巻き爪                         Dr. Mercola


巻き爪は、足の爪が内側に伸びて尖った端が皮膚に食い込んで起こる。感染や痛みに発展し、大変つらい症状である。

手術が必要なことも多い巻き爪は、初期の症状では、家庭でもできる治療法が数多く存在する。

痛みを和らげ、回復を早めるには、エプソム塩、過酸化水素水、アップルサイダービネガーを合わせたものに足を浸すとよい。

局所療法として、ヴイックスヴェポラッブ、ホワイトフラワーオイル、オレガノオイル、レモン、ターメリックペーストなども利用可能。

 

アメリカ人の10人中8人が足の問題を経験すると言います。4人中1人は、足の痛みのせいで運動ができないと言います。

足に痛みをもたらす原因の中でも、ひどい痛みを伴う巻き爪は、足の爪が内側に伸びて、尖った端が皮膚に食い込んでいく症状です。

 

 

ある足の専門医が、巻き爪の進行の仕方、ベストな対処法を説明しています。

手術が必要なことも多い巻き爪ですが(私の場合はそうでした)、初期の症状では、家庭でもできる治療法が数多く存在します。

言うまでも無く、対処が早いほど、治療も上手く行くと言えます。

基本的に、 糖尿病、足/脚の神経に損傷がある場合など、足の血行が悪くなる病気がある場合は、合併症の心配があるため、自己ケアはせず、専門医による診断を受けてください。

 

巻き爪は、先の細い靴を履く人に多く見られます。

足に合わない靴のせいで、足の先や 爪に圧がかかり、靴の中で汗ばむ状態が、爪のトラブルの原因です。

巻き爪の原因の第1位は、爪の切り方にあります。

爪を切る時は、爪の先端に角度を付けたり、丸みをつけたりしないでください。

代わりに、爪は、まっすぐに切るように心がけましょう。また短く切り過ぎるのもよくありません。

また、巻き爪の原因は他にもあります。

 ・菌の感染

 ・糖尿病

 ・遺伝

 ・爪床の変形

 ・足の爪のケガ(物を落とした、家具にぶつけた、サッカー中にぶつけた、など)

 

初期の症状では、患部の爪の周りに赤みがでて、靴を履いたり、接触により痛みます。

時間がたつと、炎症の進行に伴って痛みが悪化していきます。

最終的に患部が出血したり化膿して膿が出ることもあります。症状が進むと、発熱も見られます。

 

家庭でできる治療法には、定期的に足を浸して、周辺の皮膚を柔らかくする方法があります。

天然素材を患部に塗って感染を和らげる治療法もたくさんあります。

 

フットソーク

次の材料を、水と混ぜてフットソークにします。

足を浸す時間は、15-20分間です。

1週間に4回くらいから1日2回くらいの頻度がよいでしょう。 終わったら、水分をしっかりと拭き取ってください。

 ・肌にやさしい石けん

 ・エプソム塩 (洗面器1杯のぬるま湯にテーブルスプーン1杯分)

 ・過酸化水素水 (洗面器1杯のぬるま湯にカップ1/2杯分)

 ・アップルサイダービネガー (水と1対1の分量で)

 

局所療法

局所療法として、感染や痛みをおさえるのに役立つ方法をいくつかご紹介します。

 ・ヴイックスヴェポラッブ

  患部に直接塗ることで痛みを和らげ、回復を早めます。

 ・ホワイトフラワーオイル

  複数のハーブを原料にしたオイルで、鎮痛作用があり、中国の伝統医学(TCM) では一般的です。患部に数滴垂らしてください。

 ・オレガノエッセンシャルオイル

  抗菌、防腐作用により、優れた鎮痛効果があります。 

  皮膚への刺激が強いので、患部に塗る前にキャリアオイルやプレーンなオリーブオイルで薄めましょう。

 ・レモン

  薄くスライスしたレモンを、包帯を使って患部に固定します。そのまま一晩にすると、治癒を早めます。

 ・ターメリックのペースト

  ティースプーン半分の量のターメリックパウダーを数滴のマスタードオイルに混ぜてペースト状にします。ペーストを患部に塗り、包帯でカバーします。

  これを数日間、一日2-3回塗ってください。

 

非常に痛みますが、家庭でできる治療法の一つとして、巻き込んだ爪の端を爪床から、持ち上げて引き離す方法があります。

足を十分湿らせたのち、先の尖っていないピンセットを使って皮膚に食い込んでいる爪の端の部分を慎重に持ち上げたら、爪と皮膚の間に小さく切ったガーゼを挟みます。ガーゼは毎日交換しましょう。

爪が皮膚に食い込まない長さに伸びるまでには、2週間ほどかかります。

 

巻き爪を防ぐ方法

巻き爪を防ぐ方法は、爪を正しく切ることです。

爪は、まっすぐに切るように心がけましょう。

端の部分で角度をつけないようにしましょう。また短く切り過ぎるのもよくありません。

適度な長さに切ると、伸びる途中で曲がった爪が、爪の片端、悪い場合は両端にまで食い込んで痛みや感染を起こすのを防ぐことができます。

 

また、タイトな靴による過度な圧力も巻き爪の原因となりますので、きつくフィットする靴も避けましょう。

また、蒸れを防ぐためにも、密閉性の高い靴を履く際は高品質の綿素材の靴下を選びましょう。もし巻き爪になってしまった場合は、状態が回復するまでサンダルを履くようにしましょう。

 

初期の症状では、温かい石鹸水に足を浸すことで巻き爪の食い込みを離すことができます。

爪が皮膚に食い込み過ぎる前にできる対処です。

爪を切ってしまうと、たいていの場合は状態を悪化させるだけなので避けましょう。

 

自宅での治療で数日または数週間たっても改善しない場合、または患部が重症化しているように見受けられる場合は、足の専門医の診察を受けて手術をするのが最良の選択です。ちなみに実際に手術が妥当と判断されるケースは大変稀です。

手術では、つま先を麻酔し、爪の周辺の組織を切除して患部の治癒を促します。切除した爪の基底部にはフェノールを塗布します。

フェノールには毒性があることがわかっていますが、その部分に爪が伸びてくるのを防ぐことができるので、治療効果がリスクを上回るのです。

手術はわずか15分程度で終了し、症状の寛解、回復ともに速い場合が多いです。

 

巻き爪以外にも、足のトラブルは実に多いものです。

大変興味深いことに、足のトラブルは、身体の他の部位に医療措置が必要な問題があることを示すサインかもしれないのです。例をあげましょう。

 ・足/脚のけいれん

  ハイヒールを履くことがあるなら、足のけいれんは恐らく靴のせいです。履きやすい靴に変えれば良くなるでしょう。

  しかし、けいれんは特定の栄養素の不足、たとえば著しい脱水状態(水分消費量の不足または利尿薬の副作用による)や、マグネシウム不足の 

  サインである可能性もあります。また、ナトリウム、カリウム、カルシウム、マグネシウムなどのアンバランスが関係している可能性もあります。

 ・痛風

  痛風はたいてい足の親指から起こり、片方、ときには両方の足の親指が赤く腫れ、痛みを伴います。関節に尿酸が過剰に貯まって出る炎症です。

  炎症を軽減するには、食生活を正すことが最優先課題です。痛風の場合は特に食事の影響が大きいといえます。

  肉類やプリン体を多く含む食品は尿酸値を上昇させますが、中でも尿酸値を上昇させる作用が高い物質は、フルクトース(果糖)です。

  なぜなら 尿酸は、 フルクトース代謝の副産物だからです。

  フルクトースには、摂取後数分で尿酸を増加させる特徴があります。

  尿酸値を正常値に戻すには、フルクトースを完全除去して、理想値である3〜5.5 mg/dlの範囲内に収めましょう。

  また、ビールも尿酸値を上げる原因になるので制限しましょう。

 ・足の冷え

  血行不良、糖尿病、甲状腺機能低下症、貧血などの兆候かもしれません。

 ・足の腫れ

  実に多くの健康トラブルのサインになり得ます。

  たとえばごく一部例をあげるとすると、心不全や腎臓・肝臓疾患、深部静脈血栓症(DVT)、血液凝固などによる血行不良から腫れが起こっている

  可能性も考えられます。赤みや熱を伴う腫れは、感染症の疑いがあります。

  腫れの他にあざがある場合は、ねんざまたは骨折が考えられます。

  このような重大なトラブルでなければ、足を上げたり、運動したり、体重を正常に保ち、身体を締め付ける服を避け、塩分の摂取を制限すれば、

  腫れはたいてい和らぎます。

 ・足の爪の変色

  ペディキュアも足爪を変色させることがありますが、もしペディキュアをしていないのに足爪が黄色を帯びている場合は、全身症状が疑われます。

  足爪の黄変は結核や肝臓のトラブルによる黄疸、甲状腺の炎症、副鼻腔炎または気管支拡張症(肺疾患)などと関係している可能性があります。

  爪の質感の変化も、より根深い問題のサインになり得ます。

  基本的に、爪の変色や質感の変化が、化粧品によるものではない場合は、医師に相談することをおすすめします。

 



巻き爪治療                                        はつらつ


巻き爪を経験したことのある人ならば、巻き爪がどれほど不快で痛いものかがわかると思います。

医学用語で陥入爪と呼ばれるこの巻き爪ですが、放置しておくとただ不快なだけではすまなくなってしまいます。 

 

巻き爪は自然に治癒することはなく、傷口に感染症が起これば外科手術が必要になってしまうこともあります。

そのため、症状が悪化する前に処置を行わなければならないのです。

しかし、そもそも巻き爪はどのようにして発生するのでしょうか。

 

まず知っておきたいのは、巻き爪は手や足の爪ならばどこでも起こりうるということです。

とはいえ、ほとんどの場合が足の親指に発生します。

巻き爪は遺伝的な要因も大きいですが、それ以外の理由で発生することもあります。

主な理由をまとめてみました。

 

サイズの合わない靴

きつすぎたりサイズの合わない靴を履いていると、つま先が痛くなる時があります。

このとき爪の端の部分が皮膚の内側に食い込み、そのまま変な方向にのびてしまうのです。

 

爪の手入れをしていない

指の爪と違い、足の爪はカーブを描くように切る必要はなく、むしろ一直線の切り口の方が良いとされています。

爪の手入れを怠ってしまうと、爪はすぐに皮膚の下にもぐってのび続けてしまいます。 

 

ケガ

ケガが原因で巻き爪が発生することもあります。

つま先をどこかにぶつけると、その衝撃で爪が皮膚の下にもぐりこんでしまうことがあります。

こうなると爪の皮膚の部分が爪を覆うように成長してしまうのです。

 

糖尿病

糖尿病を持っている人で、定期的に巻き爪が起こるという人がいたら、すぐにお医者さんと相談することをおすすめします。

たとえ小さな傷でも深刻な問題に発展する可能性があるからです。

この場合、爪のケアを怠らず、常に気を配る必要があります。

糖尿病の人は足の感覚が薄れてくることもありますので、定期的に病院で診てもらう方が良いかもしれません。

 

巻き爪かどうかの判断方法

幸か不幸か、例えば糖尿病で足の感覚がないというような特殊なケースを除き、巻き爪は無視することができないほどの症状となるのが一般的です。

ちなみに以下の条件が揃えば、巻き爪と定義することができます。

 

爪床に痛みがある

つま先が赤く腫れている、

この箇所に感染症が起こると膿や血が出る、

このような症状を感じればあなたは巻き爪です。

もし状態が深刻でなければ、家でできる治療法があります。

 

巻き爪の処置

この方法を使えば、自分で巻き爪の応急処置を行うことができます。なお、気になることがあればすぐに医師に連絡することをおすすめします。

 

1. 足をお湯に浸ける

足湯は有効な治療法と言えるでしょう。

これにより足の皮膚が柔らかく、同時にケアをすればスベスベになります。

定期的に足湯を活用することで、症状の予防にもつながるのです。

ちなみに足の健康を維持するためには、20分ほどの足湯を週に2~4回継続すると良いそうです。

冷たい水ではなく暖かいお湯に浸けるようにしましょう。

 

このときエプソムソルトをお湯に溶かすと、皮膚がさらに柔らかくなり、爪の位置が簡単に調整できるようになります。

足が温まって柔らかくなったら、次のステップに移る準備ができました。

 

2. コットンボールを使う

コットンをひとつかみ取り、細く丸めていきます。

十分に細くなったら、コットンを爪と皮膚の間に慎重に入れていきましょう。

このときに痛みがあれば、すぐに処置をストップして病院に行きましょう。

これで爪が皮膚を押す力が弱くなるので、痛みは和らぐはずです。

皮膚と爪の間にコットンを入れたままにしておくことで、爪ののびる方向を調整することができるのです。

コットンは次の足湯のタイミングで交換しましょう。

 

3. 痛みを緩和するその他の治療法

足の治療や痛みを和らげる効果のあるその他の方法をご紹介しましょう。 

 

リンゴ酢 

綿棒にリンゴ酢をしみこませ、患部に塗っていきましょう。

これを一日に数回繰り返してください。

リンゴ酢は皮膚に栄養を与える効果があり、感染症を防ぐことができます。

 

ユーカリオイル

ユーカリオイルを少量患部につけることで、痛みを和らげ感染症を防ぐ効果が期待できます。

 

レモンのスライス

レモンを薄切りにし、患部に優しく揉みこみます。つま先に感染症が起こっている場合、レモンは大きな効果を与えてくれます。

その後つま先を包帯で巻き、一晩そのままにしておきましょう。

レモンに含まれる酸が感染症を抑えてくれます。

 

普通であれば、ここまでの処置を行えば痛みはだいぶ楽になってくると思います。

裸足やサンダルなどで歩くことを心がけ、つま先が当たるような靴は避けましょう。

治りかけているときも、常に余裕のある靴を使用して爪をまっすぐにカットしておくことが重要です。

その効果はきっと現れてきます。

 

もちろん、問題が改善されなかったり悪化しているような場合は、すぐに病院で診てもらいましょう。

ほとんどの場合は、この方法で巻き爪は良くなります。

足が健康になれば将来も明るくなりますよ!

 








          たきがみ博士の想い

 

誰でも、自分の中に伝統がある。自分が経験したすべての過去の累積、それが”いま”のわたし。

過去とは思いだすこと、現在(いま)は過去の必然、そして、未来は想い、選択すること。

いまは、変えられない。

しかし、人には明日があり、未来がある。明日は、こうありたいと想いを持つことができる。

 

すてきな明日に向かって、”これからへの想い”を具体化するJourney、しっかり楽しみたいと思います。

そして、”いま、ここ”を丁寧に活きる。

みずからの人生の軌跡を、すてきな笑顔でみつめるために。

 

旬(ときめき)亭 亭主 たきがみ博士
  たきがみ博士


旬(ときめき)亭へのアクセス


 

 

 044-955-3061

 tokimeki@terra.dti.ne.jp

 

 旬(ときめき)亭 亭主  たきがみ博士



 

神奈川県川崎市麻生区

百合丘1-5-19 

   YDM百合ヶ丘ビル 5階

 



☆他人に期待すれば不満になり、

  自分を信頼すれば自信になる 

☆人間関係とは、他人を通して自分自身

  との付き合い方を学ぶ機会なり 

☆自分の短所を受け入れるとき、

  自分らしさという魅力が生まれる 

☆最も空しい人生とは、

  すべてが思い通りになる人生である 

☆幸せは得るものではなく、気付くもの


☆樹木は、上に伸びる前に下に伸びる 

☆他人との対立は、

  自分の心の中の対立に過ぎない 

☆幸せだから感謝するのではなく、

  感謝するから幸せを感じる 

☆孤独を知らなければ、

  本当の繋がりが分からない 

☆内側から生まれてくる至福は、

  失うことがない


天城流湯治法の天健躰操 【始動法】

寝る前、起きた時 3ポーズで5分間

肩こり、腰痛・しびれから解放