受けてはいけない先進医療・ がん免疫療法                                 週刊現代


「3ヵ月でこんなに、がんが小さくなりました」――写真つきで、治療効果を謳う宣伝を目にしたことがあるだろう。

だが、そのほとんどがカネ儲け重視の悪徳クリニック。

がんビジネスの闇は深い。

 

「一公務員の自分には、身のほど過ぎた治療を受けたかもしれない。 家族には迷惑をかけて本当に申し訳なかった」

 

涙ながらにそうつぶやいて、井上健司さん(当時55歳、仮名)が息を引き取ったのは2年前のことだった。

ステージ4で肝臓がんが見つかり、もはや手術も不可能と診断され、大学病院の医者にはホスピスでの終末期ケアを勧められた。

 

「おれはまだ現役だ。養うべき家族がある。借金してでもあらゆる治療法を試して、もう一度職場に戻りたい」

 

そう願った井上さんが、出会ったのが「樹状細胞と腫瘍抗原ペプチドを用いたワクチン療法」という聞きなれない治療だった。

クリニックに問い合わせてみると、国の「先進医療」にも指定されているという。

 

「光明が見えた――確かにそのときは、そう思いました。夫の顔色もよくなって、人生に前向きになった」(井上さんの妻)

 

医学的なことはよくわからないが、医者の説明を聞けば聞くほど、「なぜ、こんな素晴らしい治療法があるのに保険が利かないのか。

結局医療もカネ次第なのか」という思いだったという。

 

1クール250万円以上する治療を3回受けた。

自分の血液から取り出した免疫細胞を施設で増殖し、体内に戻すという治療のくり返しだ。

同時にビタミンCの点滴、サプリメント、水素水など医者に勧められるままに試した。

 

借金も膨らんだが、いつか職場に復帰して、真面目に働けばカネは返せる。そう信じた。

だが、免疫療法を始めて1年2ヵ月――井上さんは亡くなり、1000万円近い借金だけが遺された。

 

「最期まで全力でがんと闘ったという意識はある。でも、免疫療法がどこまで効いたのか、それはわかりません。やらなかったら半年で亡くなったかもしれません。効果がなかったと思うと、やりきれないので、今はそう考えるようにしています」(井上さんの妻)

 

手術や放射線などの標準治療ではがんの進行を食い止められないケースも多い。

とりわけ抗がん剤は副作用を伴うので、それに耐えられない患者は他の治療法がないかと模索する。

 

そうした患者がたどり着くのが、自由診療のクリニックで提供されている免疫療法や民間療法だ。

日本医科大学武蔵小杉病院腫瘍内科教授の勝俣範之氏が語る。

 

「インターネットで『がん治療』と検索すると、免疫療法クリニックのページが上位に出てきます。

 

科学的に効果があるとして承認された医薬品には法的な縛りがあって誇大広告はできません。

しかし自由診療には事実上、規制がなく、いくらでも宣伝し放題。

 

以前、私が学生たちとがん関連の247のインターネットサイトを調査したところ、ガイドラインに基づいた信頼できるサイトは全体のわずか10%で、逆に危険・有害なサイトは39%もありました」

 

自由診療の治療法は枚挙に暇がないが、一例を挙げると、樹状細胞ワクチン、ペプチドワクチン、iNKTがん治療、遺伝子治療など、いかにも最先端の医療技術であるかのような名前が並ぶ。

 

治療法に思い悩んだ患者が自分で調べると、100%と言っていいほど、この種の情報に突き当たる。

だがその実態は到底、現代医療とは言えないレベルのものだ。

北海道がんセンター・がんゲノム医療センター長の西原広史氏が語る。

 

「一言でいえば、占いレベルの治療です。本当に効果があるのなら、論文で成果が発表され、公的な臨床試験が実施されて保険診療になりますが、そういう治療ではない。

 

たしかに、免疫でがんを治すというのは究極の治療法で、私も期待していますが、現状ではその期待にはほど遠い。腫瘍マーカーが下がる、発熱が収まるといった効果が一時的に出ることもありますが、事実上、医学的な有効性はありません」

 

冒頭の井上さんが受けた樹状細胞とペプチドワクチンの治療法はどうか。

クリニックの説明によると、「樹状細胞でがん細胞の壁を破壊し、ペプチドでその内部を叩く」という触れ込みだが……。

 

「いかにも、ちゃんとした『医療』のように装っているという意味で、インチキ治療の中でもいちばん悪質な部類です。エビデンスが全くない。治療として確立されていないのに、クリニックが勝手にやっているのです。

高濃度ビタミンC点滴も効果はゼロ。

'80年代に世界で最も権威ある総合医学雑誌で、否定されています。にもかかわらず小遣い稼ぎのために行っているクリニックが無数にある」(前出の勝俣氏)

 

自由診療で行われている免疫療法は、おおむね副作用がないものが多い。

それは主作用、つまり効果が薄いということの裏返しだが、それゆえに医療事故も起こりにくく訴訟沙汰にもなりにくい。

免疫療法ビジネスがはびこる一因だ。

 

免疫療法には、冒頭の井上さんが行った治療法の他にもいろいろなものがある。

肺がんを患って、免疫細胞治療で有名なクリニックで治療を受けた経験のある津川順平さん(71歳、仮名)が語る。

 

「免疫療法にはアルファベータ細胞療法、ガンマ・デルタT細胞療法、NK細胞療法、CT療法などさまざまな方法があると説明されました。

検査の結果、私の場合はNK細胞療法が合うということで、それを受けました。

1回の治療費は細胞培養の技術料が約30万円。他に血液の管理料として5万円ほど。計35万円の治療を3ヵ月かけて6回行いました。

検査費用などを含めると250万円近くかかりました」

 

ところが6回1クールの治療後に検査してみると、肺がんは小さくなるどころかむしろ広がっていた。

医者からは、「効果が出るのはこれからだ。

治療を受けていなかったら、もっと早く進行していた可能性が高い」と言われたが、疑心暗鬼になり、経済的な余裕もなかったことから津川さんは免疫療法をストップした。

 

「一応、試してみたけれどダメだった。治療を受けたことは後悔していないが、果たして本当に効果のある治療なのかどうかは疑問がある」

 

NK細胞のNKとはナチュラルキラーの略。

極めて強いリンパ球の一種で、これを体外で増殖・活性化させて体に戻すことで、がん細胞を攻撃するという触れ込み。

前出の勝俣氏が語る。

 

「理論的には、正しいのかもしれません。ただし、がん治療の理論なんてごまんとあります。動物実験、細胞実験でいい結果が出ても、人間に効くかどうかは別問題です。

新しい治療法の臨床試験は三つの段階があるのですが、フェーズ3(第3段階)で行われる厳しい『ランダム化比較試験』を潜り抜けて、ようやく承認されるのです」

 

たとえば、薬価が非常に高額だが、画期的な抗がん剤として注目を集めた「免疫チェックポイント阻害剤」のオプジーボは、このフェーズ3をちゃんと通過している。

 

「一方で、自由診療で行われている免疫治療の場合、ずっとフェーズ1をくり返していたり、ひどい場合は臨床試験を行っていなかったりする。にもかかわらず、治療に効果があるような宣伝をしているので、インチキだと批判されるのです」

 

北里大学医学部の臨床腫瘍学教授・佐々木治一郎氏によると、自由診療の免疫療法のなかには、厚労省が「先進医療」として位置付けているものもあるという。

 

「これは保険適用はされていないけれど、評価を行うことが必要な治療法として認められ、その効果について最終的な判断が出されていない治療法です。

今年7月1日の時点でがんに対する免疫療法はNKT細胞を用いた免疫療法(肺がん)など7種類が先進医療に認定されています」

 

しかし、先進医療とは必ずしも効果が高い医療ではない。

むしろ、そう誤解する患者を誘い込むためにぴったりの言葉で、悪質なクリニックが小遣い稼ぎで行っている場合も多い。

 

松戸市立病院の化学療法内科部長・五月女隆氏が語る。

 

「免疫療法を謳うクリニックのページを見ると、『最先端の治療法が受けられるかも』と思うかもしれませんが、むしろ一般の病院のほうが最先端の治療をやっている。彼らの治療法は十数年以上前からほとんど進歩していないのが実態です」

 

科学的な知識がない患者は、標準治療を勧める医師の言葉に耳を貸さず、民間療法に傾くことも多い。妻(57歳)が、乳がんを患っている男性が語る。

 

「病院では抗がん剤を投与されていましたが、思ったような効果が出ず、主治医には内緒でアガリクスの粉末(1ヵ月分で4万円)、朝鮮ニンジン茶(1瓶10万円)、水素水サーバー(40万円)、しまいには、以前通っていたジムのトレーナーに勧められて酸素カプセル(250万円)も購入した。計400万円以上使いました」

 

数々の出費もむなしく、この女性は最近の定期健診で余命3ヵ月を宣告されたという。

 

民間療法はのめりこむと宗教じみてくる。

「『アルミの鍋は発がん性物質があるから』と友人に勧められ、20万円もする鍋のセットを買った患者さんもいました。

 

またがん細胞が熱に弱いということで、毎日岩盤浴に通っていた患者さんもいた。

体力のある方の中には、パワースポットめぐりと称して、僻地の神社を訪ねる人も多い」(関西のホスピス医)

 

医療ジャーナリストの蒲谷茂氏が語る。

 

「がん患者の約4割がなんらかの民間療法を試しているという調査結果があります。

しかし、本当に効果のある民間療法はまずないと言っていい。

誤解を恐れずに言えば、効果のないものをさもあるかのように演出するのがこの業界なのです」

 

免疫療法も民間療法も、医学的なエビデンスがないという点では根は一緒。

藁にもすがる思いの患者を相手にした「ビジネス」なのだ。

 

「悪徳なクリニックには3つの特徴があります。

まずは自由診療で保険が利かないこと。

次に『がんが消えた』という謳い文句。

そして実際にがんが小さくなった患者の例などが大きく紹介されていることです。

ホームページなどでこの3つがそろえば、先ずインチキと思って間違いない」(前出の勝俣氏)

 

悪徳なクリニックほど、優しい顔をして近づいてくる。

 

騙されてはいけない。

 

 








          たきがみ博士の想い

 

誰でも、自分の中に伝統がある。自分が経験したすべての過去の累積、それが”いま”のわたし。

過去とは思いだすこと、現在(いま)は過去の必然、そして、未来は想い、選択すること。

いまは、変えられない。

しかし、人には明日があり、未来がある。明日は、こうありたいと想いを持つことができる。

 

すてきな明日に向かって、”これからへの想い”を具体化するJourney、しっかり楽しみたいと思います。

そして、”いま、ここ”を丁寧に活きる。

みずからの人生の軌跡を、すてきな笑顔でみつめるために。

 

旬(ときめき)亭 亭主 たきがみ博士
  たきがみ博士


旬(ときめき)亭へのアクセス


 

 

 044-955-3061

 tokimeki@terra.dti.ne.jp

 

 旬(ときめき)亭 亭主  たきがみ博士



 

神奈川県川崎市麻生区

百合丘1-5-19 

   YDM百合ヶ丘ビル 5階

 



☆他人に期待すれば不満になり、

  自分を信頼すれば自信になる 

☆人間関係とは、他人を通して自分自身

  との付き合い方を学ぶ機会なり 

☆自分の短所を受け入れるとき、

  自分らしさという魅力が生まれる 

☆最も空しい人生とは、

  すべてが思い通りになる人生である 

☆幸せは得るものではなく、気付くもの


☆樹木は、上に伸びる前に下に伸びる 

☆他人との対立は、

  自分の心の中の対立に過ぎない 

☆幸せだから感謝するのではなく、

  感謝するから幸せを感じる 

☆孤独を知らなければ、

  本当の繋がりが分からない 

☆内側から生まれてくる至福は、

  失うことがない


天城流湯治法の天健躰操 【始動法】

寝る前、起きた時 3ポーズで5分間

肩こり、腰痛・しびれから解放