常在菌の重要性                         内海 聡


無農薬農法でも土の常在菌が重要ですが、これは肉体でも同じであり発酵食品がいいとか言うだけの問題ではありません。発酵食品よりも重要なのは身の回りにある常在菌です。常在菌とは、主にヒトの身体に存在する微生物で、病原性を示さないものを指すと定義されますが、本質的にいうと肉体が健康ならどんな病原菌にもかかりません。菌というのは体が腐っているから=免疫がショボすぎるから、付着して感染し広がるのです。

 

健康法の基本として消毒してはいけない、手洗いやうがいやマスクも無意味、さらに言うと微生物を殺すための物質が化学物質なので、それがまた体に悪影響を与える、どうしてもうがいしたいならただの水か塩水、はみがきは虫歯を予防しない、皮膚の怪我でも安易に消毒しちゃダメというのがあります。最近は妊娠中に溶連菌検査して抗生物質点滴投与するらしいですが、親はまるで子どもを病気にしたいかのようです。産道を子どもが舐めながら出てくるのが最も重要なのに。

 

アレルギーは清潔病だという有名な言葉もあります。清潔にしていると結局ばい菌が強くなるだけでなく、アレルギーの本体は化学物質過敏症だから出るのも当然です。だからアレルギーをよくしたい場合、食をよくするのも大事なんですが、土を触れということを指導します。そして昨今の細菌が抗生物質などに強い理由も、抗生物質の使い過ぎだったり、そもそも日々の殺虫剤にも耐性があるからだと推測されます。

 

常在菌というのはどの場所であれたくさんいて、それと共存しなければいけないというのが基本なのです。腸内、膣内、口腔内すべて同様の原理であり、常在菌を抗生物質などで殺していることが不健康への第一歩であり、さらにいえば肝心の重症感染などに陥ってしまった場合、抗生物質が効かないようになってしまうのです。昔から欧米文化は殺菌文化で侵略文化、だから東洋とか日本の文化は微生物共生文化で共存文化といわれました。もはや日本はそうではなくなってますが、実は人体も国家も同じことをやっているだけですね。

 

ま、見た目の最低限の清潔感はかまいませんが、殺菌するのは極力やめたほうが健康になれます。善玉菌=好気性菌が体を健康にしてくれるというのも嘘、悪玉菌=嫌気性菌が体を病気にするというのも嘘、そうではなくこれらは両方必要です。そしてもっと重要なのは善玉菌も悪玉菌も存在しないのであり、まさにナウシカの世界のごとく、多数の菌が縄張り争いをしながら腸内で生息しているのが、フローラという言葉の基本なのです。

 








          たきがみ博士の想い

 

誰でも、自分の中に伝統がある。自分が経験したすべての過去の累積、それが”いま”のわたし。

過去とは思いだすこと、現在(いま)は過去の必然、そして、未来は想い、選択すること。

いまは、変えられない。

しかし、人には明日があり、未来がある。明日は、こうありたいと想いを持つことができる。

 

すてきな明日に向かって、”これからへの想い”を具体化するJourney、しっかり楽しみたいと思います。

そして、”いま、ここ”を丁寧に活きる。

みずからの人生の軌跡を、すてきな笑顔でみつめるために。

 

旬(ときめき)亭 亭主 たきがみ博士
  たきがみ博士


旬(ときめき)亭へのアクセス


 

 

 044-955-3061

 tokimeki@terra.dti.ne.jp

 

 旬(ときめき)亭 亭主  たきがみ博士



 

神奈川県川崎市麻生区

百合丘1-5-19 

   YDM百合ヶ丘ビル 5階

 



☆他人に期待すれば不満になり、

  自分を信頼すれば自信になる 

☆人間関係とは、他人を通して自分自身

  との付き合い方を学ぶ機会なり 

☆自分の短所を受け入れるとき、

  自分らしさという魅力が生まれる 

☆最も空しい人生とは、

  すべてが思い通りになる人生である 

☆幸せは得るものではなく、気付くもの


☆樹木は、上に伸びる前に下に伸びる 

☆他人との対立は、

  自分の心の中の対立に過ぎない 

☆幸せだから感謝するのではなく、

  感謝するから幸せを感じる 

☆孤独を知らなければ、

  本当の繋がりが分からない 

☆内側から生まれてくる至福は、

  失うことがない


天城流湯治法の天健躰操 【始動法】

寝る前、起きた時 3ポーズで5分間

肩こり、腰痛・しびれから解放