加工デンプンのミネラル阻害                  吉冨 信長


食品添加物である加工デンプンは本当にあらゆる加工食品に使用されるようになりました。

 

うどんやインスタント麺、ハムやソーセージ、即席スープ、ドレッシングなど、そして外食チェーン店の食品にも必ずといって言いほど使われているはずです。

 

食品添加物は、たいてい2つのデメリットがあります。

それは、活性酸素を発生させてしまうこと、そしてミネラル吸収を阻害してしまうことです。

 

加工デンプンは製造時における不純物の残留など、その安全性も問われていますが、栄養学的視点でみると、ミネラルを排出してしまうというところに大きな短所があるのです。

 

加工デンプンはいくつかの種類がありますが、中でもよく使用されるヒドロキシプロピルデンプンは、鉄利用の阻害度が大きいことがわかっています(J Nutr. 2001 Feb;131(2):294-300)。

 

ヒドロキシプロピルデンプンはタピオカのデンプンを原料にしていますが、この原料デンプンよりも非常に鉄との結合能が高いのです。

また、鉄だけでなく、亜鉛の利用阻害も認められています。

 

そもそもデンプン自体、かなり大量に摂取してしまうと、鉄欠乏性の貧血になることが報告されています。

(ただし、あくまで極端な摂取量の話です) 

ところが、加工デンプンの場合、この通常の原料デンプンよりもさらに約75%もの鉄が阻害されてしまったのです。

 

栄養を学ぶときには、ただ「入れていく」だけではなく、何を「抜く」のかということも大切です。

そういう意味では、できるだけ食品添加物の入っていない食品選びというのは非常に重要なポイントとなるのです。

 

特に加工デンプンという表現は、あたかもエネルギーとなるデンプンをイメージさせてしまうため、消費者を安心させてしまいます。

しかし、これらの日常的な摂取が潜在的なミネラル欠乏を招くことも十分に可能性はあるのです。

 

 

 








          たきがみ博士の想い

 

誰でも、自分の中に伝統がある。自分が経験したすべての過去の累積、それが”いま”のわたし。

過去とは思いだすこと、現在(いま)は過去の必然、そして、未来は想い、選択すること。

いまは、変えられない。

しかし、人には明日があり、未来がある。明日は、こうありたいと想いを持つことができる。

 

すてきな明日に向かって、”これからへの想い”を具体化するJourney、しっかり楽しみたいと思います。

そして、”いま、ここ”を丁寧に活きる。

みずからの人生の軌跡を、すてきな笑顔でみつめるために。

 

旬(ときめき)亭 亭主 たきがみ博士
  たきがみ博士


旬(ときめき)亭へのアクセス


 

 

 044-955-3061

 tokimeki@terra.dti.ne.jp

 

 旬(ときめき)亭 亭主  たきがみ博士



 

神奈川県川崎市麻生区

百合丘1-5-19 

   YDM百合ヶ丘ビル 5階

 



☆他人に期待すれば不満になり、

  自分を信頼すれば自信になる 

☆人間関係とは、他人を通して自分自身

  との付き合い方を学ぶ機会なり 

☆自分の短所を受け入れるとき、

  自分らしさという魅力が生まれる 

☆最も空しい人生とは、

  すべてが思い通りになる人生である 

☆幸せは得るものではなく、気付くもの


☆樹木は、上に伸びる前に下に伸びる 

☆他人との対立は、

  自分の心の中の対立に過ぎない 

☆幸せだから感謝するのではなく、

  感謝するから幸せを感じる 

☆孤独を知らなければ、

  本当の繋がりが分からない 

☆内側から生まれてくる至福は、

  失うことがない


天城流湯治法の天健躰操 【始動法】

寝る前、起きた時 3ポーズで5分間

肩こり、腰痛・しびれから解放