喘息の治療                          藤川 徳美


重度の喘息をもつ患者は、特に男性[1]および子供[2]にてアスコルビン酸(ビタミンC)の血中濃度が低い。

安価で安全で便利なビタミンCを用いて効果的な喘息治療がすぐに行うことができます。

唯一の必要条件は、必要十分量のビタミンCを摂取することです。

食事による摂取量と低用量のサプリメントでは全く効果がありません。

 

多くの喘息患者を治療しているRobert F. Cathcart III、M.D.は、「喘息は、ビタミンCの腸耐性用量(bowel tolerance doses)によって最もよく救われると言います。

運動後に定期的に喘息発作を起こしている子供は、大量のビタミンCにより喘息発作の攻撃から逃れることができます。

これまでに、ウイルス性疾患の発症に関連した喘息発作の患者はすべて、この治療によって改善されてきました。」

 

あなたが喘息症状の緩和を望むなら、これを試すことを検討してください:

ディスカウントストアに行き、1,000 mgのビタミンC錠の大きなボトルを購入してください。

費用は15ドル未満です。

あなたが朝起き始めると、30分ごとに1,000?2,000mgのビタミンCを摂取し、1回の軟便が出るまで続けます。

この投薬量で15時間後に便が緩んでいない場合は、30分ごとにビタミンCを3000mgに増やしてください。

 

あなたが軟便となったら、毎時2000mgのビタミンCに減らしてください。

あなたはすぐにあなたのために適切な量を見つけるでしょう。

ビタミンCの投与量をやや少ない量に調整して、軟便が改善し喘息症状を緩和するように用量を設定します。

喘息のない通常の維持投与量は、等しく8回に分けて1日当たり15,000?50,000mgのビタミンCである。

 

喘息患者はまた、タバコの煙を避け、生活のストレスを最小限にし、ジャンクフード、肉および乳製品の消費を最小限に抑えるべきです。

 

覚えておいてください:

ビタミンCは、抗生物質、抗ヒスタミン薬、解熱薬、抗毒素薬、抗ウイルス薬を飽和(腸耐性)レベルに置き換えます。

それは炎症を軽減する。

 

ビタミンは薬物として作用することができますが、薬物は決してビタミンとして作用できません。

 

 








          たきがみ博士の想い

 

誰でも、自分の中に伝統がある。自分が経験したすべての過去の累積、それが”いま”のわたし。

過去とは思いだすこと、現在(いま)は過去の必然、そして、未来は想い、選択すること。

いまは、変えられない。

しかし、人には明日があり、未来がある。明日は、こうありたいと想いを持つことができる。

 

すてきな明日に向かって、”これからへの想い”を具体化するJourney、しっかり楽しみたいと思います。

そして、”いま、ここ”を丁寧に活きる。

みずからの人生の軌跡を、すてきな笑顔でみつめるために。

 

旬(ときめき)亭 亭主 たきがみ博士
  たきがみ博士


旬(ときめき)亭へのアクセス


 

 

 044-955-3061

 tokimeki@terra.dti.ne.jp

 

 旬(ときめき)亭 亭主  たきがみ博士



 

神奈川県川崎市麻生区

百合丘1-5-19 

   YDM百合ヶ丘ビル 5階

 



☆他人に期待すれば不満になり、

  自分を信頼すれば自信になる 

☆人間関係とは、他人を通して自分自身

  との付き合い方を学ぶ機会なり 

☆自分の短所を受け入れるとき、

  自分らしさという魅力が生まれる 

☆最も空しい人生とは、

  すべてが思い通りになる人生である 

☆幸せは得るものではなく、気付くもの


☆樹木は、上に伸びる前に下に伸びる 

☆他人との対立は、

  自分の心の中の対立に過ぎない 

☆幸せだから感謝するのではなく、

  感謝するから幸せを感じる 

☆孤独を知らなければ、

  本当の繋がりが分からない 

☆内側から生まれてくる至福は、

  失うことがない


天城流湯治法の天健躰操 【始動法】

寝る前、起きた時 3ポーズで5分間

肩こり、腰痛・しびれから解放