化学合成物質                          工藤清敏


化学合成物質を食品に入れてはならない。

 

そんな法律ができたらどうなるか。

 

大手の食品会社は、利益を出すことができません。

 

もともと200円だった自然の食品を他の安い材料と香料で作って、同じ名前で半額で出す。

 

このマジックが使えなくなります。

 

全国展開も無理です。

 

腐ってしまいます。

 

多くの優良な当たり前の食品会社が潰れて地方は廃れてしまいました。

 

化学物質があれば、

国の支援があれば

価格でリーダーシップが取れて

 

競争で買って

利益が出て、

政治家とメディアを動かす。

 

優等生な僕たちは、安くていいじゃないかと思って買うわけです。

 

それだけだったらまだ良かったのですが健康被害です。

腎臓、肝臓、胃や腸がボロボロ。

 

そこに命の元、塩は減塩政策です。

 

そこに大好きな砂糖攻撃、小麦粉攻撃です。

 

玄米を美味しく

野菜をバリバリ

果物たっぷりな生活をしている人はわずかです。

 

いろいろな人が具合が悪くなるのは仕方ないことです。

 

化学物質は、農家も、その辺の人も誰も作れません。

 

一部の人の独占なのです。

 

これは金のなる木なのです。

 

ここを独占していることが世界の課題なのです。

 

この人たちは石油、武器、金融、政治、国家、メディアも独占しているのです。

 

その一部に、多くの人が群がっていきます。

 

それで、世界のお金と国家と国民が、いつの間にか奴隷のようにつながっているのです。

 

それが分かっていても、ここから逃れにくくなっています。

 

明日もどこかで働かなければなりませんものね。

 

でもそこから抜けて、小さく仕事をしている人もいます。

大したもんです。

 

こう言いながら、この世界も、生き方だと思います。

 

化学物質が入っていない食べ物を買って食べるだけです。

 

病院もよっぽどじゃないと使わなければいいのです。

 

自然ないいものは、密かに売られていますから買えばいいのです。

 

収入も工夫次第です。

 

少なければ、上手に節約するだけです。

 

本当は何も決まりなんてないのです。

自由なんです。

 

子供が自分でご飯が食べれるように学べるようにサポートすればいいです。

 

住むところも自由です。この日本なら。

 

覚悟を決めればいろんな道が開けます。

 

どうせ、肉体は衰えます。

いつかは誰もが死ぬでしょう。

慌てることはありません。

なるようにしかならないのです。

 

しかし、やりたいということがあれば少しづつやっていきましょう。

 

 

 

西洋近代医学 そもそもその言葉がいかがわしい。

代替医療、補完医療 その言葉がおかしい。

 

科学的、技術的、侵襲的

自然の理を変えようとする。

 

しかしこのような医学はまだ200年ほどの歴史である。

 

医師という職業はなかった。

 

それが台頭してきたのが200年前。

 

ヒポクラテスの誓いを忘れて、のし上がってきた。

 

産婆さんを押しのけて、機械を使いながら、高価格で医療を進めてきた。

 

何万年も続く、言霊治療、薬草治療を押しのけて、石油利権の人が医学大学を作り、医者という資格者を生み出してきた。

 

癒しが医学化された。

 

もちろんその流れに、伝統的な治療者も対抗してきた。

 

しかし負け戦さとなっていく。

 

利益が違う。

 

伝統的な治療者は、お金に疎い。

お金のために治療するのではない。

そう思っている。

 

しかし石油利権者は違う。

富はいくらでも。

 

モチベーションが高い!

 

今では国家さえ牛耳る。

 

ほっとけばいいものを、ほっといたら死ぬよ?って脅す。

 

せっかく熱が出て治しているのに、苦しいでしょ、熱を下げてあげましょうって

苦しんでいる人に熱を下げて喜んでもらう。

 

世界中に病人が増えている。

医療は聖域なんかじゃない。

巧妙な経済活動です。

 

 








          たきがみ博士の想い

 

誰でも、自分の中に伝統がある。自分が経験したすべての過去の累積、それが”いま”のわたし。

過去とは思いだすこと、現在(いま)は過去の必然、そして、未来は想い、選択すること。

いまは、変えられない。

しかし、人には明日があり、未来がある。明日は、こうありたいと想いを持つことができる。

 

すてきな明日に向かって、”これからへの想い”を具体化するJourney、しっかり楽しみたいと思います。

そして、”いま、ここ”を丁寧に活きる。

みずからの人生の軌跡を、すてきな笑顔でみつめるために。

 

旬(ときめき)亭 亭主 たきがみ博士
  たきがみ博士


旬(ときめき)亭へのアクセス


 

 

 044-955-3061

 tokimeki@terra.dti.ne.jp

 

 旬(ときめき)亭 亭主  たきがみ博士



 

神奈川県川崎市麻生区

百合丘1-5-19 

   YDM百合ヶ丘ビル 5階

 



☆他人に期待すれば不満になり、

  自分を信頼すれば自信になる 

☆人間関係とは、他人を通して自分自身

  との付き合い方を学ぶ機会なり 

☆自分の短所を受け入れるとき、

  自分らしさという魅力が生まれる 

☆最も空しい人生とは、

  すべてが思い通りになる人生である 

☆幸せは得るものではなく、気付くもの


☆樹木は、上に伸びる前に下に伸びる 

☆他人との対立は、

  自分の心の中の対立に過ぎない 

☆幸せだから感謝するのではなく、

  感謝するから幸せを感じる 

☆孤独を知らなければ、

  本当の繋がりが分からない 

☆内側から生まれてくる至福は、

  失うことがない


天城流湯治法の天健躰操 【始動法】

寝る前、起きた時 3ポーズで5分間

肩こり、腰痛・しびれから解放