大豆食品                                                     トンプソン真理子


大豆食品は、近年までずっと健康食品として脚光を浴びてきましたが、ここにきて、実は健康に良くなかった!と言われ出し、物議をかもしています。 

あなたも、本当のところはいいの?悪いの?と混乱してしまっているかもしれません。

 

しかし、本当のところーー大豆がいいか悪いかは、その食品の形態によるようです。

 

それには、大豆の歴史から見ていきましょう。

 

日本人は、長いこと大豆製品を多く摂ってきましたが、アメリカでそれが一大ポピュラーになったのは、1995年に、モンサントが遺伝子組み換え大豆の生産に乗り出した時からです。

 

1997年には、全大豆製品の8%がGMO(遺伝子組み換え作物)でした。

 

それが、2010年にはなんと、全大豆製品の93%がGMOになりました。

 

わずか13年の間に、大豆のほとんどがGMOに取って代わられてしまったというこの事実・・。

 

 

ということで、GMO食品は是が非でも避けるべき、そして、豆乳・豆腐の類いは、何も書かれていない限りGMO大豆から作られている可能性が非常に高いです。

 

ところで、国内の大豆自給率は6%! 

このうち食用における国産大豆の自給率は21%、8割が海外輸入、その主な輸入先は、1位が北米で7割です。

ということは、半分以上がGMO大豆 

でも、味噌でも納豆でも「遺伝子組み換えでない」と書いていあるのが大変多いことを考える時、またどこかで偽装があるのではと思ってしまうのは私だけでしょうか。

 

(実際法律上、5%以下の”意図しない混入”は、「遺伝子組み換えでない」と書いても良いことになっている)

 

 

第二に、大豆はそのまま食べると、まだそれほど健康へのマイナス効果はありませんが、砂糖と同じで、それを加工してそれだけを抽出したとき(豆乳など)に、問題になってきます。

 

つまり、大豆の中のフィト・エストロゲン(植物性エストロゲン)が、乳がんや心臓病に結びついていると言われています。

また、女の子の第二次性徴がかなり早い時期から現れたり、女性的な性格の男の子が増えてきたり(草食男子も?!)していることも考えますと、豆乳のような加工食品は、男性のテストステロン(男性ホルモン)を下げて、エストロゲン(女性ホルモン)を上げますから、こういった食品は出来るだけ避けるべきです。

 

また、大豆から作られている、赤ちゃん用の粉ミルクがありますが、それを子供が飲むと、なんとそれは、経口避妊ピルを10個飲んでいるのと同じだということです。(Dr. Joseph Mercolaの研究より)

 

それを飲むぐらいなら、生乳の牛乳やヤギ乳、アーモンドミルク、ココナッツミルクなどを摂った方がずっと体に良いでしょう。

 

一方、大豆すべてが悪いという訳ではありません。

大豆は発酵させた時に、体にとても良いものに変わります。

 

日本には昔から納豆や味噌、またインドネシア発祥のテンペがありますが、それらを摂ると多くのメリットがあることが分かっています: 

抗ガン効果、心臓病予防、抗糖化、消化を良くして免疫力を上げる、など。

 

なぜなら、大豆を発酵させた時にそれは善玉菌を多く含むプロバイオティクス食品になるからです。

 

ですから、納豆などを食べると、良質のタンパク質を取れると同時に、プロバイオティクスも摂っていることになる。

 

もう一つ、納豆の素晴らしいところは、ビタミンK2を含んでいること。

 

ビタミンKは、骨密度の高い骨を作ってくれます。

また、抗ガン作用、血をサラサラに流して詰まらないようにしてくれるなど、大切な役割を持つものです。

 

 

最後に、豆類・種(タネ)類のもつアブシジン酸の問題ー。

これらには、不適切な環境で勝手に発芽しないように、アブシジン酸という「生物毒」で生体上の「ロック(錠)」がかかっています。

しかし、これを暗い場所で浸水させて、発芽するかどうかの状態までもっていくと、そのロックが外れて無毒化され、栄養も体が最も吸収しやすい形に変えられます。

言い換えれば、その過程を経ないでそのまま摂ると、アブシジン酸を摂ってしまうだけでなく、栄養のロックもかかったまま吸収されないで体外に排出されるという、もったいない状況になります。

 

 

【結論】

 

・豆乳のような、加工されたGMO大豆食品を避けること。

 

・発酵された大豆食品は、GMOでないことを確認して積極的に摂ったら良い。

 

・豆腐でも、発芽させた有機大豆からつくった豆腐は問題ない。

 

 








          たきがみ博士の想い

 

誰でも、自分の中に伝統がある。自分が経験したすべての過去の累積、それが”いま”のわたし。

過去とは思いだすこと、現在(いま)は過去の必然、そして、未来は想い、選択すること。

いまは、変えられない。

しかし、人には明日があり、未来がある。明日は、こうありたいと想いを持つことができる。

 

すてきな明日に向かって、”これからへの想い”を具体化するJourney、しっかり楽しみたいと思います。

そして、”いま、ここ”を丁寧に活きる。

みずからの人生の軌跡を、すてきな笑顔でみつめるために。

 

旬(ときめき)亭 亭主 たきがみ博士
  たきがみ博士


旬(ときめき)亭へのアクセス


 

 

 044-955-3061

 tokimeki@terra.dti.ne.jp

 

 旬(ときめき)亭 亭主  たきがみ博士



 

神奈川県川崎市麻生区

百合丘1-5-19 

   YDM百合ヶ丘ビル 5階

 



☆他人に期待すれば不満になり、

  自分を信頼すれば自信になる 

☆人間関係とは、他人を通して自分自身

  との付き合い方を学ぶ機会なり 

☆自分の短所を受け入れるとき、

  自分らしさという魅力が生まれる 

☆最も空しい人生とは、

  すべてが思い通りになる人生である 

☆幸せは得るものではなく、気付くもの


☆樹木は、上に伸びる前に下に伸びる 

☆他人との対立は、

  自分の心の中の対立に過ぎない 

☆幸せだから感謝するのではなく、

  感謝するから幸せを感じる 

☆孤独を知らなければ、

  本当の繋がりが分からない 

☆内側から生まれてくる至福は、

  失うことがない


天城流湯治法の天健躰操 【始動法】

寝る前、起きた時 3ポーズで5分間

肩こり、腰痛・しびれから解放