小林麻央を抗癌剤で殺すな!      ガンの特効薬はミトコンドリア賦活剤


数ヶ月抗癌剤を続けたならば、健康体の人ですら命が危ない

1年8ヶ月という長い期間、抗癌剤治療を受けたならば、おそらく身体の正常細胞はボロボロの状態となり、とても癌と闘えるだけの免疫力は維持できないと推測されます。

 

抗癌剤は身体に爆弾を落とし、癌とともに自分の身体も破壊します。

医者はそれが最善の治療であるように患者たちに説明します。抗癌剤を拒む患者さんには、もう責任はもてませんと突き放し、恐怖を植え付けます。

しかし、たくさんの心ある医師たちはこう言います。 「抗癌剤が寿命を縮める一番の原因である。」

 

がんを克服している人には、共通点があります。

それは、抗癌剤を辞め、本来あるべき免疫主体・医療による治療から自分自身で治療する方向へと転換したということです。

 

http://otisdury.blog.fc2.com/blog-entry-1542.html

「嘘八百のガン検診、ガン治療、そして洗脳マスメディア」

「ガンを利用した人工削減計画の推進」

1.添加物、遺伝子組み換え食品、放射能拡散、ケムトレイル、ワクチン等によってガンを作り出す。

2.ガン検診の推進

3.ガン治療の推進

4.人工削減計画達成

 

身近な芸能人のガン発覚を誇張して報道し、「ガン検診の重要性」を説くことで、今まで以上に“する必要のないガン検診”をしてしまう人が増えるでしょう。

この詐欺検診の増加によって「彼ら」の配下にある製薬会社・医療関係者は莫大な金銭的利益を得ることが可能となり、目的である人工削減に“貢献”することとなります。

 

http://plaza.rakuten.co.jp/nomoishiho/diary/201606130000/

乳癌は早期発見も早期治療もいらない

 

癌を恐れるあまり一刻も早く消してしまいたいという早まった考えを捨ててほしい。

まずは癌と共存することを考えるのです。

放置しても癌なんてそれほど怖いものではありえない。

更に自然療法をやることによって自然消滅させることもできるのです。

 

http://true-health2.com/?p=1914

バカ医者に騙されない健康知識!

小林麻央さんが乳がんで抗がん剤治療・・

何度も言うように、抗癌剤治療はしちゃダメなんだって!

何故分かってくれないの?馬鹿なの!?

抗癌剤は増がん剤であって、がんを治すものではない。

絶対に治さない。

治す方法は他にある。

細胞分裂で、がんが増えるのではない。

 

日本のガンビジネスは、人類史上最凶最悪な人殺し詐欺ビジネスです。

製薬会社・医者・マスコミなどがグルになって、大勢の生贄を虐殺して大金をせしめています。

ガンビジネスのカラクリについて考え出すと、恐怖で身体が凍り付きます。

人間はどこまで残酷・残虐になれるのか!?

ミトコンドリアを賦活させれば治る病気なのに、マスタードガスで殺し続けています。

良識のある人々がどんなに真実を発信しても、情報操作によって広まらないのが現実です。

これからもますます“ガン患者狩り”に拍車がかかるでしょう。

 

歌舞伎界は伝統芸能なので保守的な世界です。

当然、医療に対しても保守的な対応をします。

人間ドックでガン患者に仕立て上げられ、フルコースのガン治療を受けさせられて悲惨な状態に追い込まれます。

市川團十郎や中村勘三郎といった国宝級の歌舞伎役者たちも犠牲になりました。

なぜ詐欺医療のカラクリに気付かないのか?

元気だった人たちが、突然ガン宣告されて、治療を開始したとたんに衰弱していく。

それを何度も身近に見ていれば、その“不自然さ”に気付くと思うのですが・・。

権威や医療を妄信していると、やはり真実は見えにくいものなのでしょうか?

 

ガン細胞=ミトコンドリアが正常にATPを作れない細胞です。

ガン体質=乳酸アシドーシスです。

ガン=後天性ミトコンドリア病なのです。

ガンはミトコンドリアが活動できない細胞が増加して、乳酸が慢性的に溜まって、細胞・血液が酸化・糖化・炎症する病気です。

シコリや腫瘍ができるのは、乳酸が蓄積して硬くなっているからです。

ガン細胞は乳酸硬直によって硬いシコリや腫瘍を形成するのです。

ガン細胞が無限に細胞分裂して増殖するという教えも、ガンの恐怖を増大させるための出来の悪い幼稚なウソです。

ガン細胞が乳酸で周囲を酸化させ、正常な細胞をガン化させて増殖するだけです。

酸化を還元(かんげん)させれば、ガンの増殖は止まり、縮小に向かうのです。

酸化(電子を失う)を還元(かんげん・電子を与える)させればいいのです。

ガンを本気で治したければ、身体の還元(かんげん)こそが大切です。

小林麻央さんを救うのは、細胞や血液の還元(かんげん)なのです。

 



小林麻央さんの乳がん報道に想う            トンプソン 真理子


彼女のブログを今見返してみると、やはり・・糖質を普段から”相当”摂っておられたようです。 

しかし、これは彼女だけが特殊なのではなく、今の日本の若い人たちの「ごく平均的な」食生活なのだと思います。 

ですから、彼女のことは私たちにとって全く他人ごとではありません。

最近では、北斗さん、そして元おニャン子の生稲さんも5度に渡る乳がん手術を受けながら、いまだに食生活に大きなカギがあることに残念ながら気付いておられないようです。

麻央さんが若くして罹患したのは、それプラス、二度の出産・育児をこなしながら梨園の良き妻・母として立派に役目を果たさねば、という重圧・ストレスが重なったというのも大きな要因でしょう。

 

20世紀後半~21世紀の人類最大のドラッグは、コカインでも覚せい剤でもなく、「砂糖と小麦」、それとその他の糖質です。

これほど老若男女に蔓延した合法ドラッグは他にありません。

 

梨園におられるということで、普段から頂き物が大変多いと思うのですが、頂き物で、糖質でできていないものってありますか? 

街に出ればパン屋、ケーキ屋、カフェ、甘味処、丼屋、ラーメン屋、弁当屋、飲み屋、コンビニのオンパレード・・ 

こうやって、私たちはよほど強い意志と知識を持たない限り、他に食の選択肢もなく、外食産業、食品会社の戦略にまんまと乗って、いつの間にやら脳はどっぷり糖質中毒、体は慢性病にさせられていくのです。

 

そして病気になった時には、彼らはもちろん責任を取ってくれません。

そこには、病院・製薬会社が、よしきた、うちに任せとき!と口を開けて待っている

いわゆるマッチポンプです。

そして、誰か有名人がガンになったときは、ここぞと「だから検診を頻繁に受けよう!」の一大キャンペーン。

 

どうして、出来てしまったガンを見つけることに躍起となる前に、なぜガンが起こったのか? 将来どうやったら防げるのか?を考えないのか。

どうして、抗がん剤という「毒」で体を痛めつけてわざと免疫を落とす前に、免疫を落とさない、いや落ちてしまった免疫を自力で上げるという発想がないのか。

 

抗がん剤は、それでもその毒に負けなかった人だけが「効いた」として、運が良かったとされますが、どうして人の命でそんなロシアンルーレットみたいな恐ろしいことを、この現代にやるのですか。

 








          たきがみ博士の想い

 

誰でも、自分の中に伝統がある。自分が経験したすべての過去の累積、それが”いま”のわたし。

過去とは思いだすこと、現在(いま)は過去の必然、そして、未来は想い、選択すること。

いまは、変えられない。

しかし、人には明日があり、未来がある。明日は、こうありたいと想いを持つことができる。

 

すてきな明日に向かって、”これからへの想い”を具体化するJourney、しっかり楽しみたいと思います。

そして、”いま、ここ”を丁寧に活きる。

みずからの人生の軌跡を、すてきな笑顔でみつめるために。

 

旬(ときめき)亭 亭主 たきがみ博士
  たきがみ博士


旬(ときめき)亭へのアクセス


 

 

 044-955-3061

 tokimeki@terra.dti.ne.jp

 

 旬(ときめき)亭 亭主  たきがみ博士



 

神奈川県川崎市麻生区

百合丘1-5-19 

   YDM百合ヶ丘ビル 5階

 



☆他人に期待すれば不満になり、

  自分を信頼すれば自信になる 

☆人間関係とは、他人を通して自分自身

  との付き合い方を学ぶ機会なり 

☆自分の短所を受け入れるとき、

  自分らしさという魅力が生まれる 

☆最も空しい人生とは、

  すべてが思い通りになる人生である 

☆幸せは得るものではなく、気付くもの


☆樹木は、上に伸びる前に下に伸びる 

☆他人との対立は、

  自分の心の中の対立に過ぎない 

☆幸せだから感謝するのではなく、

  感謝するから幸せを感じる 

☆孤独を知らなければ、

  本当の繋がりが分からない 

☆内側から生まれてくる至福は、

  失うことがない


天城流湯治法の天健躰操 【始動法】

寝る前、起きた時 3ポーズで5分間

肩こり、腰痛・しびれから解放