抗がん剤副作用による突然死                     川嶋朗


私の友人である水上治先生は、

いくつかの病院での勤務を経た後、2007年に、

東京・市ヶ谷に「健康増進クリニック」を創設。

 

私同様、西洋医学と相補・代替医療(以下、代替医療)を

組み合わせた統合医療に力を注いでいます。

 

水上先生とも「自分ががんになったらどうするか」

という話をしたことがあるのですが、

 

そのとき先生は

「西洋医学の治療だろうと代替医療だろうと、

 少しでも可能性があるなら、お金が許す限り何でもやります。

 ただ、抗がん剤だけは拒否したいですね」

とおっしゃっていました。

 

 

先生が抗がん剤を拒否するのは、

「副作用に苦しむ患者さんたちを目の当たりにしてきたため」であり、

 

「副作用による突然死を避けるため」でもあります。

 

抗がん剤はときに、心筋にダメージを与え、

不整脈や狭心症、心筋梗塞、心不全などを引き起こすことがあります。

 

 

そして、抗がん剤を投与された患者さんの1から2%は、

心不全によって亡くなっています。

 

しかもそうした副作用は、抗がん剤が投与されてすぐに起こることもあれば、

数週間後に突然起こることもあります。

いつ何が起こるかわからないのです。

 

 

「1から2%」という数字は、

人によっては「きわめて低い」と思われてしまうかもしれません。

 

 

しかし先生は勤務医時代、抗がん剤を投与された患者さんの何人かが、

やはり心不全で突然亡くなるのを実際に見ています。

 

そして「自分が1から2%に入らない自信がない」と言います。

 

 

身辺の整理もできず、

家族や友人など会いたい人にも会えずに

突然死を迎えるよりは、

 

がん死を受け入れ、

最期のときに向けてゆっくりと心の準備をしたい。

 

それが水上先生の希望だそうです。

 

 

 

少しでも治療効果が得られる可能性をとるか、

副作用のリスクを避けるか。

 

実に微妙な選択です。

 

 

抗がん剤が効けばよいのですが、

もし効かなければ、

副作用でいたずらに体力を消耗することになってしまいます。

 

 

医者たちは、抗がん剤のメリット・デメリットを熟知し、

副作用に苦しむ患者さんたちをたくさん見てきています。

 

それゆえに

「自分ががんになったら、抗がん剤を使いたくない」と言うのです。

 








          たきがみ博士の想い

 

誰でも、自分の中に伝統がある。自分が経験したすべての過去の累積、それが”いま”のわたし。

過去とは思いだすこと、現在(いま)は過去の必然、そして、未来は想い、選択すること。

いまは、変えられない。

しかし、人には明日があり、未来がある。明日は、こうありたいと想いを持つことができる。

 

すてきな明日に向かって、”これからへの想い”を具体化するJourney、しっかり楽しみたいと思います。

そして、”いま、ここ”を丁寧に活きる。

みずからの人生の軌跡を、すてきな笑顔でみつめるために。

 

旬(ときめき)亭 亭主 たきがみ博士
  たきがみ博士


旬(ときめき)亭へのアクセス


 

 

 044-955-3061

 tokimeki@terra.dti.ne.jp

 

 旬(ときめき)亭 亭主  たきがみ博士



 

神奈川県川崎市麻生区

百合丘1-5-19 

   YDM百合ヶ丘ビル 5階

 



☆他人に期待すれば不満になり、

  自分を信頼すれば自信になる 

☆人間関係とは、他人を通して自分自身

  との付き合い方を学ぶ機会なり 

☆自分の短所を受け入れるとき、

  自分らしさという魅力が生まれる 

☆最も空しい人生とは、

  すべてが思い通りになる人生である 

☆幸せは得るものではなく、気付くもの


☆樹木は、上に伸びる前に下に伸びる 

☆他人との対立は、

  自分の心の中の対立に過ぎない 

☆幸せだから感謝するのではなく、

  感謝するから幸せを感じる 

☆孤独を知らなければ、

  本当の繋がりが分からない 

☆内側から生まれてくる至福は、

  失うことがない


天城流湯治法の天健躰操 【始動法】

寝る前、起きた時 3ポーズで5分間

肩こり、腰痛・しびれから解放