善因善果、悪因悪果、自因自果                                 吉野 一道


運命の原因と結果について、釈迦は「善因善果、悪因悪果、自因自果である」と教えています。

善い行いからは、幸せという善い結果が起こります。(善因善果)

悪い行いからは、不幸せという悪い結果が起こります。(悪因悪果)

 

大根のタネを蒔けば大根が、スイカのタネを蒔けばスイカが出てくるように、善い行いからは善い結果が、悪い行いからは悪い結果が現れます。

蒔いたタネに応じた結果が、現れます。

蒔いたタネに応じた結果しか、現れません。

 

仏教では、私たちの行いをタネにたとえ、私たちの行いを「業」と呼びます。

業は古いインドの言葉では「カルマ」です。

一人一人の行いがタネとなって一人一人の運命を生み出していることから、私たちの行いのことを「業種子」と呼ぶこともあります。

(私たちの行い=タネ=業=カルマ=業種子)

 

私たちが優しい表情や眼差しを心掛ければ、「感じのいい人だ」「優しそうな人だ」と思われ、周りから好かれたり慕われたりもします。

周りを思いやる善い行いが原因となって、好かれ慕われるという善い結果が現れます。

逆に、いつも不機嫌な表情をしていれば、誰も近づいてこなくなります。

自分の悪い行いが原因となって、悪い結果が現れます。

 

健康になるには、健康になるためのタネを蒔かなければ、健康という善い結果は得られません。

健康医学の本をいくら読んでも、不規則な食生活を続けていれば、健康という善い結果は得られません。

試験の成績を上げたければ、勉強することです。

運動の記録を塗り替えたければ、鍛錬することです。

行いに応じた結果しか、返らない。

行いに応じた結果は、必ず返ってくる。

ヤッホーと呼べばヤッホーと返ってくる山彦のように、自分の行為はすべて自分に返ってくると釈迦は教えています。

 

幸せという運命は、自分の善い行いが生み出したものである。(善因善果)

不幸せという運命は、自分の悪い行いが生み出したものである。(悪因悪果)

自分の運命のすべては、自分の行いが生み出したものである。(自因自果)

壁に向かって優しい球を投げれば、優しい球が返ってきます。

強い球を投げれば、強い球が返ってきます。

 

自分に向かって飛んでくる球の勢いは、自分が投げた球の勢いです。

優しい球を望むなら、先ずは自分が優しい球を投げることだと釈迦は教えています。

 








          たきがみ博士の想い

 

誰でも、自分の中に伝統がある。自分が経験したすべての過去の累積、それが”いま”のわたし。

過去とは思いだすこと、現在(いま)は過去の必然、そして、未来は想い、選択すること。

いまは、変えられない。

しかし、人には明日があり、未来がある。明日は、こうありたいと想いを持つことができる。

 

すてきな明日に向かって、”これからへの想い”を具体化するJourney、しっかり楽しみたいと思います。

そして、”いま、ここ”を丁寧に活きる。

みずからの人生の軌跡を、すてきな笑顔でみつめるために。

 

旬(ときめき)亭 亭主 たきがみ博士
  たきがみ博士


旬(ときめき)亭へのアクセス


 

 

 044-955-3061

 tokimeki@terra.dti.ne.jp

 

 旬(ときめき)亭 亭主  たきがみ博士



 

神奈川県川崎市麻生区

百合丘1-5-19 

   YDM百合ヶ丘ビル 5階

 



☆他人に期待すれば不満になり、

  自分を信頼すれば自信になる 

☆人間関係とは、他人を通して自分自身

  との付き合い方を学ぶ機会なり 

☆自分の短所を受け入れるとき、

  自分らしさという魅力が生まれる 

☆最も空しい人生とは、

  すべてが思い通りになる人生である 

☆幸せは得るものではなく、気付くもの


☆樹木は、上に伸びる前に下に伸びる 

☆他人との対立は、

  自分の心の中の対立に過ぎない 

☆幸せだから感謝するのではなく、

  感謝するから幸せを感じる 

☆孤独を知らなければ、

  本当の繋がりが分からない 

☆内側から生まれてくる至福は、

  失うことがない


天城流湯治法の天健躰操 【始動法】

寝る前、起きた時 3ポーズで5分間

肩こり、腰痛・しびれから解放