心の岩戸を開く                         斉藤 一治


がんになったら お笑い神事

がんになりたくなかったら お笑い神事

 

自律神経には、交感神経と副交感神経とがあります。

笑いますと、副交感神経が優位になり、 心身の緊張がほぐれ、 唾液の分泌が増え、 消化器官・泌尿器官などの内臓の作用が活性化され、 

NK細胞が活性化し、 がんの素を破壊して、がんの進行を抑制していることが判明しています。

 

交感神経が優位になりますと、緊張し、活動的となりますので、昼向きの神経です。

エネルギー消費型です。 

アドレナリンが副腎の髄質から分泌されます。

 

一方、副交感神経が優位ですと、弛緩し、休養志向となり、夜型の神経と言えます。

エネルギー生産型です。 

アセチルコリンが副腎の皮質から分泌されます。

 

このように、私たちの生理機能が自律神経のバランスで維持されていることを発見しましたのがアメリカの生理学者キャノン博士です。

同博士は、このシステムを「ホメオスターシス(恒常性維持機能)」と命名しました。 

これこそ、自然治癒力です。

 

結果として「病氣」は「氣の病」であることを証明しました。

ストレスが解消されないまま、大量に継続的に「不快刺激」が与えられますと、 交感神経が優位となり、緊張の連続となり、副交感神経が押さえ込まれてしまいます。

 

これが原因で、活性酸素が暴れて、我が身を傷付け、これが炎症となります。 

これの代表的なものが、がん細胞です。

 

これに対し、 

 ・笑う

 ・感謝する

 ・愛する

 ・明朗になる

 ・素直になる

 ・相手を許す

 ・生きがいを持つ

 ・趣味を楽しむ

 ・心静かに祈る

などして前向きの明るさを取り戻し、副交感神経を激励して差し上げましょう。

 

更には、 

 ・恐れない

 ・クヨクヨしない

 ・怒らない

 ・妬まない

 ・憎しみを捨てる

 ・悪口言わない 

 ・不足不満を持たない

 ・強い責任感を避ける

などで緊張を解してリラックスしていただき、副交感神経を応援申し上げましょう。

 

これに穀菜食で自然本来の「氣」を摂り込んでいきますと、まさに「鬼に金棒」です。

 

これでガンを予防し、 がんを克服することができます。

直すのは自分であり、 自分の「ホメオスターシス(恒常性維持機能)」すなわち「自然治癒力」です。

 

本当の自分を愛し、自然治癒力を信じ、 「心の岩戸」を開きましょう。

               








          たきがみ博士の想い

 

誰でも、自分の中に伝統がある。自分が経験したすべての過去の累積、それが”いま”のわたし。

過去とは思いだすこと、現在(いま)は過去の必然、そして、未来は想い、選択すること。

いまは、変えられない。

しかし、人には明日があり、未来がある。明日は、こうありたいと想いを持つことができる。

 

すてきな明日に向かって、”これからへの想い”を具体化するJourney、しっかり楽しみたいと思います。

そして、”いま、ここ”を丁寧に活きる。

みずからの人生の軌跡を、すてきな笑顔でみつめるために。

 

旬(ときめき)亭 亭主 たきがみ博士
  たきがみ博士


旬(ときめき)亭へのアクセス


 

 

 044-955-3061

 tokimeki@terra.dti.ne.jp

 

 旬(ときめき)亭 亭主  たきがみ博士



 

神奈川県川崎市麻生区

百合丘1-5-19 

   YDM百合ヶ丘ビル 5階

 



☆他人に期待すれば不満になり、

  自分を信頼すれば自信になる 

☆人間関係とは、他人を通して自分自身

  との付き合い方を学ぶ機会なり 

☆自分の短所を受け入れるとき、

  自分らしさという魅力が生まれる 

☆最も空しい人生とは、

  すべてが思い通りになる人生である 

☆幸せは得るものではなく、気付くもの


☆樹木は、上に伸びる前に下に伸びる 

☆他人との対立は、

  自分の心の中の対立に過ぎない 

☆幸せだから感謝するのではなく、

  感謝するから幸せを感じる 

☆孤独を知らなければ、

  本当の繋がりが分からない 

☆内側から生まれてくる至福は、

  失うことがない


天城流湯治法の天健躰操 【始動法】

寝る前、起きた時 3ポーズで5分間

肩こり、腰痛・しびれから解放