、上に伸びる前に下に伸びる 

☆他人との対立は、

  自分の心の中の対立に過ぎない 

☆幸せだから感謝するのではなく、

  感謝するから幸せを感じる 

☆孤独を知らなければ、

  本当の繋がりが分からない 

☆内側から生まれてくる至福は、

  失うことがない


天城流湯治法の天健躰操 【始動法】

寝る前、起きた時 3ポーズで5分間

肩こり、腰痛・しびれから解放