干し野菜


風味が凝縮される「干しにんにく」

 

1. 皮をむいて、スライスします。

2. 水分を拭き取り、半日から2日程度しっかり乾燥させます。

3. 冷蔵庫で保存し、1週間~10日を目安に使いきって下さい。

 

カラダぽかぽかの素「干ししょうが」

1. 水でしょうがの表面を濡らし、スプーンで皮をそいでいきます。全ての皮をそいだらスライスします。

2. 水分を拭き取り、半日から2日程度しっかり乾燥させます。

3. 冷蔵庫で保存し、1週間~10日を目安に使いきって下さい。乾燥が少ないとカビが生えることがあるので注意しましょう。

固めに仕上がりますので、しょうが湯やお料理のだしとして使うのがおすすめです。

 

「三つ葉・細ネギ・パセリ」

洗って十分に水分を切り、カットしたら冷蔵庫の野菜室でないところにラップをかけずに干しておきます。カラカラになったら出来上がりです。お味噌汁や料理の仕上げにサッと使える便利な干し野菜です。

三つ葉・細ネギ・パセリ

 

香り豊かな干しきのこ

きのこは食物繊維、ビタミンB類、ビタミンD、ミネラルなどの栄養素を豊富に含んだ低カロリー食品。中でもしいたけは天日に干すことでエルゴステロールという成分がビタミンDに変化します。

【干し方】 石づきを取り除いて手でほぐし、2時間~半日ほど天日で干します。クシャッとシワがよったら完成の目安。急ぐ場合は小分けにしてから干すと早く乾燥します。

【保存・賞味期限】 冷蔵庫保存で5日以内

 

実もの・葉もの・根菜類

基本的に天日に半日程度干せば完成ですが、好みの乾燥具合をみて取り込みましょう。野菜は適度に裏返してください。

ただし、乾燥しすぎて硬くなると美味しくなくなります。カラカラの状態ではなく半乾燥状態を目指しましょう。取り込んだら冷蔵庫保存し、5日以内に食べきるようにしましょう。

 

トマト 蕪 れんこん

【トマト】甘みがぐ~っと増す野菜

種を取り除いて皮付きのまま干します。まずはプチトマトがおすすめ。コロンとかわいいドライトマトに仕上がりますよ。

 

【蕪】初体験の食感!

皮がシワシワしてきたころが食べごろ。葉は広げて2~3時間干します。

 

【れんこん】白いのはでんぷん

表面に白いものが現れたら食べごろ。カットの仕方を変えることで違った食感が得られます。

 

キャベツ にんじん 大根

【キャベツ】冷蔵庫の主(ぬし)を干す

「使い切れなくてどうしよう」と思ったキャベツは、1枚ずつはがして干してみましょう。風に飛ばされやすいのでご注意を。

【にんじん】少し黒くなっても大丈夫

左は金時にんじん。右は普通のにんじんです。少し黒くなってきますが、これぐらいは問題ありません。

【大根】厚めの輪切りはステーキに

手前は分厚く切ったもの。奥は薄くスライスして干したものです。スライスした大根をカラカラに干せば、乾物の「切干大根」ができあがります。

 

なす セロリ パプリカ

【なす】たっぷり食べるために干す

皮にシワがよって、さらに写真のように黒い種が見えてきたら食べごろです。なすに限りませんが、干し野菜は干すことでかさが減るため、野菜をたくさん食べることができるのです。

 

【セロリ】葉っぱの部分も干し野菜に

すじをとってからカットして干しましょう。葉っぱも美味しくいただけます。干すことで嫌われがちなセロリ独特の苦味も和らぎます。

 

【パプリカ】彩りを添える干し野菜

種の部分は取り除いてから、カットして干します。表面が乾いてきたり、端っこがめくれてきたら食べごろです。

 

自分でつくる干し芋は格別の味

干し芋は古くから日本人になじみのある保存食。食物繊維が豊富で便秘解消に役立ちます。干し野菜をつくるついでに、干し芋づくりにチャレンジしてみませんか

1. さつまいもの皮をむいて、厚さを1?pに切り、水にさらします。

2. (1)を蒸し器に入れて蒸し上げ、ザルに広げて干して乾燥させます。

3. 夜は冷蔵庫に入れるようにして2~3日で乾燥します。

コーンスターチか片栗粉を表面に振っておくと傷みにくくなります。空気を出来るだけ入れないようにナイロン袋に入れて、冷蔵庫で保存します。1カ月を目安に食べきります。

固くなったら、オーブントースターで軽く焼いてください。

 

自宅の庭やベランダなど、日当たりの良いちょっとしたスペースを使って、気軽に作ることができる干し野菜。

干し野菜は、特別な道具も必要なく、切った野菜を干すだけで簡単に作れるものですが、これまではなかなか気付かなかった多くのメリットがあります。

干すことによって野菜の水分が抜け、野菜本来の味が凝縮されるとともに、糖度が上がり、より美味しく味わえる。

 

歯ごたえが良くなり、食感が変わる。

皮や葉の部分も美味しく食べられるため、野菜をほぼ丸ごと使える。

水分が抜けているため、味がすぐに染み込み、煮崩れない。

カラッと炒めることができ、使う油を減らすことができる

加熱に必要な時間も少なくなるため、電気やガスも少しずつ節約できる。

 

保存食となり、日持ちがする(完全乾燥の場合)

干し野菜といえば、大根やしいたけなどが真っ先に思い浮かびますが、それ以外でも、たいていの野菜は干し野菜にすることができます。

ただし、レタス、もやしなどの水分が多く、傷みやすい野菜は干し野菜には不向きです。

最初はいろんな野菜を試してみると良いでしょう。

 

美味しく作るポイントの一つは、「旬の野菜を選ぶ」ということ。

旬の野菜だけが持つ独特のうま味が、さらに凝縮されて仕上がります。

ぜひ、旬の恵みでつくる干し野菜を楽しんでください。

 

 








          たきがみ博士の想い

 

誰でも、自分の中に伝統がある。自分が経験したすべての過去の累積、それが”いま”のわたし。

過去とは思いだすこと、現在(いま)は過去の必然、そして、未来は想い、選択すること。

いまは、変えられない。

しかし、人には明日があり、未来がある。明日は、こうありたいと想いを持つことができる。

 

すてきな明日に向かって、”これからへの想い”を具体化するJourney、しっかり楽しみたいと思います。

そして、”いま、ここ”を丁寧に活きる。

みずからの人生の軌跡を、すてきな笑顔でみつめるために。

 

旬(ときめき)亭 亭主 たきがみ博士
  たきがみ博士


旬(ときめき)亭へのアクセス


 

 

 044-955-3061

 tokimeki@terra.dti.ne.jp

 

 旬(ときめき)亭 亭主  たきがみ博士



 

神奈川県川崎市麻生区

百合丘1-5-19 

   YDM百合ヶ丘ビル 5階

 



☆他人に期待すれば不満になり、

  自分を信頼すれば自信になる 

☆人間関係とは、他人を通して自分自身

  との付き合い方を学ぶ機会なり 

☆自分の短所を受け入れるとき、

  自分らしさという魅力が生まれる 

☆最も空しい人生とは、

  すべてが思い通りになる人生である 

☆幸せは得るものではなく、気付くもの


☆樹木は、上に伸びる前に下に伸びる 

☆他人との対立は、

  自分の心の中の対立に過ぎない 

☆幸せだから感謝するのではなく、

  感謝するから幸せを感じる 

☆孤独を知らなければ、

  本当の繋がりが分からない 

☆内側から生まれてくる至福は、

  失うことがない


天城流湯治法の天健躰操 【始動法】

寝る前、起きた時 3ポーズで5分間

肩こり、腰痛・しびれから解放