手を洗いすぎない                       藤田 紘一郎


なぜきちんと手を洗っているのに、風邪をひいてしまうのか。その理由が「熱心に手を洗っていたから」とすれば、どう思われるでしょうか。75歳の医師・藤田紘一郎さんは、ほとんど石けんを使わず、水だけで手を洗います。

でも手はスベスベで、風邪もめったにひきません。

その理由とは――。

※本稿は、『手を洗いすぎてはいけない』(光文社新書)の第1章「手を洗いすぎる人は、なぜ体が弱いのか?」を再編集したものです。

 

手洗いで風邪は予防できるか

春から夏は食中毒予防、秋から冬は風邪予防。

 

今や日本は、一年中感染症の予防に熱心な国になりました。

そうしなければ命を落としかねないほど、私たちの国は不潔で危険な環境にあるのでしょうか。

 

いいえ、そうではありません。細菌やウイルス、寄生虫など目に見えないほど小さな微生物の存在におびえて、清潔に熱心になりすぎているのが、現代の日本です。

 

そのことは、手洗いのしかたを見るとよくわかります。

「感染症予防の基本は手洗い」といわれ、手洗いの方法はたびたび熱心に指導されます。

幼稚園や保育園、学校でも指導されますし、テレビや雑誌、新聞でもとり上げるほどです。

 

では、推奨される手洗いとは、どのようなものなのでしょうか。

よくいわれる「正しい手洗い」をまとめてみました。

 

・時計や指輪など、手についているものを外す

・流水で手を洗う

・洗浄剤を手にとり、しっかり泡立てる

・手のひら、指の腹面をこすり合わせてよく洗う

・手の甲、指の背を洗う

・指の間(側面)、股(付け根)を洗う

・親指、拇指球(親指の付け根のふくらみ)を、反対の手でねじるようにして洗う

・指先、爪の間は、反対の手のひらの上でこするように洗う

・手首を、反対の手でねじるようにして洗う

・洗浄剤を十分な流水でよく洗い流す

・手を拭き、乾燥させる(タオル等の共用はしないこと)

・アルコールによる消毒(爪下、爪周辺に直接かけた後、手指全体によく擦り込む)

 

とても大変な工程です。

こんなに細部にわたってていねいに洗わなければ、感染症の予防はできないのでしょうか。

しかも、「2回洗いで菌やウイルスを洗い流しましょう」といわれることまであります。

そうしてがんばって洗い、最後にアルコール消毒をしても、「アルコールは、ノロウイルスの不活化にはあまり効果がないといわれています」と、消毒剤には注意書きが示されています。

 

藤田紘一郎『手を洗いすぎてはいけない』(光文社新書)

私も試しに3日間だけ、1日3度の食事前と帰宅時の計4回、この手洗いを実践してみました。

すると、どんなことが起こってきたでしょうか。

 

手の皮膚がカサつき、親指の爪の付け根が裂けてきました。

 

詳しいことは順々にお話ししますが、手を洗いすぎると皮膚の潤いが失われ、カサついてきます。

これは自然の現象です。乾燥肌は「老化現象の一つ」とよくいわれますが、そんなことはありません。

ふだん石けんを使わない私の手は、75歳ですがスベスベで、ガサガサなどしていなかったのです。

乾燥肌の最大の原因は、「洗いすぎ」です。

 

そして、次にみなさんが知らない大事なことをお話しします。

 

洗いすぎると、人の皮膚はどんどんと「キタナイ」状態になり、病原性の弱い菌やウイルスにも感染してしまうほど、ヤワな体になっていくのです。

 

「流水で10秒間」だけでいい

では、私が推奨する「免疫力を強化するための手洗い」を紹介しましょう。

 

・両手を軽くこすりながら、流水で10秒間流す

以上です。驚きましたか。

 

手洗いとはこれで十分なのです。

 

これまで、薬用石けんなどを使って過度の手洗いをしてきた人には、私の推奨する手洗いを疑わしく感じるでしょう。

もしかしたら、「流水で10秒間方式」に切り替えたばかりのときには、少々の風邪や下痢を起こすこともあるかもしれません。

しかし、それはこの手洗いのせいではありません。

それまでの過度の手洗いによって、あなたの免疫力が弱まり、十分に育っていないことの現れです。

 

ですから、多少の下痢など恐れずに「流水で10秒間方式」を続けてください。

まもなく風邪を引きにくい体になっていくことを実感できるはずです。

 

それでは、なぜ過度の手洗いは、感染症にかかりやすい状態をつくり出してしまうのでしょうか。

 

人間の皮膚には、表皮ブドウ球菌や黄色ブドウ球菌をはじめとする約10種類以上の「皮膚常在菌」という細菌がいて、私たちの皮膚を守ってくれています。

 

彼らは私たちの健康において、非常に重要な役目を担っています。

皮膚常在菌は皮膚から出る脂肪をエサにして、脂肪酸の皮脂膜をつくり出してくれているのです。

この皮脂膜は、弱酸性です。病原体のほとんどは、酸性の場所で生きることができません。

つまり、常在菌がつくり出す弱酸性の脂肪酸は、病原体が付着するのを防ぐバリアとして働いているのです。

 

皮膚を覆う弱酸性のバリアは、感染症から体を守る第一の砦です。

これがしっかり築かれていれば、病原体が手指に付着することを、それだけで防げるのです。

 

感染症を引き起こしやすい「キタナイ」状態になる

では、石けんで手洗いをするとどうなるでしょうか。

 

 

石けんを使うと、一回の手洗いで、皮膚常在菌の約90パーセントが洗い流されると報告されています。

ただし、1割ほどの常在菌が残っていれば、彼らが再び増殖し、12時間後にはもとの状態に戻ることもわかっています。

したがって、一日一回、お風呂に入って体をふつうに洗う、という程度であれば、弱酸性のバリアを失わずにすみます。

 

しかし、昔ながらの固形石けんでさえ、常在菌の約9割を洗い流してしまう力があるのです。

薬用石けんやハンドソープ、ボディソープなどに宣伝されているほどの殺菌効果が本当にあるのだとしたら、そうしたもので前述の手洗い法のように細部まで2回も洗い、アルコール消毒などしてしまえば、さらに多くの常在菌が排除されることになります。

 

しかもそれを数時間おきに行ってしまうと、どうなるかわかりますか。

わずかながら残されている常在菌が復活する時間さえ奪ってしまうことになるのです。

 

皮膚常在菌の数が著しく減ってしまうと、皮膚は中性になります。脂肪酸のバリアがつくられないからです。

脂肪酸のバリアのない皮膚は、要塞を失ったお城のようなものです。

外敵がわんさと襲ってきても、守る術を失えば、城は炎上します。

 

脂肪酸のバリアを失って中性になった皮膚には、外からの病原体が手に付着しやすくなります。

こうなると、手指から口に病原体が運ばれやすくなります。

 

洗いすぎると皮膚は感染症を引き起こしやすい、「キタナイ」状態になってしまう、というのはこういうことだったのです。

 

肌の乾燥は「季節」や「加齢」のせいではない

「最近、手や顔、体の洗いすぎによって皮膚病にかかる人が増えている」とは、皮膚科医たちの指摘するところです。

 

私たちの皮膚は、新旧の細胞がたえず入れ替わっていることで、正常な状態を保っています。

新しい細胞は皮膚の最奥で生まれ、古い細胞はどんどんと押し上げられ、最後は垢となって自然とはがれ落ちるようにできています。

その垢になる一歩手前の細胞が角質です。

 

角質は細胞としては死んでいますが、決して無用のものではありません。

角質細胞は密に手を組んで幾重もの層をつくり、ほこりやダニなどアレルギーを起こす原因物質(アレルゲン)や、病原体などが皮膚の深部へ入り込むのを防いでくれているのです。

つまり、皮膚の丈夫さは、角質層がきちんと形成されていることも大事なポイントです。

 

その角質層は脂肪酸の皮脂膜で覆われていることで、正常な状態を保つことができます。

角質層がバラバラにならないよう、皮脂膜が細胞どうしをつなぎとめているからです。

 

ところが、皮膚を洗いすぎると皮脂膜がはがれ落ちます。

すると、角質層にすき間が生じ、皮膚を組織している細胞がバラバラになっていきます。

こうなると、皮膚に潤いを与えている水分の多くが蒸発して、カサカサしてきます。この状態が乾燥肌です。

 

そんな状態の皮膚を、さらに石けんなどを使って洗えば、乾燥肌が進行して炎症を起こすようになります。

こうなると、肌がかゆくてしかたがなくなります。

この状態を「乾燥性皮膚炎」と呼びます。

また、ほこりやダニなどのアレルゲンが皮膚内に入り込み、強いかゆみや肌荒れを起こす「アトピー性皮膚炎」の原因にもなります。

 

肌が乾燥する原因の大半は洗いすぎ

皮膚常在菌のつくる皮脂膜は、天然の保湿成分です。

皮膚にとって、皮脂膜ほど肌によい・保湿剤・はありません。

こんなに大事なことも知らず、多くの人は、常在菌の築いてくれる皮脂膜を手洗いで落とし、人工的につくられた高価な保湿剤を塗っているのです。

 

それというのも、「冬の時期は乾燥する」「年齢による乾燥肌」などと、コマーシャルでは肌の乾燥を、季節や加齢のせいにしているからでしょう。

しかし、肌が乾燥する原因の大半は、洗いすぎです。

では、メーカーはなぜその真実を伝えないのでしょうか。

洗顔石けんなどの商品が売れなくなるからです。

また、肌に潤いを与える保湿剤や美容液は、基礎化粧品のなかでもっとも高価な商品でもあります。

 

だからこそ、私たち消費者が賢くなる必要があります。

「人も自然の生き物である」という原則に戻れば、自分の体がつくり出す皮脂膜ほど肌によいものはないとわかるはずです。

 

ちなみに、「弱酸性だから肌に優しい」というハンドソープやボディソープの宣伝文句もよく目にします。

皮膚が弱酸性なのは、皮膚常在菌が皮脂膜をつくり出してくれているからです。

洗浄力の強い石けんで洗えば、それがたとえ弱酸性であったとしても、結局は大事な常在菌や皮脂をはがしてしまいます。

つまり、「弱酸性だから肌に優しい」というのも「なんだかよさそう」と消費者にイメージさせる文言であり、正しい情報とはいえないのです。

 

「清潔」の意味を履き違えるな

もちろん私は「清潔にしてはいけない」と言っているのではありません。

身の回りや体を清潔に保つのはとても大事なことです。

 

現在、内戦の続くイエメンでは、伝染病のコレラが拡大し、2017年6月4日の朝日新聞による報道では、過去1カ月で約7万件の感染が報告され、うち600人近くが死亡したと伝えられています。

また、現地視察をしたユニセフ(国連児童基金)の担当者は「今後二週間で、新たな感染者の疑いは13万件に達するだろう」と報告しました。感染拡大の原因は、内戦により水道や衛生施設などのインフラが破壊され、衛生状態が悪化していることにあります。

 

衛生環境を整えることが、感染症予防の必須事項であることは、疑う余地のないことです。

実際、日本も近代に入って生活環境が清潔に整い、医学が発展したことによって、国民の平均寿命が延びました。

感染症で死亡する人が減ったためです。

 

しかし、現在の日本の清潔志向は、そうした「命を守るための衛生」から、大きくかけ離れたところにあります。

自らの肌を痛めつけてまで手を洗う意味がどこにあるのでしょうか。

 

石けんを頻繁に使う人ほど風邪を引きやすい

私も、石けんを使います。

ただ、それはお風呂に入ったとき、一日に一回きりです。

たまに手に見える汚れがついたときにも、石けんを使うことがあります。

けれども、帰宅時やトイレのあとに洗うのは、流水で10秒間だけ。

食事の前などは、手が特別に汚れていなければ洗いません。

だからといって、食中毒になることもなければ、風邪もめったに引きません。

 

反対に、石けんを頻繁に使う人ほど風邪を引きやすいのは事実です。

 

この本を企画してくれた編集者は、以前は一日に10回前後もハンドソープで手洗いをしていたといいます。

風邪を引くたびに、「手洗いとうがいこそが大事」と予防に熱心になっていきました。

それにもかかわらず、すぐに風邪を引いてしまい、困っていました。

そんなとき、偶然にも私の本を読んでくれたそうです。

 

その後、編集者は手洗いをやめました。

トイレのあとは、とくにゴシゴシと手を洗っていたそうですが、流水だけにしました。

たとえ大便に触って大腸菌がついてしまったとしても、流水で洗えば落とせるのです。

 

「藤田先生のおっしゃるように手洗いは水で10秒間だけにし、うがい薬も使うのをやめたら、風邪をめったに引かなくなりました」

と、編集者は話しておられました。

 

「清潔」の意味を履き違えてはいけません。

現在では、きれいな環境がよいという考えが行きわたりすぎて、私たちを守っている常在菌まで排除するようになっています。

それが結果的に風邪を引きやすく、アトピーなどのアレルギー疾患をつくり出すようになっています。

 

一方、内戦の続くイエメンのような衛生環境の破綻している場所では、今すぐにでも石けんによる手洗いが必要です。

日本の各家庭にストックされた薬用石けんすべてと、清潔な水を十分に現地に送ってあげることができれば、たくさんの命が救われることでしょう。

イエメンではそれが「命を守るための衛生」になります。

 

しかし、衛生環境の整った日本では、石けんで過度に手洗いをすることは、かえって「キタナイ」状態をつくり出し、病気になりやすい体を自ら築き上げてしまうことになるのです。

 

 








          たきがみ博士の想い

 

誰でも、自分の中に伝統がある。自分が経験したすべての過去の累積、それが”いま”のわたし。

過去とは思いだすこと、現在(いま)は過去の必然、そして、未来は想い、選択すること。

いまは、変えられない。

しかし、人には明日があり、未来がある。明日は、こうありたいと想いを持つことができる。

 

すてきな明日に向かって、”これからへの想い”を具体化するJourney、しっかり楽しみたいと思います。

そして、”いま、ここ”を丁寧に活きる。

みずからの人生の軌跡を、すてきな笑顔でみつめるために。

 

旬(ときめき)亭 亭主 たきがみ博士
  たきがみ博士


旬(ときめき)亭へのアクセス


 

 

 044-955-3061

 tokimeki@terra.dti.ne.jp

 

 旬(ときめき)亭 亭主  たきがみ博士



 

神奈川県川崎市麻生区

百合丘1-5-19 

   YDM百合ヶ丘ビル 5階

 



☆他人に期待すれば不満になり、

  自分を信頼すれば自信になる 

☆人間関係とは、他人を通して自分自身

  との付き合い方を学ぶ機会なり 

☆自分の短所を受け入れるとき、

  自分らしさという魅力が生まれる 

☆最も空しい人生とは、

  すべてが思い通りになる人生である 

☆幸せは得るものではなく、気付くもの


☆樹木は、上に伸びる前に下に伸びる 

☆他人との対立は、

  自分の心の中の対立に過ぎない 

☆幸せだから感謝するのではなく、

  感謝するから幸せを感じる 

☆孤独を知らなければ、

  本当の繋がりが分からない 

☆内側から生まれてくる至福は、

  失うことがない


天城流湯治法の天健躰操 【始動法】

寝る前、起きた時 3ポーズで5分間

肩こり、腰痛・しびれから解放