心臓発作                         Dr. Mercola


心臓発作は突然起こることがあります。

症状は共通しており、多くの人はすでに発作が起きていることに最初は気づきません。

時としては一つの症状しかなく、心臓発作の診断を困難にします。

 

心臓発作のときいったい何が起こっているのでしょうか。

 

 

心臓発作とは何か

心臓は適度な量の酸素さえ供給されている限り体から取出しても機能し続ける格別な器官です。

全身に血液を吐出するために絶え間なく働かなければならないものです。

 

心臓が十分に酸素を吸収した血液を受け取ることが致命的に重要で、これが不足すると心筋は死にます。

血液供給の損失は冠動脈に付着物が堆積して、心臓への血流を阻止すると発生します。

付着物はコレステロール、脂肪系の物質、細胞老廃物、カルシウムや線維素から成っています。

 

付着物が冠動脈に堆積すると、冠動脈痙攣や動脈硬化につながり、これが心筋を硬直化し、堆積物が破裂したときに血栓を発生させます。

動脈硬化が冠動脈心疾患につながり、これが心臓発作を引き起こします。

 

米国心臓学会によると心臓発作は一般には虚血性心疾患として知られている心臓の動脈狭窄のために血流が心臓まで届かないので発生します。

 

心臓発作と心不全の相違

これらは同じものと誤解している人が多いので、心臓発作と心不全の違いを知ることは重要です。

心不全は心臓の電気的機能障害が原因で発生し、心拍異常を引き起こし、通常の場合前兆なく発生します。

 

心不全は心筋症すなわち心筋が分厚くなっていること、心臓まひ、不整脈、QT延長症候群、心室細動などの異なる健康上の原因で発生します。

心臓発作は心不全リスクを高めると同時に、その一般的原因です。

 

心臓発作で何が起きるのか

心臓発作のとき何が起きているかを想像しようとしてみたことがありますか。

心臓発作が起こっている間身体では何が起きているのか、また付着物がこの致命的状態において演じている役割を掘り下げます。

 

心臓が長年付着物を堆積し続けてきた場合、血流を妨害するほど厚くなります。

一本の冠動脈が心臓に血液を送れなくなると別の冠動脈が広がって機能しなくなった動脈の役割を補うので、血流が狭窄していることにはあまり気が付かないことが多いのです。

 

付着物は繊維質の表面で覆われており、内部は脂肪分なので柔らかいです。

冠動脈内の付着物が破裂すると、脂肪系の物質が露出します。

血小板が付着物に集中し始め、かさぶた状になります(切り傷や裂傷を負ったときと同じ状況)。

 

こうしてできたかさぶたが血流を妨害する主要な原因になります。

心臓は酸素が豊富な血液を受け取ればなくなり、神経系がここで発生したことについて脳に信号を直ちに送ります。

汗が出始め、脈拍数が高まります。吐き気や虚弱感さえ感じることもあります。

 

神経系が脊髄に信号を送るに伴い、体の他の部分が痛み始めます。

胸がひどく痛み始め、これがじょじょに首、顎、耳、腕、手首、肩甲骨、背中、さらには腹部にまで広がっていきます。

心臓発作患者は体験した痛みは胸が痙攣するようで、数分から数時間は続くことがあるとだと言います。

 

適正な処置を直ちに行わないと心臓の組織は壊死します。

心臓が完全に停止した場合、脳細胞は3~7分以内に死にます。

直ちに処置した場合、心臓は治癒し始めますが、損傷した組織は再起不能なのでずっと血流は遅いままになります。

 

心臓発作のリスク要因

年齢45歳以上の男性、55歳以上の女性でこのリスクが高いです。

 ・タバコ

 受動的にタバコの煙を吸わされると心臓血管病のリスクが高まります。

 

 ・高コレステロール濃度

 トリグリセリド濃度が高く、高密度リポタンパク質(HDL)の濃度が低いと心臓発作のリスクが高いです。

 糖尿病、特に、処置されずに放置された場合

 

 ・心臓発作の家系

  家系に心臓発作を起こした人がいればあなたもそうなる可能性が高いです。

 

 ・座りがちな生活

  肉体的に不活発であると悪玉コレステロール濃度が増え、付着物を形成しやすくなります。

 

 ・肥満

  10%減量すると心臓発作のリスクも下がります。

 

 ・ストレス

  ドイツの研究者はストレスの下では白血球数濃度が増加することを発見しました。これが動脈硬化や付着物の破裂リスクを高めます。

 

 ・違法薬物の使用

  コカインやアンフェタミンを使用すると冠動脈の痙攣につながります。

 

 ・子癇前症の既往症

  妊娠中に高血圧を経験した方は心臓発作のリスクが高いです。

  自己免疫性疾患の既往症、例えば、リューマチ性関節炎や紅斑性狼瘡など。

 

これらのリスク要因のうちいずれかをお持ちの場合、医師に相談して心臓発作その他心臓血管疾患の予防措置を維持するようにお勧めします。

 

心臓発作の兆候と症状

心臓発作の症状があまりはっきりとは出ないか全くない人もおり、これは無症候性心臓発作と呼ばれます。

糖尿病の人にたいていの場合発生します。

 

心臓病関連で早死にしないようにするため、この致死性疾患のその他の症状についても注意を払ってください。

 

胸の痛みや不快感.心臓発作が起こるとき最もよく見られる症状です。

人によりけりですが、突然激痛が走ったり、穏やかな痛みしか感じなかったりする場合があります。

これは数分または数時間継続する場合があります。

 

 ・上体の不快感

  腕、背中、顎、水落の辺りに苦痛や不快感を感じる場合があります。

 

 ・息切れ

  人によってはこの症状しか出ない場合があるか、胸の痛みが伴う場合もあります。

  

 ・冷や汗,、吐き気、嘔吐、急性の眩暈。これらの症状は女性に最もよく見られます。

 

 ・異常な倦怠感

  理由もなくくたくたに感じたり時には数日間この状態が続くこともあります。

 

こうした症状のうちいずれかまたは複数が出る高齢者は、加齢のせいだと思い込んで、気にしないことが多いものです。

しかしこれらの症状のうちいずれかまたは複数が出たら直ちに救急車を呼んでもらうことです。 

 

心臓発作の予防策

大部分の心臓血管病は予防できます。

心臓発作その他心臓病を予防するために以下のライフスタイルをお勧めします。

 

1. 健康な食品を取る

心臓に健康な食事とは脂肪やコレステロールを全く取らないことを意味していません。

一般に信じられているのとは裏腹に、飽和脂肪酸や高分子のふわふわ状低密度リポプロテイン(LDL)は、身体のための自然なエネルギーなので実際には体のためになります。

 

加工食品、精製された炭水化物、糖分(特に果糖)、トランス脂肪酸を、消費しないことです。

これらは「小さい」LDLを増加させ付着物の形成に寄与するからです。

 

以下の健康な食事戦略をお勧めします。

 ・新鮮な有機系未加工食品のみ取る

 ・果糖の消費を1日に25グラムに抑える。

  糖尿病、高血圧の方やインスリン耐性がある方の場合、一日の果糖消費量を15 g以下に抑えてください。

 ・人工甘味料を避ける

 ・食事からグルテンその他のアレルギー性食品をなくすこと

 ・乳製品や野菜の漬物など自然発酵食品をより多く摂る。

 ・オメガ3対オメガ6脂肪酸の比率のバランスを維持する。

  これには野生のアラスカシャケやクリルオイルのサプリをお勧めします。

 ・純水のみを常備する

 ・牧場で飼育された家畜やクリルオイルから高品質の飽和脂肪酸と一価不飽和脂肪酸を摂る

 ・高品質のプロテインを有機飼育された家畜から摂る

 

健康な食事をするだけでは心臓発作を防止するために十分ではないこともあります 。

食事の頻度も大切なことを念頭に置いてください。

以上のことを念頭に置いて、間歇的な断食で8時間何も食べないことによる日常の食事の制限をお勧めします。

こうすると身体を再プログラムし、脂肪を代謝して力に変える方法を身体が覚え始めます。

 

2. 定期的に運動しましょう

健康な食事に切り替えると同時に一週間に2.5時間以上は運動することは欠かせません。

間隔をおいて集中的なトレーニングを行うことをお勧めします。

これなら心臓だけではなく全身の健康やウェルネスにもメリットがあります。

最善の結果を出すには毎回の動作後に休憩することです。

 

3. 禁煙

米国CDC(疾病対策センター)は禁煙を心臓発作につながる心臓血管病の予防のための方策として追加しました。

喫煙で血管が狭まり分厚くなります。

また血栓にもつんがあり、これが心臓への血流を阻害することになります。

 

4. 禁酒

アルコールは中身のないカロリーだけで実際に太らせるだけです。

飲酒で脂肪やカロリーの代謝が阻害されます。

その結果、食べたばかりの食事が脂肪として体内に蓄積されます。

アルコールは前頭前野を損傷し、これが大食最適な健康を維持するため、生活からすべての形態のアルコール摂取を解消することをお勧めします。 

 

5. できる限り座らない

長時間座っていると肺がんリスクは50%、2型糖尿病リスクは90%高くなるなど健康を害する影響があります。

活発なライフタイルを家でも仕事でも維持するため、毎日7,000~10,000歩のウォーキングをお勧めします。

JawboneのUp3といったフィットネスメーターを使うと一日中の運動量を追跡できます。

 

6. ビタミンDのレベルを最適化

ビタミンDのレベルを毎年検査してもらうことは重要です。

このビタミンが欠乏すると心臓発作リスクが50%高まります。

その健康へのメリットを得るために、40 ng/mlすなわち5,000~6,000 IUを毎日取ってください。

一部の食品やビタミンD3サプリもよい摂取源としてお勧めできますが、ビタミンDの最適な摂取源として日光に当たることを大いにお勧めします。

 

7. 接地を試す

裸足で歩くと強力な抗酸化剤である遊離電子が地面から体内に転移します。

接地はさらに血液をさらさらにし、マイナスイオンが体に満たされるので、全身の炎症を抑えます。

 

8. ストレスから解放

mBioに発表された研究によると、ストレスを受けると体がノルアドレナリンを生成します。

このホルモンは付着物の破裂につながる細菌性生被膜の拡散を促します。

 

 

心臓を健康に維持すると生活がより楽しく充実するようになります。

以上の満喫型で常識的戦略を行って心臓発作を防止し、心臓血管系が最善に機能し続けるようにしましょう。

 



心臓発作を防ぐ                     Dr. Mercola


心臓病は、男性と女性の両方で主要な死の原因となっており、毎年約100万人の生命が奪われます。

心臓病で最多のものは冠動脈疾患(CAD)です。

心臓発作に結びつくおそれがあります。

 

本年だけで、920,000人に心臓発作が起こり、そしてその半分近い事例が、まったく前触れなしで急に生じるのです。

 

あなたの心臓の一部への血流が閉鎖されてしまう場合、心臓発作が生じます。

これは多くの場合、動脈の内部のプラーク強化の結果(アテローム性動脈硬化症)です。

これは、破裂し血流を閉鎖する凝血を形成してしまいます。

 

閉鎖状態を速く取り除かなければ、心筋の一部が死に、瘢痕組織になり始めます。

これは以後に深刻な問題を引き起こすおそれがあります。

 

例えば、前に心臓発作(特に大きなエリアが被害を受けた場合)は、突然の心停止の危険因子です、 これは異常な心拍によって引き起こされ、致命的ともなりえます。

 

心臓発作を防ぐ5つのライフスタイルの変更

心臓発作は非常に一般的で、多くの痛み(情緒的・物理的な)およびさまざまな著しい障害を引き起こします。

しかしほとんどが、常に 予防可能なのです。

心臓病(また心臓発作の危険にライフスタイルが役割を果たすことに、恐らく多くの人が既に気づいています。

しかし、まだそれを心に留めていないだけなのです。

 

モチベーションを必要とする場合、カロリンスカ研究所の最近の研究について考えてみてください。

この研究は、5つの健康的なライフスタイル習慣を作ることが初めての心臓発作のほぼ80パーセントを防ぎうるという結果を出しました。

 

不運にも、ほとんどの人はライフスタイル習慣がもたらすこうした利点を活用して いません 。

ある注目された研究では、45歳から79歳までで、心臓発作を防ぎうる「低リスクの」行動の5つすべてを行っていた人のは1パーセントにすぎませんでした。

では5つの健康的なライフスタイル習慣とはどのようなものでしょうか。

 ・健康的な食事

 ・身体をアクティブに動かす(歩行またはサイクリングを40分/日以上、および1時間/週の運動)

 ・健康なウエストサイズ(ウエスト円周95cm以下あるいは37.4インチ以下)であること。

 ・適度なアルコール消費にとどめる(10~30g/日)

 ・喫煙をしない

 

あなたの心臓にとって健康的な食事とはどのようなものですか

ポピュラーな誤解に反して、精製された炭水化物、精製された砂糖および 加工食品 こそが、実際の敵でした。

バター、豚脂あるいは卵のような食材の飽和脂肪ではありませんでした。

脂肪についての誤解や混乱の一部は、しばしば「悪玉」コレステロールと呼ばれていた、 LDLコレステロールが中心です。

従来の見方では、LDLが高いことが心臓病につながり、また、飽和脂肪は、LDLを増加させる傾向があるということでした。

 

しかしながら、現在では、粒子状物質であるLDLコレステロールには、2つの種類があることがわかっています

 ・小さく濃密なLDLコレステロール

 ・大きく、「けばのある」LDLコレステロール

後者は全く「悪くありません。」

研究では、大きなLDL粒子状物質が 心臓病の一因とならないことが確認されました。

しかしながら、小さく濃密な粒子状物質のLDLは、動脈のプラークの強化を引き起こし、また、トランス脂肪は小さく濃密なLDLを増加させます。

他方では飽和脂肪は、大きく、けばがある(かつ良性である)LDLを増加させるだけです。

 

より重要なことは、研究では、パン、ベーグルおよび清涼飲料のような、 精製された砂糖および炭水化物を食べることにより、小さく濃密なLDL粒子状物質が増加することをさらに示しました。

トランス脂肪および精製された炭水化物はともに、飽和脂肪より、はるかに多くのリスクが生じます。

 

不運にも、コレステロール仮説が人口に膾炙した時、食品産業は、低脂肪食品を提案し、バターおよび豚脂のような健康的な飽和脂肪から、有害なトランス脂肪(植物油、マーガリンなど)への切り替えを進めました。

そして 多くの 精製された砂糖および処理された 果糖液糖(フルクトース)が使われるようになりました。

 

心臓にとって本当に健康的な食事プラン

心臓にとって本当に健康的な食事を摂るなら、加工食品をすべて除去し、トランス脂肪を回避する必要があります。

さらに、インシュリンおよび レプチン抵抗 Ⅱも対処する必要があります。

これは砂糖や穀物を多く食べすぎる結果として起こるものです。

 

心臓病の危険を低下させるために、次の提案を心がけてください。

 1.砂糖、精製された果糖および穀物を避けてください。

  これは事実上ほとんどの加工食品を避けることを意味します。

 

 2.理想的には、有機栽培の自然食品を使った健康的な食事を摂り、 穀物や炭水化物ではなく次のものに替えてください。

 ・多くの野菜

 ・低量から中量の高品質たんぱく質(有機農法で-放牧された畜産品)

 ・高品質の健康的な脂肪(動物および熱帯植物の飽和脂肪および一価不飽和脂肪)

  ほとんどの人は、健康のために 50-85パーセント 以上の割合の脂肪を食事で必要としますが、これは現在一般に推奨された

  10パーセントとはかけ離れています。

  

健康的なに追加したい、健康的な脂肪を含む食品には次のものがあります。

 ・アボガド

 ・牧草で育てた牛から絞った、グラスフェッドの生乳から作ったバター

 ・生乳や新鮮な乳製品

 ・有機放牧された卵黄

 ・ココナツと ココナツオイルl

 ・非加熱の有機落花生油

 ・アーモンド、ピカン、マカダミアおよびシードのような生のナッツ

 ・牧草で育てた畜肉

 

さらに心臓の健康には オメガ-3 とオメガ-6のの理想的な比率の平衡を保つことは重要です。

これらの脂肪酸は血液をさらさらにする、プロスタサイクリンを作る動脈の細胞を構築することを促進します。

オメガ-3不足 は精神にも肉体にも非常に重大な健康問題を引き起こすあるいは悪化させるおそれがあり、毎年96,000名の若年死の重要な要素かもしれません。

 

ほとんどの植物油を避け、天然の魚の油(鰯やアンチョビなど)の摂取量を増やす、あるいは高品質のクリル油サプリを摂ることをお勧めします。

 

心臓のためには、多く果物を食べるべきですか

スペインのバルセロナESC会議で本年発表された研究では、毎日果物を食べた人は食べていなかった人々より、心臓病の危険が40パーセント低く、および任意の原因の死亡の危険が32パーセント低いことがわかりました。

 

さらにより多くの果物を食べるほど、心臓病の危険がより低くなっていました。

果物は、抗酸化物質、ビタミン、無機質および他のファイトケミカルに飛んでいます。

これらの多くは心臓にとっても健全な抗炎症作用を持っています。

例えば、 British Medical Journal (BMJ) で公開された研究で、1日当たりりんご1つを食べるだけで、毎日のスタチンを服用するのと同程度の効果があり、50才以上で心臓血管に関連する死を防げるかもしれないことが分かりました。

 

しかしながらあまりにも多くの果物を食べること、特に今日のより甘い果物への警告は必要です。

果物で見つかった最も有益なファイトケミカルの多くは苦み、酸味(すなわち収れん味)を持っています。

また多くは種と皮で見つかります。

 

現代の味の好みを満たすために、農業では甘い変種を品種改良することを選んできました。

したがってあまり栄養にならない果物も増えたのです。

にもかかわらず、有機りんご、ブルーベリーあるいはさくらんぼなどのように十分に注意して選んだ果物は、確かに有益性があります。

 

果物は、様々な量の果糖を含んでいます。

また、 心臓を守るため過剰な果糖(フルクトース)を避けてください。

 

果物(また果糖消費)についての私からの推奨は以下のとおりです。

インシュリンまたはレプチン抵抗性がある場合、(肥満、糖尿病、高血圧、あるいは高コレステロールの場合)、これはアメリカ人の約80パーセントが該当しますが、果物摂取量を制限することが望ましいでしょう。

概して、 皮ごとの果物を含め あらゆる食材からの果糖を1日当たり最高15グラムの果糖に制限することを推奨します。

一般的な果物の果糖レベルのチャートをこちらに掲載しています。

 

インシュリン/レプチン抵抗性が ない 場合、(糖尿病、高血圧症あるいは高コレステロールでなく標準体重である)、また定期的に活発に身体を動かすか、あるいは肉体労働を行っている場合、恐らく果糖を多少摂取しても健康問題を引き起こしません。

この場合、あまり心配せず、より多くの果物を食べてもかまいません。

 

ただし、上記の2番目のカテゴリーにあてはまる場合、より細かい検討が必要となります。

果物は血糖値を増加させ、多くの専門家が、血糖上昇がたんぱく質の糖化(糖鎖の形成)を増加させるとしています。

したがって、私のアプローチは体が糖を燃料として使用できるよう、運動の後に果物を典型的に摂取することです。

 

さらに、耐久スポーツの選手ならば、多くの果物を食べても、体が 運動の間にほとんどのブドウ糖を消費するため、脂肪として蓄積されません。

(ただし、スポーツ選手でも、手軽な等ではなく 脂肪 に適応することを推奨します)。

 

どれくらい果糖を制限する必要があるかについてさらに確認する場合は、 尿酸値 をチェックして、ガイドとしてそれを使用してください。

 

糖尿病薬にようr心臓病の危険の増加

メトホルミン(体の組織をインシュリンにより敏感にする薬)は市場に出ている最も一般的な糖尿病薬の1つです。

しかしながら、新しい研究では、甲状腺機能が低下した人の間で、メトホルミンの使用が、甲状腺刺激ホルモン(TSH)レベル低下リスクが増加したことが示されました。

 

TSHレベルが低くなりすぎると、心房細動のような心臓の病気を含め、深刻なダメージに結びつくおそれがあり、うっ血性心不全につながるおそれもあります。

別の研究では、血糖値を下げる2型糖尿病薬は、実際に心臓関連、また他のすべての原因による死の危険を「増加させる」可能性を示しました。

 

研究者は次のことに注意しました。

「このメタ分析の全体的な結果では、すべての原因あるいは心臓血管の疾患による死亡率を低下させるうえで総合的な血糖値下降の有益性が示されませんでした。

すべての原因による死亡率が19%増加し心臓血管による死亡率の43%の増加は見過ごすことはできません。」

 

2型糖尿病を薬なしで症状を抑えることは簡単です。

したがってこれらの危険は典型的には不必要です。

短縮バージョンとしては、加工食品を控え、砂糖と糖を生ずる炭水化物が少ない、皮を含む有機食品を摂りましょう。

また定期的に数分高い強度の運動をすることとあわせて、糖尿病の症状を抑えることができます。

 

心臓発作にならないために

心臓発作にならないために、心臓病の危険を除去するためには、多くの戦略があります。

心臓病の最も一般的な症状が突然の発作です。

心臓発作の症状 が突然起こり、問題を持っていることを知る前に死ぬことは避けてください。

 

永続的なダメージも防ぐために今すぐ対策を取りましょう。

加工されていない動物性の飽和脂肪を食べましょう。

これらの脂肪は有益性があります。

メディアの一般論は誤っています。

さらに健康的な脂肪を毎日のカロリーの50-85パーセントに増加させることも推奨されます。

 

インシュリンおよびレプチン抵抗性を持っている場合加工処理された果糖液糖(フルクトース)および穀物を含む糖類は、すべて回避してください。

糖類の多い食事はインシュリンおよびレプチン抵抗を増進させてしまうため、たとえそれが伝統的な食品でも、有機的食品でも変わりません。

それは心臓病の主要な要因です。

 

健康的な食事に加え、身体活動として、定期的に運動をしましょう。

皮ごと使う、できれば有機食材は、コレステロール降下剤と同じくらい(それ以上強力ではないにしても)効果が期待できるかも知れません。

高い強度のインターバルトレーニング、筋力トレーニング、ストレッチおよび体幹を鍛える運動を組み合せてください。

座りぱなしの状態を避けてください。

1日に3時間以内着席を続けないことを目指しで、1日当たり(運動を除き)10,000歩歩いてください。

 

薬の副作用が多く有益性が疑問視されるスタチンは避けてください。

私の見解では、典型的には、コレステロールを低下させる薬物が効果を持つただ一つのグループは、遺伝的な家族性高コレステロール血症の場合のみです。

これは、異常な高コレステロールになることが特徴で、食事やと運動のようなライフスタイル戦略でも改善されないことが多い症状です。

 

ビタミンDレベルを最適化し、適切な日光浴か、日焼けベッドを使うか、あるいは最後の手段として、ビタミンD3を服用しましょう。

地面とでアースするために規則的に 素足で 歩いてください。

素足で地面に触れると、体の中に自由電子が移転されます。

また、このアースの効力は私たちが知っている最も有力な抗酸化作用のうちの1つで、体の全体にわたって炎症を緩和するのを支援します。

 

毎日のストレスを管理してください。

 








          たきがみ博士の想い

 

誰でも、自分の中に伝統がある。自分が経験したすべての過去の累積、それが”いま”のわたし。

過去とは思いだすこと、現在(いま)は過去の必然、そして、未来は想い、選択すること。

いまは、変えられない。

しかし、人には明日があり、未来がある。明日は、こうありたいと想いを持つことができる。

 

すてきな明日に向かって、”これからへの想い”を具体化するJourney、しっかり楽しみたいと思います。

そして、”いま、ここ”を丁寧に活きる。

みずからの人生の軌跡を、すてきな笑顔でみつめるために。

 

旬(ときめき)亭 亭主 たきがみ博士
  たきがみ博士


旬(ときめき)亭へのアクセス


 

 

 044-955-3061

 tokimeki@terra.dti.ne.jp

 

 旬(ときめき)亭 亭主  たきがみ博士



 

神奈川県川崎市麻生区

百合丘1-5-19 

   YDM百合ヶ丘ビル 5階

 



☆他人に期待すれば不満になり、

  自分を信頼すれば自信になる 

☆人間関係とは、他人を通して自分自身

  との付き合い方を学ぶ機会なり 

☆自分の短所を受け入れるとき、

  自分らしさという魅力が生まれる 

☆最も空しい人生とは、

  すべてが思い通りになる人生である 

☆幸せは得るものではなく、気付くもの


☆樹木は、上に伸びる前に下に伸びる 

☆他人との対立は、

  自分の心の中の対立に過ぎない 

☆幸せだから感謝するのではなく、

  感謝するから幸せを感じる 

☆孤独を知らなければ、

  本当の繋がりが分からない 

☆内側から生まれてくる至福は、

  失うことがない


天城流湯治法の天健躰操 【始動法】

寝る前、起きた時 3ポーズで5分間

肩こり、腰痛・しびれから解放