奇跡の除染食材 「菊芋」                     江崎 正孝


菊芋が放射能排出にとても有効!!!!

 

最近知りあったロシア人は20年前、砂利の採掘場で働いていたそうだ。 

 

  しらばく後、その採掘場の石にウラン鉱石が混ざっていたことが明らかになった。 

  採掘場は閉鎖され、全従業員が検査のため入院した。 

 

  一週間後、彼と彼の友人の2人だけが退院できた。彼らは被曝していなかったのだ。 

 

  彼の話では、彼ら以外の従業員のうち2年以上生き延びた人はいなかったという。 

  その理由は、彼が毎朝8時に採れたての菊芋を持って出勤していたからだそうだ。 

  菊芋はたまたま彼の家庭菜園に雑草のように生えていて、彼はその味が好きだった。 

  彼は職場で自分の菊芋を友人にも分けてあげていたので、友人も食べていたのだが、 友人が食べていた量は、彼が食べていた量よりは

  少なかった。 

  友人はその後、被曝の影響で肌の色素がなくなっていった。 

  いつも肌を焼こうとしていたけれど、ずっと白いままだったという。 

 

  それから20年後、このロシア人は偶然開いた雑誌で、菊芋には重金属や放射性核種を除去する作用があるという記事を見つけたという。

 

〈チェルノブイリでも汚染されなかった奇跡の除染食材「菊芋」〉

 

先月、ベラルーシ「ベラルド放射能安全研究所」のウラジミール・バネンコ副所長が来日し、チェルノブイリ原発事故後の放射性汚染の

調査・研究結果の講演を行った。

そこで、「菊芋」をこう紹介したという。

 

「放射能汚染地域で菊芋を栽培しても、根っこの部分にも、葉にも茎にも放射能は溜まっていなかった。

また、ビタミンとペクチンが豊富に含まれています。安全な食材のひとつです」

 

チェルノブイリの土壌環境でも放射性物質を吸収しなかったこの食材。

放射能を吸収しないだけでなく、排出にも役立つようだ。

 

ペクチンは、放射性物質の排出に役立つとされている“内部被ばく防止食”として知られている。

さらにこの菊芋は体内の放射性物質を減らすとされる成分『イヌリン』まで含んでいるという。

まさに奇跡の除染食材として注目を集めているのだ。

 

 








          たきがみ博士の想い

 

誰でも、自分の中に伝統がある。自分が経験したすべての過去の累積、それが”いま”のわたし。

過去とは思いだすこと、現在(いま)は過去の必然、そして、未来は想い、選択すること。

いまは、変えられない。

しかし、人には明日があり、未来がある。明日は、こうありたいと想いを持つことができる。

 

すてきな明日に向かって、”これからへの想い”を具体化するJourney、しっかり楽しみたいと思います。

そして、”いま、ここ”を丁寧に活きる。

みずからの人生の軌跡を、すてきな笑顔でみつめるために。

 

旬(ときめき)亭 亭主 たきがみ博士
  たきがみ博士


旬(ときめき)亭へのアクセス


 

 

 044-955-3061

 tokimeki@terra.dti.ne.jp

 

 旬(ときめき)亭 亭主  たきがみ博士



 

神奈川県川崎市麻生区

百合丘1-5-19 

   YDM百合ヶ丘ビル 5階

 



☆他人に期待すれば不満になり、

  自分を信頼すれば自信になる 

☆人間関係とは、他人を通して自分自身

  との付き合い方を学ぶ機会なり 

☆自分の短所を受け入れるとき、

  自分らしさという魅力が生まれる 

☆最も空しい人生とは、

  すべてが思い通りになる人生である 

☆幸せは得るものではなく、気付くもの


☆樹木は、上に伸びる前に下に伸びる 

☆他人との対立は、

  自分の心の中の対立に過ぎない 

☆幸せだから感謝するのではなく、

  感謝するから幸せを感じる 

☆孤独を知らなければ、

  本当の繋がりが分からない 

☆内側から生まれてくる至福は、

  失うことがない


天城流湯治法の天健躰操 【始動法】

寝る前、起きた時 3ポーズで5分間

肩こり、腰痛・しびれから解放