少食健康法                           斉藤 一治


身体(生理)は、どのような朝のスタートをするのでしょう。

 

まずは前夜、食べた食べものが、和多志たちが睡眠中に消化・分解・組み立て・変換・吸収されて、体内の必要なところに「必要な物」を送り届けてあります。

 

更に、血液が夜間巡行をしてくれて、体内各所を隈なく点検修理していただき、そして老廃物の収拾をしてくれています。

 

そこで「必要ではなかった物や老廃物」を排泄しなければなりません。

これが「朝のスタート」です。

 

つまり、腎臓系の器官が、老廃物で汚れた血液を浄化して「廃棄物処理」を実行してくれます。

血液の浄化を充分に行うためには午前中一杯かかります。

これが身体の正常な、自然な「日課」となっています。

 

ところが、これらの作業中(午前中)に食べものを食べますと、この「消化吸収」作業にも力を入れなければならなくなり、「廃棄物処理」が充分に行われなくなります。

 

このようなことが続きますと、血液は汚れ、腸に宿便が溜まり、便秘になったり、更にはガンなどの国策病(生活習慣病)の原因となります。

 

身体(生理)は、人類何十万年の「飢餓」「少食」に対応した「素晴らしいシステム」です。

 

しかし、こんなに大量の、そして、ダラダラと入ってくるようになったのは、ここ45年位のことですから、順応出来ないでいます。

 

「腸様」がお疲れになりますと、腸内細菌のバランスも悪くなります。

これが、病氣の原因となっています。

 

そこで、午前中は食事をしないで「腸様」「胃様」に休憩していただき、リフレッシュしていただきましょう。

 

日本で数少ない「医者」である甲田光雄医師(故人)は、次のように述べます。

 

「一般の人が少食を始めるには、普通の食事で良いですから、朝食抜きの1日2食で、腹6~7分を心がける。

朝を抜いても、あとの2食を大量に食べるのでは駄目です。

 

朝食を抜いて辛いと言う人は、最初のうちは青汁を飲んだり、りんご半個、みかん一個程度と果物を少し入れ、だんだん馴らして、最後は水や柿茶だけで朝はすませます」

 

 

一般的には、朝食を抜くと、血糖値が低下し、脳の唯一のエネルギー源であるブドウ糖が不足し、思考力や活動が低下するといわれています。

 

ところが、実際には、血糖値の差はほとんどありません。

更に、朝抜き(断食時)には、脳はブドウ糖だけではなく、ケント体をエネルギー源としています。

 

切り替えて、順応するのに一週間位かかりますが、これが過ぎますと、朝抜きのほうが、頭脳明晰です。

 

「この朝抜きに、1ヶ月2回ぐらい1日断食すると良い。

これに慣れてきたら一週間に1日、断食をする。

一週間に1日断食を3年続ければ、胃も腸も肝臓も何もかも、生まれ変わったような健康体になります」と甲田光雄医師(故人)。

 

甲田医院で指導されている少食健康法は、1日2食が原則で、1日の総摂取エネルギーは、大体1200カロリーで二食の主食は玄米です。

 

斉藤一治は朝食抜きで1日一食です。

 

その一食は、ごま塩をかけた玄米雑穀ご飯一膳で、贅沢をしたいときは、納豆をいただきます。

お腹が空いたら食べ、空かなければ食べません。

 

食べものが入ってきませんと、体内で最低限必要とするエネルギーを確保するために、体内に蓄積されている「毒物・異物」「多過ぎる脂肪」などを分解します。

 

そして、必要なエネルギーを採り出す一方、本当のカス、必要のないものは「排泄」する準備に取り掛かります。

 

ですから、朝、午前中は「入れ」ないと、自然に「出て」いきます。

 

「食べもの」を入れないと、必要のない「毒物・異物」が出てきます。

 

体内が綺麗に掃除されます。

これが「病氣の根治」となります。

 

これで「胃様・腸様」も、斉藤一治も「いい調子」になります。

 

 








          たきがみ博士の想い

 

誰でも、自分の中に伝統がある。自分が経験したすべての過去の累積、それが”いま”のわたし。

過去とは思いだすこと、現在(いま)は過去の必然、そして、未来は想い、選択すること。

いまは、変えられない。

しかし、人には明日があり、未来がある。明日は、こうありたいと想いを持つことができる。

 

すてきな明日に向かって、”これからへの想い”を具体化するJourney、しっかり楽しみたいと思います。

そして、”いま、ここ”を丁寧に活きる。

みずからの人生の軌跡を、すてきな笑顔でみつめるために。

 

旬(ときめき)亭 亭主 たきがみ博士
  たきがみ博士


 神奈川県川崎市麻生区百合丘1-5-19 

 YDM百合ヶ丘ビル 5階


 044-955-3061

 tokimeki@terra.dti.ne.jp

 

 旬(ときめき)亭 亭主  たきがみ博士



☆他人に期待すれば不満になり、

  自分を信頼すれば自信になる 

☆人間関係とは、他人を通して自分自身

  との付き合い方を学ぶ機会なり 

☆自分の短所を受け入れるとき、

  自分らしさという魅力が生まれる 

☆最も空しい人生とは、

  すべてが思い通りになる人生である 

☆幸せは得るものではなく、気付くもの


☆樹木は、上に伸びる前に下に伸びる 

☆他人との対立は、

  自分の心の中の対立に過ぎない 

☆幸せだから感謝するのではなく、

  感謝するから幸せを感じる 

☆孤独を知らなければ、

  本当の繋がりが分からない 

☆内側から生まれてくる至福は、

  失うことがない


天城流湯治法の天健躰操 【始動法】

寝る前、起きた時 3ポーズで5分間

肩こり、腰痛・しびれから解放