抗がん剤や放射線治療に関して                   内海 聡


いまだ抗がん剤が効くと思っている日本人が多いことに、呆れるを通り越して憐みしか感じない。

抗がん剤が仮に効いたとするならば、それはがんではないことを指し示しているが、どうせわからないだろうと思われるのでこの記事では割愛する。

 

とりあえず、データをいくつか紹介しておこう。

ガン死の80%は三大療法(手術、抗がん剤、放射線治療)による。岡山大学付属病院のインターンの学生が調べてみると、80%がガンの三大療法(手術、抗がん剤、放射線治療)で死んでいた。

その発見を論文にしようとしたが、握りつぶされた。

 

 ・年間のガン利権は15兆円、国防費の3倍

 ・抗がん剤は0.1g 7万円

 

船瀬俊介氏の話「厚生労働省にガンの専門技官て(いうのが)いるんです。

技官ていうのは医師免許持ってるんです。

要するにプロ中のプロですよ、日本の厚生行政の。

そこに聞いたんですよ。

「ズバリ聞きます、抗がん剤はガン治せるんですか」そしたら「お答えします、抗がん剤がガン治せないのは常識ですよ」ってはっきり言った。

 

効かないと知りながら平気で抗癌剤を使う癌の名医達 立花隆「がん生と死の謎に挑む」72p~

僕自身(立花隆)ががんになって癌関係のシンポジウムに招かれたときのことです。

それは朝日新聞の主催で開かれた、一般市民向けの大きなシンポジウムだった。

僕以外の演者はすべて、大学や大学病院のそうそうたる名医ばかりが集まっていた。

昼休みだったとき。控え室でみなが雑談的にいろんな話をしていた。

いつの間にか話題が抗癌剤の事になっていた。

抗癌剤がどれほど効かないかの話を一人がしだすと、皆が具体的な抗癌剤の名前をあげて、次から次にそれがどれほど効かないかを争うかのように、話始めました。

「結局、抗癌剤で治る癌なんて、実際にはありゃせんのですよ」と議論をまとめるように大御所の先生が言い出すと、皆そのとおりだという表情でうなずきました。

 

僕はそれまで効く抗癌剤が少しでもあるのではと思っていましたが。それじゃ「患者よがんと闘うなの著者の近藤誠さんの言っていたことが正しかったと言う事になるじゃありませんか」と問うと、

大御所の先生はあっさりと「そうですよ、そんなことみんな知ってますよ」と言いました。

 

1985年アメリカ国立ガン研究所のデヴィタ所長は「癌の化学療法は無力。癌細胞は反抗癌遺伝子(ADG)を変化させ、抗がん剤毒性にすぐに耐性を獲得する。」と議会証言を行っている。

さらに癌細胞は凶暴化し、悪性化してもう増殖を開始する。

「抗癌剤の多投与グループほど短命。」

「放射線治療をした人ほど短命。」

 

これはアメリカ東部の20の大学、医療機関が参加した、最大級の抗がん剤効能判定研究の結論。

専門家によれば白血病は「抗ガン剤による化学療法が中心」となるが、だいたい5年生存率は40%。

 

ちなみにファイザー社の白血病薬である「マイロターグ」の患者致死率は90.5%。

そもそも白血病の抗ガン剤である「シタラビン」の添付文書には、「本剤は細胞毒性を有するため(アンプルから注射器に移すなど)調整時には、手袋を着用することが望ましい」「皮ふに薬液が付着した場合には、ただちに多量の流水でよく洗い流すこと」と書いており、そのまま放置すると「皮膚がドロドロに溶けていく」。

また「本剤を、他の抗ガン剤と併用した患者に、白血病、肺腺ガンなどの二次性悪性腫瘍が発生したとの報告がある」ときちんと書いてある。

 

抗ガン剤のルーツが毒ガス兵器、日本軍も昔は大久野島で毒ガスを製造していたことが正式にわかっている。

旧陸軍はこの秘密工場で1929年から敗戦まで、大量生産を続けており、毒ガス貯蔵庫跡地には政府(環境省)の看板がある。

強制徴用された作業員たちは、みんなせきが止まらずみな血のまざった、べっとりとした痰を吐いて、身の毛もよだつ凄惨な姿であった、と『地図から消された島』にも記載されている。

 

毒ガス工場では約6500人の工員が働かされていました。

彼らは抗がん剤と同成分の暴露によって、肺ガンや慢性気管支炎など毒ガス後遺症に苦しむことになった。

世界で一番使われている旧式の抗ガン剤といえばシクロホスファミド、シクロホスファミドの発ガン死亡率は40~50倍という報告がある。

E・D・トーマス(ワシントン大教授)は、1990年抗ガン剤の大量投与療法の〝功績〟により、ノーベル生理・医学賞を授与されている。

患者は「出血性膀胱炎」や「心不全」や「感染症」だらけであったが、ノーベル賞は人を殺したものに与えられる賞なので問題はない。

 

薬剤師向け『抗ガン剤調整マニュアル』では、「抗ガン剤は、細胞毒性、変異原性、発ガン性を有するものも多い」と、堂々と明記してある。

ちなみに看護士マニュアルには抗ガン剤は発ガン性がWHO5段階評価で最悪レベルがほとんどであり、膀胱ガン患者に投与すると、9倍も膀胱ガンが増加したとかきちんと書いてある。

 

 

 

 

 

ではなぜ日本でも抗癌剤を勧め、かつ抗癌剤が効果があるようにのたまうのか。

大きな理由は金であり、他にも民族浄化なんとやら、いくつも理由はあるだろう。

しかしここでいいたいのはもっと簡単なこと。

つまり抗がん剤研究の論文などは捏造が主体なのである。

ここでいう捏造というのが一般人にはほとんど見抜くことができないレベルである。

 

ものすごく単純に説明する。

たとえばある抗がん剤を使って、癌が検査上半分になったとする。

一般人はその薬は効く薬だと誤解するだろう。

しかしその後癌は前の倍のスピードで増殖するスピードを身につけ、その後どんな抗がん剤も効かなくなる。

結果的にどうなるかというと、何もしなかった人よりも抗がん剤を使った人々の方が早く死ぬという事態になる。

 

おかしいではないかと良心的な一般人は思う。

抗がん剤を使ったほうが早く死ぬのなら、なぜその薬が認可されるのだと。

なぜ医師たちはその抗がん剤を使うのだと。

 

しかしその質問をすること自体が、自分がカモだということに気付いていない。

基本的に政府の認可というものは、半分になったということが比較証明されれば通るわけで、ニンゲンが早く死のうが遅く死のうが知ったことではない。

そして日本の医師ほど洗脳し易いバカはいないので、彼らは捏造かどうかも考慮することなく、ガイドラインに沿うことしか頭にない。

そのガイドラインが殺人教科書であることに気付かない。

まあ、自己を全否定することになるので、認めたくないのも当然だが。

だってあなた方だって自分の存在を全否定できないだろうから。

 








          たきがみ博士の想い

 

誰でも、自分の中に伝統がある。自分が経験したすべての過去の累積、それが”いま”のわたし。

過去とは思いだすこと、現在(いま)は過去の必然、そして、未来は想い、選択すること。

いまは、変えられない。

しかし、人には明日があり、未来がある。明日は、こうありたいと想いを持つことができる。

 

すてきな明日に向かって、”これからへの想い”を具体化するJourney、しっかり楽しみたいと思います。

そして、”いま、ここ”を丁寧に活きる。

みずからの人生の軌跡を、すてきな笑顔でみつめるために。

 

旬(ときめき)亭 亭主 たきがみ博士
  たきがみ博士


旬(ときめき)亭へのアクセス


 

 

 044-955-3061

 tokimeki@terra.dti.ne.jp

 

 旬(ときめき)亭 亭主  たきがみ博士



 

神奈川県川崎市麻生区

百合丘1-5-19 

   YDM百合ヶ丘ビル 5階

 



☆他人に期待すれば不満になり、

  自分を信頼すれば自信になる 

☆人間関係とは、他人を通して自分自身

  との付き合い方を学ぶ機会なり 

☆自分の短所を受け入れるとき、

  自分らしさという魅力が生まれる 

☆最も空しい人生とは、

  すべてが思い通りになる人生である 

☆幸せは得るものではなく、気付くもの


☆樹木は、上に伸びる前に下に伸びる 

☆他人との対立は、

  自分の心の中の対立に過ぎない 

☆幸せだから感謝するのではなく、

  感謝するから幸せを感じる 

☆孤独を知らなければ、

  本当の繋がりが分からない 

☆内側から生まれてくる至福は、

  失うことがない


天城流湯治法の天健躰操 【始動法】

寝る前、起きた時 3ポーズで5分間

肩こり、腰痛・しびれから解放