化学物質過敏症の人が増えている                 吉冨 信長


香水、洗剤などに使われる人工香料をちょっと嗅いだだけで、吐き気をもよおしたり、体調が悪くなったりするという化学物質過敏症の人が増えています。

 

自然界にない香りを察知して体が敏感に察知するのは、ある意味優秀な感覚を持っているのかもしれません。

しかし、極度に反応してしまうような過敏症の人は、もしかするとビタミン欠乏や腸内環境の悪化が推測されるかもしれません。

 

海外では、香料に過敏に反応することをPerfume Sensitivity(※1)と言ったり、香料をはじめ極度な化学物質過敏症をMCS(※2)と称しています。

 

MCSの人で多く見られるのが、ビタミンB6欠乏とマグネシウム欠乏です(※3)。

特にビタミンB6は、有害な化学物質を肝臓の解毒経路を通して体内から取り除く働きをするタウリンや、解毒酵素そのものであるグルタチオンを合成するのに必要なビタミンです。

 

MCSの症状は、グルタチオンが枯渇すると引き起こされることも示されています(※4,5)。

また、香水に敏感な人はビタミンB6やタウリンのレベルが低い傾向にあります。

 

※MCSの人は血清ALT値が低いことがあります。ALTはその補酵素にビタミンB6をもつため、ビタミンB6の量と相関しています。

 

さて、腸内フローラのバランスが健全である限り、ヒトの腸内細菌群はビオチン、コバラミン(VB12)、葉酸、ナイアシン、パントテン酸、ピリドキシン(B6)、リボフラビン(B2)、チアミン(B1)の8種のビタミンB群を生合成します。

特に、細菌の外に出して、私たち宿主へ渡されやすい栄養素はB6とB12です。

 

一般にB6の推奨摂取量(RDI)は1.3mg/日ですが、実は最近の新しい研究では腸内細菌群によるB6合成量はこの86%にも寄与することがわかっています(※6)。

これは驚くべき産生量です。

ただし、あくまで健全な腸内フローラを維持している人に限った話です。

 

つまり、腸内環境が悪い人はこのB6の産生量が低下し、グルタチオンやタウリンの合成が上手くいかず、結果、香料などに敏感になってしまう過敏症となる可能性があるのです。

もちろん、食事由来のB6も大切です。

 

アレルギーにしても、過敏症にしても、単なる体の防御反応や察知反応だけでなく、極度な場合、もしかすると、こうしたビタミンの欠乏によるものかもしれません。

 

始めから対象ばかりのせいにするのではなく、もしかすると自分の身体の代謝に異常があるのかもしれないと考えることは、自分の健康の維持をはかるうえで、実は大切なことなのです。

 

※1 香水過敏。Odor Sensitivityとも言う。

※2 multiple chemical sensivitiy

※3 Occup Med. 1987 Oct-Dec;2(4):713-20

※4 Biochemical pharmacology 2008, 75(2), 552-561

※5 Environmental toxicology 2009, 24(4), 404-414

※6 Front Genet. 2015; 6: 148

 

 

 









          たきがみ博士の想い

 

誰でも、自分の中に伝統がある。自分が経験したすべての過去の累積、それが”いま”のわたし。

過去とは思いだすこと、現在(いま)は過去の必然、そして、未来は想い、選択すること。

いまは、変えられない。

しかし、人には明日があり、未来がある。明日は、こうありたいと想いを持つことができる。

 

すてきな明日に向かって、”これからへの想い”を具体化するJourney、しっかり楽しみたいと思います。

そして、”いま、ここ”を丁寧に活きる。

みずからの人生の軌跡を、すてきな笑顔でみつめるために。

 

旬(ときめき)亭 亭主 たきがみ博士
  たきがみ博士


旬(ときめき)亭へのアクセス


 

 

 044-955-3061

 tokimeki@terra.dti.ne.jp

 

 旬(ときめき)亭 亭主  たきがみ博士



 

神奈川県川崎市麻生区

百合丘1-5-19 

   YDM百合ヶ丘ビル 5階

 



☆他人に期待すれば不満になり、

  自分を信頼すれば自信になる 

☆人間関係とは、他人を通して自分自身

  との付き合い方を学ぶ機会なり 

☆自分の短所を受け入れるとき、

  自分らしさという魅力が生まれる 

☆最も空しい人生とは、

  すべてが思い通りになる人生である 

☆幸せは得るものではなく、気付くもの


☆樹木は、上に伸びる前に下に伸びる 

☆他人との対立は、

  自分の心の中の対立に過ぎない 

☆幸せだから感謝するのではなく、

  感謝するから幸せを感じる 

☆孤独を知らなければ、

  本当の繋がりが分からない 

☆内側から生まれてくる至福は、

  失うことがない


天城流湯治法の天健躰操 【始動法】

寝る前、起きた時 3ポーズで5分間

肩こり、腰痛・しびれから解放