塩について                           笹谷 達朗


なぜ、西洋人が、「海藻」を消化吸収できないのか

西洋人と日本人 そもそも「違う」のだ。確かに海藻を「消化できる酵素を持っていない」という説明は正しいと思うが、そんなにも、難しいことではなかったのだと思います。

西洋人は、硬水(ミネラルウォター)や土壌から、マグネシウムやカルシウムを間接的に摂りいれてきました。

だから、マグネシウムやカルシウムを多く含む海藻を必要としない為、海藻を受け付けない身体ができたのだと思います。

 

日本人はといいますと、水は「軟水」で、ミネラル分が少なく、土壌も火山灰なので、「酸性土壌」です。

従って、「海の塩」と「海藻など」で、不足がちなミネラルを補ってきました。

 

日本人が摂るべきマグネシウムは、

①「海の塩」からは、必要最低限の微量を摂ること

塩に含まれる「塩化マグネシウム」「硫酸マグネシウム」は、身体に、きつすぎます。

 

②海藻など、マグネシウムを多く含んだものを、料理や食事で摂る。あおさやわかめの味噌汁は、最高に良い

 

確かに、海水には、ミネラルが多く溶け込んでます。

海水に溶け込んでいるミネラルは、人間のからだに含まれるミネラルと、成分の種類は、とてもよく似ています。

しかし、ここが大切なポイントですので、よく覚えておいてくださいね。海水の成分と血液の成分の決定的な違いが、

それぞれのミネラルのバランス(構成比率)が、まったく違っているんです。

 

塩に含まれる「マグネシウム」いわゆる「ニガリ(苦汁)」は、とっても扱いは、難しいのです。

 

『海水と細胞外液の決定的な違い』

①海水の浸透圧は、細胞外液の4倍

②海水のマグネシウム濃度は、細胞外液の30倍

③海水中の硫酸濃度は、細胞外液の50倍

④海水中の重炭酸濃度は、細胞外液10分の一

※海水と人間のからだでは、カルシウムとマグネシウムの比率がまったく逆転していて、海水中のほうが、3~4倍も多い。人体構成では、カルシウム1.5~2.2%と、ミネラルの中では、最も多く、それに対して、マグネシウムは、0.05%とカルシウムの44分の1しかない。

※海水と人間の体液組成で、ほぼ同じなのは、ナトリウムだけなのです。

 

しかも、大切なポイントとして、

①人や動物は、ミネラルを吸収できない。

 できたとしても、わずか。

②ミネラルを吸収できるのは、植物です

 

だからこそ、私たちは、

ミネラルを吸収した植物、植物を食べた草食動物を食べて、ミネラルを摂っている

 

====

糖尿病について調べたりして

『マグネシウム』が大切な役割を果たすと知って、調べたら面白いことがわかりました。

 

 

人間のからだに関する(例えば、医療、治療など)事より、農産物に与える影響のほうが、参考になります。

 

糖尿病の原因は

単糖類、二糖類の過剰摂取とマグネシウム不足から来る、細胞の糖の取り込み低下です。

 

硫酸マグネシウムとは

①マグネシウムは植物体内の葉緑素を構成します。

②マグネシウムは酸素同化作用を良くし果菜類では糖度、光沢、肉質などの品質向上が望めます。

 

『果菜類では糖度』⇒ここが、ポイントで、細胞内への糖の摂り込みで、マグネシウムが、活躍するという事です。

 

====

糖尿病に対する対処方法

====

 

ポイント①

簡単に言うと血糖値を上げる糖質は摂ってはいけない糖質で、血糖値を上げない糖質、つまり吸収され難い糖質が“しっかり摂るべき糖質”です。

 

ポイント②

ブドウ糖、果糖は単糖類。

蔗糖(上白糖)や麦芽糖は二糖類。

この、二糖類までの大きさの糖は即吸収されて血糖値を上げ、血管の糖化、硬化を起こします。

 

インスリンも分泌させます。

糖尿病の原因は単糖類、二糖類の過剰摂取とマグネシウム不足から来る、細胞の糖の取り込み低下です。

 

 








          たきがみ博士の想い

 

誰でも、自分の中に伝統がある。自分が経験したすべての過去の累積、それが”いま”のわたし。

過去とは思いだすこと、現在(いま)は過去の必然、そして、未来は想い、選択すること。

いまは、変えられない。

しかし、人には明日があり、未来がある。明日は、こうありたいと想いを持つことができる。

 

すてきな明日に向かって、”これからへの想い”を具体化するJourney、しっかり楽しみたいと思います。

そして、”いま、ここ”を丁寧に活きる。

みずからの人生の軌跡を、すてきな笑顔でみつめるために。

 

旬(ときめき)亭 亭主 たきがみ博士
  たきがみ博士


旬(ときめき)亭へのアクセス


 

 

 044-955-3061

 tokimeki@terra.dti.ne.jp

 

 旬(ときめき)亭 亭主  たきがみ博士



 

神奈川県川崎市麻生区

百合丘1-5-19 

   YDM百合ヶ丘ビル 5階

 



☆他人に期待すれば不満になり、

  自分を信頼すれば自信になる 

☆人間関係とは、他人を通して自分自身

  との付き合い方を学ぶ機会なり 

☆自分の短所を受け入れるとき、

  自分らしさという魅力が生まれる 

☆最も空しい人生とは、

  すべてが思い通りになる人生である 

☆幸せは得るものではなく、気付くもの


☆樹木は、上に伸びる前に下に伸びる 

☆他人との対立は、

  自分の心の中の対立に過ぎない 

☆幸せだから感謝するのではなく、

  感謝するから幸せを感じる 

☆孤独を知らなければ、

  本当の繋がりが分からない 

☆内側から生まれてくる至福は、

  失うことがない


天城流湯治法の天健躰操 【始動法】

寝る前、起きた時 3ポーズで5分間

肩こり、腰痛・しびれから解放