医原病                                 内海 聡


以下に当てはまる人がいればほとんど医原病です。

慢性の病気はクスリを飲み続けなければいけない、というのがすでにウソだからです。

 

① 薬を複数種飲んでいる

② 薬を数年以上にわたって飲んでいる

③ 薬を飲んでからむしろ悪くなっている

④ 社会的な事情から起こった症状に薬を飲んでいる

⑤ 病院にかかってから病気が悪化しているといわれる

 

ではどうするのかという方法論は、まずなによりもやってほしいのは現代医学のウソを見抜く目です。

これは現代においてはいろいろ調べればいくつも出てきます。そして自分で調べられるようになるということが重要です。しかし病気になってしまうとそれだけだとうまくいきにくいのです。

そこではじめて方法論が問われます。目と自分でやることを飛ばして方法論にいってもうまくいきません。

 

①修養

少なくとも現在の精神科にかかっている人のうち、九割はこういう修養とか鍛えることが「もしできれば」良くなるでしょう。

現代において厳しいことを勧める人間とは、患者さんの苦しみとやらを理解しない人でなしであるそうです。

 

②マラソンなどの運動

いろんな意味で効果があると思います。要するに体つくりですが、日本人全体が精神的な病前状態であり、かつそれを克服するために、自分たち自身で取り組もうとしている表れでもあると思います。

 

③太極拳やヨガ

もう少し軽いものだと太極拳やヨガなどがあり、これは心療内科の教科書に載っているくらいです。呼吸法なども腹式呼吸が基本で、丹田を重視するよう教えられるので、病前治療としても多いに役立つはずと思います。

腹式呼吸は症状をよくする上での基本中の基本です。こういうことをやっている人は、どこが痛いとかどこが凝るなどとも言わないし、痛くてもそれが自然であることを理解できるのです。そんな訴えで病院に来るような人間にならないのです。

 

④食事の改善

社会毒を避け自分の食性を知り、感謝して食べること、手作りで食べること、おいしく食べること、残さず食べること、身土不二で食べること、季節のものを食べることなどを重視します。

 

⑤断食

断食も一定の効果があります。効果がある理由として、腸内細菌叢を一掃するからとか、糖質中毒から逃れるからとか、精神的や修行になるとか、ほかにもいろんな学説がありますが、経験者によると一つの壁を超える感覚があるそうです。

これも乗り越える経験を身につけたからこそ、種々の症状に対処することができるのかもしれません。

 

⑥教育

教育というのは最大の修行です。幼少期で勝負が決まっているといっても過言ではありません。

難しい患者さんの親をみていてわかることは、おとなしくて手がかからない子どもにコミュニケーションの訓練などを教えた経歴がほとんどありません。患者が親の育て方が悪いと恨む理由の筆頭ともいえます。

 

⑦トラウマやコンプレックスを直視する

トラウマや傷つき体験やコンプレックスを感じるのは、生きる上で必要不可欠です。

良識派とかいわれる医者や多くの心理士も、これらはいけないこと、排除すべきものという人が多いです。これが一番のウソであり、その結果が今の世の中、今の医療の現状ではないかと私は思います。

教育現場でも会社などでもこういうことをさせるのがいけない、という認識が浸透していますが、そのおかしさを今の人間は感じないのです。

 

改善するのは自分自身でしかありません。

 

 

*NPO法人 薬害研究センター 理事長、Tokyo DD Clinic 院長、NPO法人 薬害研究センター 理事長

 








          たきがみ博士の想い

 

誰でも、自分の中に伝統がある。自分が経験したすべての過去の累積、それが”いま”のわたし。

過去とは思いだすこと、現在(いま)は過去の必然、そして、未来は想い、選択すること。

いまは、変えられない。

しかし、人には明日があり、未来がある。明日は、こうありたいと想いを持つことができる。

 

すてきな明日に向かって、”これからへの想い”を具体化するJourney、しっかり楽しみたいと思います。

そして、”いま、ここ”を丁寧に活きる。

みずからの人生の軌跡を、すてきな笑顔でみつめるために。

 

旬(ときめき)亭 亭主 たきがみ博士
  たきがみ博士


旬(ときめき)亭へのアクセス


 

 

 044-955-3061

 tokimeki@terra.dti.ne.jp

 

 旬(ときめき)亭 亭主  たきがみ博士



 

神奈川県川崎市麻生区

百合丘1-5-19 

   YDM百合ヶ丘ビル 5階

 



☆他人に期待すれば不満になり、

  自分を信頼すれば自信になる 

☆人間関係とは、他人を通して自分自身

  との付き合い方を学ぶ機会なり 

☆自分の短所を受け入れるとき、

  自分らしさという魅力が生まれる 

☆最も空しい人生とは、

  すべてが思い通りになる人生である 

☆幸せは得るものではなく、気付くもの


☆樹木は、上に伸びる前に下に伸びる 

☆他人との対立は、

  自分の心の中の対立に過ぎない 

☆幸せだから感謝するのではなく、

  感謝するから幸せを感じる 

☆孤独を知らなければ、

  本当の繋がりが分からない 

☆内側から生まれてくる至福は、

  失うことがない


天城流湯治法の天健躰操 【始動法】

寝る前、起きた時 3ポーズで5分間

肩こり、腰痛・しびれから解放