塩分不足が、生きる力を弱くする                                      笹谷 達朗


〖正常な体温こそ健康維持の基本である〗

体温を正常に持って行く為には、どうしたらいいのか。 血液(体液)の塩分濃度を、【0.85%】にもっていくことである。

 

塩分不足が、生きる力を弱くする!  減塩がいかに、身体を弱らせるか!

赤い血が流れている以上、

赤い血で生きている以上、

赤い血を汚してはならぬ。

 

赤い血が生命力に満ちて、

力強い血液なら、病気に、

かかりにくくいきられる。

 

われわれは、あらゆる努力を払って体温を正常にもってゆかなけねばならない。それが健康を守る道である。

それににもかかわらず、人間は、体温を正常に維持することこそ健康のもと。という観念が薄いのである。

特に、食物によって正常な体温を維持する方法の研究をほとんどやっていないという、全く奇妙な現象があるのだ。

 

近時の日本人は、間違った減塩運動により、塩分を控えて身体が陰性化して体調を崩し、苦しんでいる人が多くなっている。

一億半病人といわれる程病人が多いのも、その主要原因は塩分の摂取不足による体温不足なのである。

減塩、減塩で血中塩分濃度が不足すると、自然治癒力の調節ができなくなって、寒がり冷え症となり、それが続くと、さまぎまな病気になっていく。

正常な体温より低い状態が続くのだから、生理が狂うのは当然のことである。 この生理の狂いが、数百のさまぎまな症状を引き起こす。

 

それらの被害を最も強く受けるのが、子供たち 赤ん坊まで含む)と老人である。 最近まったく訳のわからぬ病気-ではなく症状だがーが次々と発生し、

すべてが原因不明ということになっている。

低体温症なんてのもその一例である。 塩分不足のために体温が正常にならず、三十六度以下になっている。

 

「身体をアルカリ性に保つ」には、からだの血液(体液)の塩分濃度を「0.85%」に保つことです。 「塩分不足」が、いかに、大切かを理解しましょう。

 

腎臓に疾患の無い方は、

1日に1ガロンの水(小さじ1/2の海塩を入れる)を飲みます。人間の身体がうまく機能するには身体に電気を流す必要があります。電気を発するには塩が必要なのです。 そのため、体内の塩分が不足すると高血圧になります。

 

ただ、食卓塩(精製塩)を摂ると、塩の結晶が血管の膜を傷つけ血管内部が出血します。

そして、出血を止めるためにコレステロールが傷ついた部分を覆うため、結果的にコレステロールで血管が狭くなり高血圧になります。塩は食卓塩ではなく海塩を使ってください。

 

コレステロールに関しては多くの誤解があります。

コレステロールが不足すると死に至りますが、高コレステロールで死亡する人はいません。高コレステロール(600)でも病気にならずに健康的に暮らしている人がいます。コレステロールは、壊れた細胞を新しい細胞に再生してくれます。生まれ変わった細胞の80%がコレステロールの働きによるものです。従って誰もが250の複合コレステロール値を保つべきです。

しかしLDLやHDLを善玉や悪玉と呼んでいますが。。。これらはコレステロールではないのです。これらはコレステロールを運ぶタンパク質なのです。

 

身体が健康でいるためには、血液の塩分濃度(体液も含めて)「0.85%の塩分濃度で、いる事が第一要件です」 

わかりやすく説明すると、「0.85%の塩漬け状態でいることが、腐らない」はねのける力が働くということです。

きちんとした塩分(濃度)が体内で不足すると、「浄化力」が、低下します。だから、「邪氣」が、気付きのサインを出します。

「このままだと、重篤な病気になるよ」って。

本来のお塩の役割りには、「お清め」「お浄め」の力があり、身体の浄化にも関係しているのです。

 

「塩分控えめ」=「減塩」が、いかに無意味であるか もうそろそろ、気が付いてね。

 

 








          たきがみ博士の想い

 

誰でも、自分の中に伝統がある。自分が経験したすべての過去の累積、それが”いま”のわたし。

過去とは思いだすこと、現在(いま)は過去の必然、そして、未来は想い、選択すること。

いまは、変えられない。

しかし、人には明日があり、未来がある。明日は、こうありたいと想いを持つことができる。

 

すてきな明日に向かって、”これからへの想い”を具体化するJourney、しっかり楽しみたいと思います。

そして、”いま、ここ”を丁寧に活きる。

みずからの人生の軌跡を、すてきな笑顔でみつめるために。

 

旬(ときめき)亭 亭主 たきがみ博士
  たきがみ博士


旬(ときめき)亭へのアクセス


 

 

 044-955-3061

 tokimeki@terra.dti.ne.jp

 

 旬(ときめき)亭 亭主  たきがみ博士



 

神奈川県川崎市麻生区

百合丘1-5-19 

   YDM百合ヶ丘ビル 5階

 



☆他人に期待すれば不満になり、

  自分を信頼すれば自信になる 

☆人間関係とは、他人を通して自分自身

  との付き合い方を学ぶ機会なり 

☆自分の短所を受け入れるとき、

  自分らしさという魅力が生まれる 

☆最も空しい人生とは、

  すべてが思い通りになる人生である 

☆幸せは得るものではなく、気付くもの


☆樹木は、上に伸びる前に下に伸びる 

☆他人との対立は、

  自分の心の中の対立に過ぎない 

☆幸せだから感謝するのではなく、

  感謝するから幸せを感じる 

☆孤独を知らなければ、

  本当の繋がりが分からない 

☆内側から生まれてくる至福は、

  失うことがない


天城流湯治法の天健躰操 【始動法】

寝る前、起きた時 3ポーズで5分間

肩こり、腰痛・しびれから解放