喜びを感じる生き方                       工藤清敏


朝も昼も酵素ジュースだった。

人参の葉っぱもたくさん。

 

バッハの無伴奏協奏曲をかける。

 

キッチンに立つ。

 

玄米乳酸菌ドリンクを冷蔵庫から出して飲む。

 

そのあとは、人参やリンゴ、バナナ、甘夏、レモン、豆乳、塩、ごま、エゴマシード、46種発酵酵素パウダーで酵素ジュースづくり。

 

半分は、水筒に。

 

ランチの前にも飲むのだ。

 

 

今日から、ガン患者さんの合宿。

治し方を教えるのだ。

3日間で。

 

 

意識が大事だ。

意思が大事だ。

生きているということは。

 

塩も生食も血流も大事だ。

 

ガンも生活習慣病。

なーに、恐ろしく考えるのがそもそもの勘違い。

 

そこに持っていって恐ろしさと不安を煽るのが現代治療。

1人3000万円の売り上げ。

患者を逃したくはない!

 

いつかは誰もが死ぬ。

しかもよわい50年もすれば、いつ死んでもおかしくない。

手入れが行き届いた車もあれば、ポンコツ車もある。

そもそもの中古だった車も。笑

 

考え過ぎないことだ。

 

学びが足りないだけ。

 

自然から離れただけ。

 

愛や思いやりから離れただけ。

 

そこからやりなおせばよい。

あわてない。

 

自分の心と向き合う。

 

喜びを感じる生き方を選択する。

 

 

僕の理想はどんなこと?

 

そう問いかける。

 

ベンツに乗って、北欧ハウスのような家に住んで、美しくも優しい彼女がいて

世界中、行きたい時には行ける

 

ということではないようだ。笑

 

しかし古い ベンツを大事に乗り回し、木の家に住み、森と海辺にうちがあり、犬や猫や鶏やヤギやアヒルがいて、

年に2回は海外に長期遠征し、いい友人が5人はいて、ワイナリー、クラフトビール、どぶろく会社のオーナーでアート作品を買うのが好きで

美しい庭を持ち美味しい水と空気を吸い身近な畑の野菜、果物を食べときどき友人の狩人、釣り人が獲物を担いでくる

薪ストーブを楽しみ、料理を楽しみ

読書、研究、執筆し

研究成果を知的財産とし

歌を歌い、踊り、事業を展開する。

いつのまにか、いい村、いい国ができている。

 

小さな夢だがこれでいいのだろうか?

 

太陽系の旅人として。

 

 

 

賢い人は、病院に行かない。

検査だってしない。

ただの薬物治療するための制度だから。

 

僕らは、教育されたロボット君なんだ。

大切なカモちゃん。

 

茹でガエルのようにゆっくり病みを抱えながら死ぬまで生きていく。

 

高血圧とか高脂血漿とかいかにも高くなることがいけないことに決めたんだ。

 

それを信じさせて多くの病名を与えられる。

 

病名ごとにね薬をつくってね配布してあげるんだ。

 

できれば赤ちゃんくらいから学校とか児童相談所とか病院とかで配っていくんだよ。

 

いい世界だ。

みんなでこの仕組みを享受しよう。

 

僕にはこの世界もまんざら悪くないように思われる。

たまたま、戦場に行かずともこの生を終わりに出来そうだし、

ささやかなお金でも生きていけるし、

少数だが、とても素晴らしい農産物や調味料を作っている人がいるし、面白い生き方をしている人もいる。

 

ロックちゃんとロスちゃんが世界の1%の人たちと90%の富を支配しても

 

僕も工夫すれば、生きていくだけの富と十分な幸福は味わえる。

僕は心まで支配されてはいない。

彼らのあくどい仕掛けが読めているので彼らの仕掛けをクリアできるからだ。

 

僕は暗記して受験で勝ち上がった人ではない。

洗脳教育にずっぷり浸れなかった。

 

ずっと自分で自分の興味で学んで来た。

 

道徳的未熟さゆえに、七転び八起きしたが健康で幸せに生き長らえている。

 

彼らが構築した利権にちょっと吠えているけれど、僕の幸せは彼らは壊せない。

 

 








          たきがみ博士の想い

 

誰でも、自分の中に伝統がある。自分が経験したすべての過去の累積、それが”いま”のわたし。

過去とは思いだすこと、現在(いま)は過去の必然、そして、未来は想い、選択すること。

いまは、変えられない。

しかし、人には明日があり、未来がある。明日は、こうありたいと想いを持つことができる。

 

すてきな明日に向かって、”これからへの想い”を具体化するJourney、しっかり楽しみたいと思います。

そして、”いま、ここ”を丁寧に活きる。

みずからの人生の軌跡を、すてきな笑顔でみつめるために。

 

旬(ときめき)亭 亭主 たきがみ博士
  たきがみ博士


旬(ときめき)亭へのアクセス


 

 

 044-955-3061

 tokimeki@terra.dti.ne.jp

 

 旬(ときめき)亭 亭主  たきがみ博士



 

神奈川県川崎市麻生区

百合丘1-5-19 

   YDM百合ヶ丘ビル 5階

 



☆他人に期待すれば不満になり、

  自分を信頼すれば自信になる 

☆人間関係とは、他人を通して自分自身

  との付き合い方を学ぶ機会なり 

☆自分の短所を受け入れるとき、

  自分らしさという魅力が生まれる 

☆最も空しい人生とは、

  すべてが思い通りになる人生である 

☆幸せは得るものではなく、気付くもの


☆樹木は、上に伸びる前に下に伸びる 

☆他人との対立は、

  自分の心の中の対立に過ぎない 

☆幸せだから感謝するのではなく、

  感謝するから幸せを感じる 

☆孤独を知らなければ、

  本当の繋がりが分からない 

☆内側から生まれてくる至福は、

  失うことがない


天城流湯治法の天健躰操 【始動法】

寝る前、起きた時 3ポーズで5分間

肩こり、腰痛・しびれから解放