半日断食の排毒                                                            養生ラボ


一日一食、半日断食では、尿から毒素が出るのが多くなる。

 

まず、朝食を摂る人の尿を1週間丹念に排泄ごとに検査し、一日の尿全量に対する毒素の平均を算出する。

つぎに、同一人が朝食をやめて二週間以上経過して後、1週間連続して前同様に毒素の平均割合を算出して、それを比較するのである。

その結果、私はつぎの成果を得たのである。

 

①昼食抜きの朝夕2食者の尿中の毒素の割合          ・・・・・・66%

②一日3食者の尿中の毒素の割合                 ・・・・・・・75%

③朝食廃止の昼夕2食者の尿中の毒素の割合          ・・・・・・100%

④1日1食午後3時ないし4時の間に摂る者の尿中の毒素の割合・・・・127%

 

尿中に多く毒素が多く出るということは、毒素が多く作られるものと速断してはならぬ。

毒素の生成される量はほぼ一定であるが、朝食を摂ると、腎臓機能が完全に働かぬために、排泄すべき毒素が体内に残って各組織の間に停滞するのである。

3食食べた者より朝と夕食べて昼を抜いたほうが毒素の量が少ないってのは、朝はやはりデトックスの時間(東洋医学)といわれているのと、朝食を抜いた方が断食の時間が開くからだと思います。

朝食抜くだけでもこれだけ違うなら、体の調子は良くなるのは間違いないと思います。

 

基本的には、腎臓の糸球体で濾過され、通常は尿中に排泄される、尿素などの血中の廃棄物を指します。腎臓の機能の低下により血中に蓄積します。

尿毒素の定義は、単に血中に蓄積するだけではなく、心臓、消化器、脳神経などにさまざまな障害を起こす、つまり毒性を示すものです。

尿毒素には、塩(ナトリウム)やカリウム、水などの日常的なものから、蛋白質が尿毒症毒素の主な原料となったさまざまな物質まで、多種多様です。

 

1973年、甲田医師は神戸大学医学部の喜多村教授と共同研究で、断食によるBHC排毒効果を実験しています。

その結果

「断食をすると、尿中に大量のBHCが排泄されることがわかったのです」(甲田医師)

  *BHCとは高度経済成長期に全国で使われていた有機塩素系農薬の代表

 

断食をすれば、農薬も尿で排泄されるってのはかなりすごい実験。

「胃腸の働き」が弱い人はもちろん、食べ過ぎて「宿便」をためこんでる人では、体内に侵入した環境ホルモンを排泄する力は低下しています」(甲田医師)

まず3食食べるってことは、色んな毒もその分 食から入ってくるだろうし、気をつけても100%農薬や食品添加物などの毒をシャットダウンするのは難しいですし・・今の時代。

 

逆にそこまで気をつけすぎても(病気の場合は別)ストレスなどで疲れてしまうと思いますので、そんなに固くならない方が無難だと思います。

 

だからこそ、断食などをして排毒するのが大事なんですね。

 








          たきがみ博士の想い

 

誰でも、自分の中に伝統がある。自分が経験したすべての過去の累積、それが”いま”のわたし。

過去とは思いだすこと、現在(いま)は過去の必然、そして、未来は想い、選択すること。

いまは、変えられない。

しかし、人には明日があり、未来がある。明日は、こうありたいと想いを持つことができる。

 

すてきな明日に向かって、”これからへの想い”を具体化するJourney、しっかり楽しみたいと思います。

そして、”いま、ここ”を丁寧に活きる。

みずからの人生の軌跡を、すてきな笑顔でみつめるために。

 

旬(ときめき)亭 亭主 たきがみ博士
  たきがみ博士


旬(ときめき)亭へのアクセス


 

 

 044-955-3061

 tokimeki@terra.dti.ne.jp

 

 旬(ときめき)亭 亭主  たきがみ博士



 

神奈川県川崎市麻生区

百合丘1-5-19 

   YDM百合ヶ丘ビル 5階

 



☆他人に期待すれば不満になり、

  自分を信頼すれば自信になる 

☆人間関係とは、他人を通して自分自身

  との付き合い方を学ぶ機会なり 

☆自分の短所を受け入れるとき、

  自分らしさという魅力が生まれる 

☆最も空しい人生とは、

  すべてが思い通りになる人生である 

☆幸せは得るものではなく、気付くもの


☆樹木は、上に伸びる前に下に伸びる 

☆他人との対立は、

  自分の心の中の対立に過ぎない 

☆幸せだから感謝するのではなく、

  感謝するから幸せを感じる 

☆孤独を知らなければ、

  本当の繋がりが分からない 

☆内側から生まれてくる至福は、

  失うことがない


天城流湯治法の天健躰操 【始動法】

寝る前、起きた時 3ポーズで5分間

肩こり、腰痛・しびれから解放