医学の父、ヒポクラテスの格言


・歩くと頭が軽くなる

 

・火食は過食に通ず

 

・まず何よりも害をなすなかれ

 

・すべての病気は腸から始まる

 

・歩く事は人間にとって最良の薬である

 

・満腹が原因の病気は空腹によって治る

 

・月に一度断食をすれば病気にならない

 

・病気は神が治し、恩恵は人が受け取る

 

・汝の食事を薬とし、汝の薬は食事とせよ

 

・人は自然から遠ざかるほど病気に近づく

 

・病気は食事療法と運動によって治療できる

 

・食べ物で治せない病気は、医者でも治せない

 

・人間は誰でも体の中に百人の名医を持っている

 

・賢者は健康が最大の人間の喜びだと考えるべきだ

 

・病人の概念は存在しても、病気の概念は存在しない

 

・私たちの内にある自然治癒力こそ真に病を治すものである

 

・極度に激しい疾患には、極度に激しい治療が最も有効である

 

・健全なる体を心掛ける者は完全なる排泄を心掛けねばならない

 

・筋肉を充分に使っている人は病気に罹りにくく、いつまでも若々しい

 

・心に起きる事はすべて体に影響し、体に起きる事もまた心に影響する

 

・食べ物について知らない人が、どうして人の病気について理解できようか

 

・患者に発熱するチャンスを与えよ。そうすればどんな病気でも治してみせる

 

・人間がありのままの自然体で自然の中で生活をすれば120歳まで生きられる

 

・病人に食べさせると、病気を養う事になる。一方、食事を与えなければ、病気は早く治る

 

・病気は人間が自らの力をもって自然に治すものであり医者はこれを手助けするものである

 

 

 








          たきがみ博士の想い

 

誰でも、自分の中に伝統がある。自分が経験したすべての過去の累積、それが”いま”のわたし。

過去とは思いだすこと、現在(いま)は過去の必然、そして、未来は想い、選択すること。

いまは、変えられない。

しかし、人には明日があり、未来がある。明日は、こうありたいと想いを持つことができる。

 

すてきな明日に向かって、”これからへの想い”を具体化するJourney、しっかり楽しみたいと思います。

そして、”いま、ここ”を丁寧に活きる。

みずからの人生の軌跡を、すてきな笑顔でみつめるために。

 

旬(ときめき)亭 亭主 たきがみ博士
  たきがみ博士


旬(ときめき)亭へのアクセス


 

 

 044-955-3061

 tokimeki@terra.dti.ne.jp

 

 旬(ときめき)亭 亭主  たきがみ博士



 

神奈川県川崎市麻生区

百合丘1-5-19 

   YDM百合ヶ丘ビル 5階

 



☆他人に期待すれば不満になり、

  自分を信頼すれば自信になる 

☆人間関係とは、他人を通して自分自身

  との付き合い方を学ぶ機会なり 

☆自分の短所を受け入れるとき、

  自分らしさという魅力が生まれる 

☆最も空しい人生とは、

  すべてが思い通りになる人生である 

☆幸せは得るものではなく、気付くもの


☆樹木は、上に伸びる前に下に伸びる 

☆他人との対立は、

  自分の心の中の対立に過ぎない 

☆幸せだから感謝するのではなく、

  感謝するから幸せを感じる 

☆孤独を知らなければ、

  本当の繋がりが分からない 

☆内側から生まれてくる至福は、

  失うことがない


天城流湯治法の天健躰操 【始動法】

寝る前、起きた時 3ポーズで5分間

肩こり、腰痛・しびれから解放