卵醤という体質改善法                     強健ラボ


病気は、体内PHが6~5の酸性の人、塩分、ミネラルなどの不足している人に発症していることが分かりました。

酸化状態が限界まで来ると敗血症で死んでしまうため、体を救う為にガンが出来るのです。

ガンが出来なければ既に死んでいるので、本当はガンに感謝しないといけないのです。

スーパーやコンビ二の現代の食べ物は、添加物や加工工程が酸化工程であり、毒化(酸化)しています。

 

何も考えずに食べていれば当然、酸性体質になるのは明らかで、現代は、病気になる社会構造がしっかり出来上がっていると言っても過言ではありません。

人間は、アルカリ性体質(PH7,3)を保持することが健康の重要なポイントなのです。

ちなみに、製薬類は酸性ですので、一時的表面効果はあるかもしれませんが、当然体全体では酸性に傾き、次第に病んでいくことになります。

最も私達の体を知らない間に酸化させてしまう最悪の物質は、添加物だらけの食品もそうですが、ワクチンや予防接種に組み込まれた強烈な毒物(過酸化物質)でしょう。

 

メルク社のワクチン科学者のトップ、モーリス・ハイルマン博士のインタビューで下記のように話しています。

 

・ポリオワクチンは、40種類のウイルスに広く汚染されていた。

・黄熱病のワクチンに白血病のウィルスが入っている。

・ワクチンによって長期の作用、つまりガンになる。

 

病気に対して抗体をつけ 病気から身を守るはずのワクチンが、 実は 遺伝子レベルで傷をつけ 癌を発症させるように働いている。

要するにワクチンなどに意図的に毒物を盛り込んでいるのですね。

病気にならないためには、こうした体を酸化させてしまうものを極力体に入れないことが最も大切です。

 

酸化されるとどうなるかといいますと、細胞内にある私達の体を動かしているミトコンドリアが瀕死してしまっているのです。

健康とは、ズバリ!「ミトコンドリア」、ミトコンドリアの活性、それだけなのです。

アルカリ体質は、ミトコンドリアが大好きなのです。

つまり、ミトコンドリアの大好きなことをして、大嫌いなことをしなければいいのです。

 

卵醤とは、自然海塩を使った自然醸造醤油に、有精卵を混ぜてそのまま飲むことをいいます。

卵醤は、塩に含む自然塩やミネラル類、有益な発酵体に加え、人体に必要な栄養素をほぼ全て含む完全食品である卵の素晴らしい栄養価を掛け合わせた奇跡の食べ物です。

 

つまり、卵醤は、ミトコンドリアが大好きな塩分やミネラルを圧倒的なスピードで補い、酸化された体をアルカリ体質に運びます。

 

卵醤の作り方と飲み方

有精卵と、自然醸造醤油を用意します。

有精卵を真ん中で綺麗に半分に割り、全卵をコップに入れます。

半分の卵の殻に、醤油をスリ切れまで注ぎます。

それを、その卵と混ぜてかき回し、グイッと飲むだけです。

 

最初は、4日連続で、1日1回好きな時に飲み、あと、3~4日空けて1回飲み、その後は、1週間ごとに飲むのが基本です。

 

私や私の家族で実験した結果、週2回がベストでした、これはもう鉄人パワー炸裂ですね。

あくまで基本ですので、飲みにくければ、アレンジされて結構です。

 

驚くほど疲れませんし、何もかも絶好調です。

風邪を引くと、鼻水ズルズル出ますよね~  あれは、体の塩分濃度を高めてウイルスなどを、やっつけようとしている体の自然防御反応です。

それを、薬で鼻水を抑えたら、体の塩分濃度は上がらず、体の中は、相当ヤバイ状態になります。

薬とは、全てそういう物なのです。

 

塩に含まれる有効なミネラル類は、塩単体での摂取は、実は、効率が悪く、あまり吸収されませんので、醤油や味噌など、発酵食品などに完全に溶解した状態での塩分摂取が非常に効率よく摂取できるそうです。

 

広島原爆で被爆された方で、味噌を良く食べたことによって命拾いしたという方がおられましたが、理にかなった全くうなずける話しです。

 

近年、メディアや医療界が、減塩を必要に謳うため、塩不足による病気が激増しているのです。

減塩とは、、体を作って動かしている細胞内のミトコンドリアの大好きなものの一つを奪ってしまうため、それが瀕死してしまうため、病気が多発するのです。

花粉症、アトピー、ガン、心臓疾患、不整脈、腰痛、脳梗塞、痴呆症・・・深刻な塩分不足が大きな原因です。

 

卵醤などで超難病が治ってしまいました

つまり、現代の大多数の方の一般的な食事は、全く塩分が足りていないのです!

そもそも、減塩生活して血圧が下がったというデータは、実は・・・、ありません。

塩は塩でも種類に天と地の差があります

かつて日本は、豊かな自然の塩田園が沢山ありましたが、戦後、GHQにことごとく潰されました。

その上、メデイア、医療の減塩キャンペーンによって、本当の塩の効果効能が全く理解されていません、といいますか、隠蔽されています。

塩は身体に悪いイメージがどうしてもありますが、それはズバリ、戦後急激に普及した化学処理された化学塩が悪いのです。

つまり、化学塩と良質の自然塩は、全く別物なのです。

良い塩は、アルカリ性ですので、良い塩の塩水に、鉄釘を浸しておいても、赤く錆びません。

 

ところが化学塩や精製塩の塩水に釘を浸すと、瞬く間に赤錆が発生し、水が赤くなり、釘は、ボロボロと朽ちて行きます。

これが、簡単に分かる塩の質の違いで、体内でも同じことが起こっているのですね~

ミネラルを多く含むこうした本物の自然塩は、人体に絶対に必要なのです。

体液は、0,9%の塩分濃度が必要なのです。

 

但し、スーパーに売られている普通の醤油や卵では、絶対になさらないで下さいね!

それらは、化学塩に化学強制醸造の醤油がほとんどですし、卵は、無精卵で、餌が粗悪すぎて卵醤の効果が出ないどころか、化学毒摂取で余計に体調が悪くなるかもしれません。。。

化学醤油、化学塩の普及は、病気を増大させているといって過言ではありません。

つまりほとんどの日本人は似非醤油と似非塩を食べているのです、病院が繁盛するわけです。

 

近所に売られてないので私は、自然塩醤油と有精卵をネット通販で購入しました。

飲み難いと書いてありましたが、素材がいいからか、想像するより美味しいですし、最初は体内塩分が少ないためか、すんなり飲めます。

私は花粉症ではありませんが、花粉症なんか、2日でかなり症状が引くそうです。

これを定期的に服用していれば、ボケやガンまでも、あらゆる病状に圧倒的になりにくいそうです。

冬は、風邪やインフルエンザが横行しますが、これは、大きな相棒になるのは間違いなしです。

頭は冴えるし、寝起きも抜群、受験生にも最高ではないでしょうか。

サプリメント類は、抽出段階で薬剤化学処理されていますので、素材本来の効果は、ほとんど無いのです。

またサプリも今や価格競争が激しく、原料は中国産にシフトしているようで、品質そのもののが、年々低下しているようです。

 

 

人の血中塩分濃度は0.85%が正常とされています。

その塩分濃度に近い人を陽性体質と呼び、その塩分濃度よりだいぶ低い人を陰性体質と呼んでいます。

 

陰性体質(塩分不足)の症状   《陰性体質(塩分不足)》

 

1)冷える...身体中冷えるが、特に手足が冷える。つまり冷え性。寒がりで、

いつも厚着をしている。靴下をはいて寝る人もいる。夏には強い。

 

2)疲れる...疲れやすく、スタミナがない。集中力が続かない。根気が続かない。

身体全体がだるい。長時間立っていられない。

 

3)顔色が悪い

 

4)痛む...原因不明の慢性頭痛。

特に午後になるとひどくなる(レンドゲンで調べる。脊髄液を調べる。

頭を切開すると いうようなことをする寸前で、筆者は卵醤だけでなおした例を

いくつ も持っている)。

肘が痛む。背中が痛む(肉の食べすぎ)。

腰痛、下半身が痛む(魚の食べすぎ)。

膝痛。足首が痛む。空腹時に胃が痛む。

 

5)胃ケイレン

 

6)ドライ・アイ

 

7)胸がむかつく

 

8)目が疲れる...目が疲れる。目がかすむ。視力が落ちる。視界が狭くなる。

近視、遠視、老眼、乱視がすすむ。

 

9)凝る。こわばる...肩から首筋が凝る。五十肩。膝がこわばって座れない。

コムラガエリ(運動中、就寝時、水泳中、ゴルフ中など)。手の平の一部に堅い

シコリができて痛む、手首が曲がらない。

 

10)むくむ...下肢がむくむ。顔がむくむ。腹や背中がむくむのは重症に近い。

 

11)ノイローゼ

 

12)水虫

 

13)下痢

 

14)常習便秘

 

15)出血、下血(血便)...すぐ鼻血が出る。小さな傷でも血がとまりにくい。

歯ぐきから出血する。血便が出る。

 

16)皮膚が弱い...すぐかぶれる。皮膚が荒れる。シッシン。化膿し易い。霜焼け。

あかぎれ

 

17)臭い...足が臭い。息が臭い。ワキガ。

 

18)虫歯...陽性の人は歯をよく磨かなくとも虫歯にならない。

 

19)めまい。目ぼたる。立ちくらみ

 

20)貧血、血がうすい。出血がとまりにくい

 

21)食欲不振

 

22)動悸。息切れ

 

23)手足のマヒ。シビレ

 

24)円形脱毛。抜け毛。枝毛。ネコ毛

 

25)手の平、足の裏がシメッている。冷や汗

 

26)乗り物に酔い易い

 

27)不眠症、寝つきが悪く、眠りが浅い

 

28)朝寝坊...7時すぎまで寝ていたい人は、強陰性

 

29)小便の回数が多い

 

30)目がさめても、しばらくはボーッとしていて頭が回転しない

 

31)低体温

 

32)痛風

 

33)心臓肥大

 

34)花粉症

 

35)アトピー性皮膚炎

 

36)白内障

 

37)中耳炎

 

38)蓄膿症

 

39)糖尿病

 

40)痔

 

41)低血圧、不整脈、結滞

 

42)高血圧

 

43)登校拒否、非行

 

44)おもらし

 

45)ボケ

 

45)寝たきり老人

 

  

 

陽性体質(適正塩分)の症状   《陽性体質(適正塩分)》

 

1)血色がよい

 

2)快活

 

3)動作がキビキビしている

 

4)声が大きい

 

5)スタミナがある

 

6)集中力がある

 

7)激しい運動をしても疲れが翌日に残らない

 

8)あまりカゼをひかない

 

9)暑がりで冬に強い

 

10)手の平がいつも乾いている

 

11)冬、冷たい床に入っても10分か15分で足をフトンの外に出してしまう

 

12)寝つきがよく熟睡する

 

13)睡眠時間が短い

 

14)朝5時には自然に目が覚めて、その瞬間から頭が正常に回転する

 

15)快食、快便

 

16)小便は冬で1日4~5回、夏は2~3回以内

 

17)アルコールに強い

 

18)果物と甘い菓子がきら

 








          たきがみ博士の想い

 

誰でも、自分の中に伝統がある。自分が経験したすべての過去の累積、それが”いま”のわたし。

過去とは思いだすこと、現在(いま)は過去の必然、そして、未来は想い、選択すること。

いまは、変えられない。

しかし、人には明日があり、未来がある。明日は、こうありたいと想いを持つことができる。

 

すてきな明日に向かって、”これからへの想い”を具体化するJourney、しっかり楽しみたいと思います。

そして、”いま、ここ”を丁寧に活きる。

みずからの人生の軌跡を、すてきな笑顔でみつめるために。

 

旬(ときめき)亭 亭主 たきがみ博士
  たきがみ博士


旬(ときめき)亭へのアクセス


 

 

 044-955-3061

 tokimeki@terra.dti.ne.jp

 

 旬(ときめき)亭 亭主  たきがみ博士



 

神奈川県川崎市麻生区

百合丘1-5-19 

   YDM百合ヶ丘ビル 5階

 



☆他人に期待すれば不満になり、

  自分を信頼すれば自信になる 

☆人間関係とは、他人を通して自分自身

  との付き合い方を学ぶ機会なり 

☆自分の短所を受け入れるとき、

  自分らしさという魅力が生まれる 

☆最も空しい人生とは、

  すべてが思い通りになる人生である 

☆幸せは得るものではなく、気付くもの


☆樹木は、上に伸びる前に下に伸びる 

☆他人との対立は、

  自分の心の中の対立に過ぎない 

☆幸せだから感謝するのではなく、

  感謝するから幸せを感じる 

☆孤独を知らなければ、

  本当の繋がりが分からない 

☆内側から生まれてくる至福は、

  失うことがない


天城流湯治法の天健躰操 【始動法】

寝る前、起きた時 3ポーズで5分間

肩こり、腰痛・しびれから解放