唾液                  アンチエイジングでヘルシーライフ


唾液は、耳の下にある耳下腺、顎の下に顎下腺、そして、舌の下にある舌下腺の3箇所から分泌され、口の中を潤します。

 

1日で分泌される唾液の量は、凡そ1リットル近くになり、その多く(60%)は、顎下腺から分泌されます。

 

そして、唾液の最も代表的な効果が抗菌作用です。

歯周病や虫歯など、口の中に住んでいる数百種類の細菌を唾液が殺菌してくれ、害のない状態にしてくれます。

 

唾液の分泌は、15歳がピークと言われています。

そして、20代では1日に約1リットル~1.5リットル分泌されていますが、30代を境にして、次第に分泌量が減少し、70代を超えると、ピーク時の3分の1にまで減少してきます。

 

水分量が、年齢と共に年々減少していきますが、それに従うように、唾液の分泌量も少なくなってきます。

なので、唾液の分泌量が減ってくる、30代から、口の中の老化もはじまっていると言えます。

 

唾液の分泌量が減ってくる事は、殺菌作用の低下を意味し、それに従って、口の中の細菌が増えてきて、歯の健康を犯したり、様々な体の不調をもたらす要因になったりします。

 

 

唾液の効果

 

抗菌作用

虫歯や歯周病などの、口の中の細菌の感染や、体の中に病原菌が入ってくるのを防いでくれます。

 

消化作用

唾液は、消化液としての働きもします。唾液中のアミラーゼという酵素がお米やパンなどの炭水化物を消化してくれます。

 

毒素排出作用

毒物や異物が口に入ってきたとき、唾液で包み込み防御します。

 

虫歯予防

食べかすを喉の奥へ洗い流す、洗口液の役割を行って、初期の頃の虫歯を防いでくれます。

 

口の中を中和する働き

食べ物を食べた後は、口の中は、酸性に傾きますが、唾液はこの状態を改善し中和してくれます。

 

味覚を感じさせる働きの補助

食べ物を溶かすことで、味を感じる味蕾細胞の働きを助けます。

 

 

唾液を増やすには 

 

1、水分を多く摂るようにすること。

汗や尿から、平均して、1.5リットルから2リットルは、体の外に排出されていると言われています。

その分は、適切な水分補給で補う必要があります。どうせなら質のいい水を飲みたいものです。

クラスターの小さい水、弱アルカリ性の水、還元電位の良い水活性酸素を消去をしてくれる活性水素水などもお薦めです。

ただし、糖分の清涼飲料水や緑茶、コーヒーなどはおしっこの量も増えてしまうので、注意が必要です。

 

2、食べ物をよくかんで食べること

現代人は、あまり噛んで食べないようです。

一度、食べ物を口に入れたら、最低30回ほど噛むといいですね。

噛めば噛むだけ、唾液腺への刺激となって唾液の分泌量が増えてきます。

咀嚼学会というのがあるぐらい、よく噛むことの健康効果は、かなり高いです。

 

3、唾液腺のマッサージ、舌の運動

唾液腺にマッサージを行って、直接刺激を与える方法です。

唾液が分泌する、顎下腺、舌下腺、耳下腺があるポイントを指を使ってマッサージします。

普段は、あまり舌の運動というのはしないと思いますが舌を出したり、口の中で回したりする運動も効果があります。

去年、80歳で、エベレスト登頂に成功した三浦雄一郎さんのトレーニングの中に、この舌の運動がありました。

 

4、食べ物では、酸性のもの摂りましょう

見ただけ、イメージしただけで、唾液が分泌される食べ物、レモンや梅干などを普段からとっておくと自然と唾液の量も増えてきます。

成長期を超えた年齢に達すると、体のどの箇所も老化してきます。

若い頃は、特に使わなくても、体の機能が維持できても年齢を重ねてくると、使わないところから機能が弱くなってくるようです。

 

 

唾液の分泌量も同様ですね。なので、適度な刺激をあたえてあげて分泌量を減らない工夫が必要です。

これも、唾液量が少なくなった感じる前に、そうなるものと思って、あらかじめ対策をうっておくといいですね。

 








          たきがみ博士の想い

 

誰でも、自分の中に伝統がある。自分が経験したすべての過去の累積、それが”いま”のわたし。

過去とは思いだすこと、現在(いま)は過去の必然、そして、未来は想い、選択すること。

いまは、変えられない。

しかし、人には明日があり、未来がある。明日は、こうありたいと想いを持つことができる。

 

すてきな明日に向かって、”これからへの想い”を具体化するJourney、しっかり楽しみたいと思います。

そして、”いま、ここ”を丁寧に活きる。

みずからの人生の軌跡を、すてきな笑顔でみつめるために。

 

旬(ときめき)亭 亭主 たきがみ博士
  たきがみ博士


旬(ときめき)亭へのアクセス


 

 

 044-955-3061

 tokimeki@terra.dti.ne.jp

 

 旬(ときめき)亭 亭主  たきがみ博士



 

神奈川県川崎市麻生区

百合丘1-5-19 

   YDM百合ヶ丘ビル 5階

 



☆他人に期待すれば不満になり、

  自分を信頼すれば自信になる 

☆人間関係とは、他人を通して自分自身

  との付き合い方を学ぶ機会なり 

☆自分の短所を受け入れるとき、

  自分らしさという魅力が生まれる 

☆最も空しい人生とは、

  すべてが思い通りになる人生である 

☆幸せは得るものではなく、気付くもの


☆樹木は、上に伸びる前に下に伸びる 

☆他人との対立は、

  自分の心の中の対立に過ぎない 

☆幸せだから感謝するのではなく、

  感謝するから幸せを感じる 

☆孤独を知らなければ、

  本当の繋がりが分からない 

☆内側から生まれてくる至福は、

  失うことがない


天城流湯治法の天健躰操 【始動法】

寝る前、起きた時 3ポーズで5分間

肩こり、腰痛・しびれから解放