幸せは「腸」から作ろう                     吉冨 信長


いわゆる5月病とは、春から夏に変わるこの季節において、気候や環境の変化などにより、心身のバランスが乱れやすくなることによって不安定な精神状態に陥る症状です。

 

このときセロトニンの分泌も減っています。

セロトニンはよく幸せホルモンと呼ばれますが、幸せを感じる「脳」では実は全体の2%しかセロトニンが生成されません。

 

全体の90%以上のセロトニンが実に「腸」で生成されています。

腸クロム親和性細胞から前駆体の5-HTが生成され、そこからセロトニンへと合成されていきます。

このセロトニンは基本的には腸のぜん動運動を促進させます。

まり便秘な人は腸でのセロトニン合成能が低い可能性が考えられます。

 

さて、腸で作られるこのセロトニンはそのまま脳には届きません。

なぜなら、血液脳関門を通り抜けることができないからです。

よって、脳では、届いたトリプトファンというアミノ酸がセロトニンに代謝されることで維持されています。

 

それでは、腸でセロトニンを作っても、脳に届かないのならあまり意味ないのではないかと思うかもしれません。

 

ところが、最近の研究では、腸で作られたセロトニンは、腸から脳に伝わる神経系を通して、脳に幸せ感を働きかけることがわかっています。

つまり、脳で幸せを感じているのは、多くが腸から伝わったものだと考えられるのです。

 

しかし、腸内環境が悪いと、セロトニンのレベルが低くなるという発表がたくさんあります。

ここでいう腸内環境とは大腸の腸内細菌叢のバランスと思ってください。

悪玉菌が多い腸内環境ではセロトニンレベルが低くなるのです。

 

動物実験でも、腸内細菌のいない無菌マウスや、病原菌の多いマウスでは、腸内細菌が正常なマウスに比べて、脳内のセロトニン濃度が有意に低かったのでした。

 

こうして、腸内環境を整えることは消化機能の正常化だけでなく、私たちの感情にも大きく影響します。

 

大腸の腸内環境を整えていくには、水溶性食物繊維、ビフィズス菌や乳酸菌、ナイアシン、ポリフェノール(腸内細菌のエサとなることがわかっている)などを日々摂取していくことです。

いっぺんに多量にとっても意味がありません。

少量でいいので、日々習慣化していくことです。

 

幸せは、まずは腸から作っていきましょう。

 

 

 








          たきがみ博士の想い

 

誰でも、自分の中に伝統がある。自分が経験したすべての過去の累積、それが”いま”のわたし。

過去とは思いだすこと、現在(いま)は過去の必然、そして、未来は想い、選択すること。

いまは、変えられない。

しかし、人には明日があり、未来がある。明日は、こうありたいと想いを持つことができる。

 

すてきな明日に向かって、”これからへの想い”を具体化するJourney、しっかり楽しみたいと思います。

そして、”いま、ここ”を丁寧に活きる。

みずからの人生の軌跡を、すてきな笑顔でみつめるために。

 

旬(ときめき)亭 亭主 たきがみ博士
  たきがみ博士


旬(ときめき)亭へのアクセス


 

 

 044-955-3061

 tokimeki@terra.dti.ne.jp

 

 旬(ときめき)亭 亭主  たきがみ博士



 

神奈川県川崎市麻生区

百合丘1-5-19 

   YDM百合ヶ丘ビル 5階

 



☆他人に期待すれば不満になり、

  自分を信頼すれば自信になる 

☆人間関係とは、他人を通して自分自身

  との付き合い方を学ぶ機会なり 

☆自分の短所を受け入れるとき、

  自分らしさという魅力が生まれる 

☆最も空しい人生とは、

  すべてが思い通りになる人生である 

☆幸せは得るものではなく、気付くもの


☆樹木は、上に伸びる前に下に伸びる 

☆他人との対立は、

  自分の心の中の対立に過ぎない 

☆幸せだから感謝するのではなく、

  感謝するから幸せを感じる 

☆孤独を知らなければ、

  本当の繋がりが分からない 

☆内側から生まれてくる至福は、

  失うことがない


天城流湯治法の天健躰操 【始動法】

寝る前、起きた時 3ポーズで5分間

肩こり、腰痛・しびれから解放