善因善果                           吉野 一道


「どうしたら幸せになれるのですか」と釈迦に問えば、釈迦は「善因善果。幸せのタネをまきなさい」と教えます。

では、どんな言動が幸せのタネまきになるのでしょうか。

釈迦は沢山の幸せのタネまきを六つの善として、私たちのために纏めてくれました。

 

六度万行(ろくどまんぎょう)とか、六波羅蜜(ろくはらみつ)とか、呼ばれています。

①布施

②持戒

③忍辱

④精進

⑤禅定

⑥知慧

 

「布施」はインドの言葉ではダーナ、意味は与えること。

今なら「親切」でしょうか。

布施の対象は、困っている人・恩ある人・敬うべき人の三つです。

布施の際には三輪空を心がけて、「私が・誰々に・何々をしてやった」ことを忘れなさいと説いています。

 

「持戒」は戒律を守ること。

今なら言行一致でしょうか。

儲かるという字は信用ある者と書きます。

信用は言行一致によって培われます。

できない約束はしない。

約束をしたら必ず守る。

これが大切だと説いています。

 

「忍辱」は忍耐のこと。

ならぬ堪忍するが堪忍と言われますが、腹が立っても堪えるのが忍耐であり忍辱です。

怒りの蛇が口から飛び出すままに放置しておけば、相手も自分も必ず不幸になると説いています。

 

「精進」は一生懸命努力すること。

正しい方角に向かって一生懸命前進することが大切です。

楽して得られるものは貧と恥のみであると説いています。

 

「禅定」は心を鎮め、心を定めること。

心を亡くすと書いて忙しい。

そんな時こそ、落ち着いて心を鎮めて見れば、見失っていたものが見えてきたり、悩まなくてもいいことに悩んでいることがわかると説いています。

 

「知慧」は因果の道理を諦かに観て、正しい判断を身に付けること。

自分の都合や欲目では物事を正しく観ることはできません。

釈迦の教えに照らして考えれば、物事を正しく観ることができる。

正しく観ることができれば、正しく判断することができると説いています。

 

そうは言われても、言うは易く行うは難し。

六度万行(六波羅密)の全てを行うのは大変です。

 

そこで、親切な釈迦は

「六つのうちのどれか一つでもいいから、あなたたちの心に合うものを心がけなさい。

それを徹底して行えば、六度万行の全てがそれに伴って付いてくる。

先ずは実践しなさい」と教えています。

 








          たきがみ博士の想い

 

誰でも、自分の中に伝統がある。自分が経験したすべての過去の累積、それが”いま”のわたし。

過去とは思いだすこと、現在(いま)は過去の必然、そして、未来は想い、選択すること。

いまは、変えられない。

しかし、人には明日があり、未来がある。明日は、こうありたいと想いを持つことができる。

 

すてきな明日に向かって、”これからへの想い”を具体化するJourney、しっかり楽しみたいと思います。

そして、”いま、ここ”を丁寧に活きる。

みずからの人生の軌跡を、すてきな笑顔でみつめるために。

 

旬(ときめき)亭 亭主 たきがみ博士
  たきがみ博士


旬(ときめき)亭へのアクセス


 

 

 044-955-3061

 tokimeki@terra.dti.ne.jp

 

 旬(ときめき)亭 亭主  たきがみ博士



 

神奈川県川崎市麻生区

百合丘1-5-19 

   YDM百合ヶ丘ビル 5階

 



☆他人に期待すれば不満になり、

  自分を信頼すれば自信になる 

☆人間関係とは、他人を通して自分自身

  との付き合い方を学ぶ機会なり 

☆自分の短所を受け入れるとき、

  自分らしさという魅力が生まれる 

☆最も空しい人生とは、

  すべてが思い通りになる人生である 

☆幸せは得るものではなく、気付くもの


☆樹木は、上に伸びる前に下に伸びる 

☆他人との対立は、

  自分の心の中の対立に過ぎない 

☆幸せだから感謝するのではなく、

  感謝するから幸せを感じる 

☆孤独を知らなければ、

  本当の繋がりが分からない 

☆内側から生まれてくる至福は、

  失うことがない


天城流湯治法の天健躰操 【始動法】

寝る前、起きた時 3ポーズで5分間

肩こり、腰痛・しびれから解放