山芋の効能                                                                      効果効能の知恵袋


じゃがいも、さつまいも、里芋など、いも類にはいろんな種類がありますが、もしかしたら、お芋の中でいちばん地味なのは山芋かもしれません。

確かに、お好み焼きの生地に混ぜたり、麦とろやとろろそばに乗せたりといった使い方が多くて、ヤマイモがメインになる料理って、そんなに多くないですよね。

でも、ヤマイモはその地味な佇まいの中に、あっと驚くパワーを秘めているんです!

お料理好きの方なら、ヤマイモはちょこちょこ使えて保存も利くし、意外に便利な食材という認識があるかと思います。でも、一般的にはヤマイモのことって、そんなに知られていないかもしれません。

 

ヤマイモは、ヤマノイモ科ヤマノイモ属の多年草です。

ヤマイモの原産は中国ですが、日本でも大変古くから人々に食されてきたと言われています。その歴史は、なんと縄文時代から。当時すでに野生種ではなく、栽培したものを食べていたとの記録があります。

このように、昔から日本人はヤマイモのパワーを享受していたようで、書物にもヤマイモの精力剤としての効果や、滋養強壮効果についての記述がいくつも見つかっています。私たちのご先祖様も、ヤマイモの効果を体験的に知っていたんですね。

 

ヤマイモに含まれる栄養成分

栄養満点なイメージのあるヤマイモですが、具体的にはどんな栄養素が含まれているのでしょうか。

 ・炭水化物

 ・食物繊維

 ・蛋白質

 ・ビタミンB群、ビタミンC、ビタミンE

 ・カルシウム

 ・リン

 ・鉄分

 ・カリウム

 ・亜鉛

 ・炭水化物、ビタミン、ミネラルとバランスよく含まれているのが分かります。

 

特に食物繊維やビタミンB群は豊富で、便秘の予防および改善や肝臓・脾臓の働きを助ける役割があります。

 

ヤマイモといえば、疲労回復・滋養強壮効果が良く知られていますが、それはでんぷん分解酵素である「アミラーゼ」や「ジアスターゼ」がたくさん含まれているからなんです。

これらの酵素が消化吸収を助け、老廃物の排出を促すため、身体を元気にしてくれます。

また、ムチンという成分も豊富で、胃の粘膜の保護、糖質の吸収を抑えて血糖値の上昇をおだやかにする効果、糖尿病や高脂血症の予防、ダイエット効果など、美味しいものが大好きな方々にとってありがたい働きが満載なんです。

 

ヤマイモの効果的な食べ方

こんなにうれしい効果がいっぱいのヤマイモですが、どうせならその効能を存分に取り入れたいですよね。そこで、オススメの食べ方をご紹介します。

山芋はでんぷんを分解する酵素を豊富に含んでいるため、生で食べても問題はありません。

さらに、山芋に含まれる分解酵素は、加熱しない方がその効果をより強く発揮します。

また、すりおろして山芋の細胞を壊すことで分解酵素の働きが強まることもわかっています。

とろろは、山芋の分解酵素の働きを最大限に発揮させる、非常に合理的な食べ方なのです。

 

じゃがいもや里芋など、他のいも類は生で食べると毒性があるため、必ず火を通す必要があります。

でも、ヤマイモだけは生でも大丈夫!しかも、生の方が消化酵素をしっかりと体内に摂りこむことができるんです。

暑い季節で食欲がないときも、そばや素麺にとろろをかければ、つるっと食べられるうえに疲労回復効果も得られて一石二鳥ですね!

確かに、ヤマイモはいも類の中では唯一、生のままでも食べられる食品ですが、その理由は酵素にあるというわけですね。

胃腸が疲れ気味のときや、便秘解消したいときなんかには、是非とろろを食べたいですね。

 

大腸がんが日本人に急増中!

かつて、日本人の死因となるガンで一番多いのは、肺がんと言われていました。

しかし、近年、急速な勢いで日本人に大腸がんが増えています。

2015年には胃がんを抜いて、大腸がんが日本人のかかるがんの中で一番多くなりました。

その原因には、食事の欧米化、運動する機会の減少、飲酒や喫煙などの生活習慣などが挙げられます。

年の日本人の食事や生活のスタイルが、大腸がんの増加を招いているのですね。

しかし、このような危機的状況を、ヤマイモが救ってくれるかもしれません。

 

ヤマイモには、ジオスゲニンという有効成分が含まれています。

わが国の研究グループによって、このジオスゲニンが大腸がんを予防することが分かりました。

生活健康科学研究科の三好規之助教、大島寛史教授らの研究グループは、漢方薬として市販されているヤムイモ乾燥品の山薬と自然薯などのヤムイモ類に含まれる有効成分の一つであるジオスゲニンの抗炎症作用や脂質代謝改善効果によって大腸発がんが顕著に抑制されることを、大腸発がんモデルマウスを用いた研究より明らかにした。

これは比較的新しい研究で、マウスによる実験の結果です。

恐らく私たちがヤマイモを食べても大腸がんの予防効果は得られると考えられてはいます。

でも正式に、人間を対象にした研究でも同じ結果が出ることを、期待しながら待ちたいですね。

 

山芋に含まれるジオスゲニンの効果は、大腸がんを抑制できるほど優れているんですね。

大腸がんは日本人に急速に増えていますが、早く発見して治療すれば治りやすいとも言われています。でも、がんが出来てしまう前に、ヤマイモで予防しておくのが一番良い方法ですね。

 

ジオスゲニンで認知機能アップ!

ジオスゲニンによって治療されたマウスは、物事に対する認知力が上がったという結果です。このことから、ジオスゲニンおよびそれを含むヤマイモには認知症を予防する効果があるのではないかと考えられます。

ジオスゲニン治療をされたマウスは、脳内のアミロイド沈着物が大幅に減ったという結果も出ています。

アミロイドとは何かといいますと、タンパク質の一種です。

アルツハイマー病の人の脳には、このアミロイドβタンパク質が蓄積されるという特徴があります。

つまり、アミロイドがアルツハイマー病の原因物質と考えられているわけです。

 

お話を実験に戻すと、繰り返しになりますが、ヤマイモに含まれるジオスゲニン治療を受けたマウスは、アルツハイマー病を引き起こすアミロイド沈着物が大きく減少したのです。

このことから、ヤマイモに認知症やアルツハイマー病を予防する効果があることが、期待されているのです。

誰だって歳とともに認知能力や記憶力は低下しますから、これはとってもありがたい情報ですね。

ジオスゲニンは、すでに蓄積されたアミロイドも減らしてくれるため、予防だけではなく物忘れの治療についても、ヤマイモが力を発揮してくれそうです。

 

ヤマイモを体内に摂り込むことによって、免疫細胞であるT細胞、B細胞、リンパ球が増殖することが分かったんです。

実験により、ヤマイモで免疫細胞のT細胞、B細胞、リンパ球が増えることが明らかとなりましたが、これっていったいどんな意味があるのでしょう。

厳密に言うと、T細胞もB細胞もリンパ球の中に分類されるもので、その中には有名なNK(ナチュラルキラー)細胞も入っています。

これらはそれぞれ、「司令塔」や「殺し屋」、「抗体を作る」などの役割を背負い、私たちの身体を異物から守ろうとしてくれる心強い存在です。

 

免疫細胞の攻撃相手である「異物」とは、ウイルスや細菌、アレルギー源となるカビや花粉、がん細胞など。免疫細胞がこれらを発見して撃退してくれるため、私たちは健康を保てるわけです。

つまり、ヤマイモを食べれば、風邪やウイルス性の感染症、がんだって遠ざけてくれるという、うれしい効果があるんです。

人は免疫力が弱ると、ちょっとしたことで風邪をひいたり、病気になったりしてしまいます。健康や美容にとって最も基本的で重要なのが、免疫力とも言えますね。

ですから、日頃から免疫力をアップさせておくのは、とても大事なことです。そのために、ヤマイモがひと役買ってくれるというわけですね。

 

ガンや認知症など、誰にとっても他人事ではない大変な病気を防いでくれるとあれば、今後はもっともっとヤマイモを食べたくなった人も多いのではないでしょうか。

長いも短冊のバター焼きも美味しいけれど、できれば生のままサラダにしたり、すりおろして食べた方が、栄養も効果もたくさん受け取ることができます。

 

高齢者から若い人まで、みんなが嬉しい効能満点なので、家族の食卓にはうってつけのヤマイモ。

 








          たきがみ博士の想い

 

誰でも、自分の中に伝統がある。自分が経験したすべての過去の累積、それが”いま”のわたし。

過去とは思いだすこと、現在(いま)は過去の必然、そして、未来は想い、選択すること。

いまは、変えられない。

しかし、人には明日があり、未来がある。明日は、こうありたいと想いを持つことができる。

 

すてきな明日に向かって、”これからへの想い”を具体化するJourney、しっかり楽しみたいと思います。

そして、”いま、ここ”を丁寧に活きる。

みずからの人生の軌跡を、すてきな笑顔でみつめるために。

 

旬(ときめき)亭 亭主 たきがみ博士
  たきがみ博士


旬(ときめき)亭へのアクセス


 

 

 044-955-3061

 tokimeki@terra.dti.ne.jp

 

 旬(ときめき)亭 亭主  たきがみ博士



 

神奈川県川崎市麻生区

百合丘1-5-19 

   YDM百合ヶ丘ビル 5階

 



☆他人に期待すれば不満になり、

  自分を信頼すれば自信になる 

☆人間関係とは、他人を通して自分自身

  との付き合い方を学ぶ機会なり 

☆自分の短所を受け入れるとき、

  自分らしさという魅力が生まれる 

☆最も空しい人生とは、

  すべてが思い通りになる人生である 

☆幸せは得るものではなく、気付くもの


☆樹木は、上に伸びる前に下に伸びる 

☆他人との対立は、

  自分の心の中の対立に過ぎない 

☆幸せだから感謝するのではなく、

  感謝するから幸せを感じる 

☆孤独を知らなければ、

  本当の繋がりが分からない 

☆内側から生まれてくる至福は、

  失うことがない


天城流湯治法の天健躰操 【始動法】

寝る前、起きた時 3ポーズで5分間

肩こり、腰痛・しびれから解放