分食を勧める理由                        池澤 孝夫


今になって思えば、なぜ「糖質制限」で「糖を悪者扱い」にしていた時の自分を恥じる。

 

どうすれば自分の体質をもとに戻せるかは「糖質」を処理能力以上に一食では摂らないようにすればいいだけで、何も「糖質」から逃げる必要などなかったのである。

 

体調不調や病気の原因の背景にある「ホルモン分泌異常」は、実は「エネルギー代謝の要」である「ピルビン酸→アセチルCoA」に至る代謝経路の障害から始まっていたのである。

 

この障害が起こった原因は「多価不飽和脂肪酸(プーファ)」が酸化して、それが代謝される過程で発生する「アルデヒド」によって「ピルビン酸脱水素酵素(PDH)」というたんぱく質酵素を変性させることによって起こっているとの仮説を採用している。

 

実際、サラダ油を始めとする「オメガ6系」の「プーファ」は、日常の調理油として用いられるだけでなく、様々な加工食品の中にも入っており、この50年余りの間に4割増加した「脂質摂取量」の大半を占めているといってよい。

皮下脂肪に含まれる「オメガ6系のプーファ」の比率は50年前の8%から24%に「3倍増」しているのだ。

野生のチンパンジーが8%のまま変わらないのと比較して、いかにその油を多く摂取してきたかが分かる。

 

こうして知らない間にブドウ糖からピルビン酸を経てアセチルCoAとなり「TCAサイクル」に入って行く経路の「パイプ」が細くなってしまったのだ。

細胞は「ブドウ糖」を完全燃焼させてこそ「脂肪酸」も完全燃焼することができたのだが、パイプが細くなったのを知らずに、糖質の多い食生活をしたため一時的にエネルギーやグリコーゲンになれなかったブドウ糖は乳酸になり、またそれでも余ったブドウ糖は中性脂肪となって、全身のあちこちに貯蔵されることになったのだ。

 

これを「細口瓶」に水を注ぐのに「大中小」の「漏斗」をつかった場合を想定してみよう。

水の量を「糖質量」として考えると瓶は「TCAサイクル」であり、漏斗の大きさは「ピルビン酸→アセチルCoAのパイプの太さ」と例えることができる。

 

水が外へ溢れないように入れるにはどうすればいいかを考えれば、それはまさに糖質の摂取の仕方をどうすればいいかの答えにもなるはずである。

そこで下の絵を見れば「漏斗」が小さければ「少しずつゆっくりと注ぐ」ことで「水」は「瓶」の中へこぼさずに入れることができる。

 

バケツが「ギャル曽根」とすれば「大きな漏斗」は健常人で「中の大きさの漏斗」は軽度の耐糖能異常者と例えることができる。

そして「一番小さな漏斗」は糖尿人と言えるのだ。

つまり漏斗が小さければ小さいほど「少しずつ分けてゆっくりと食べればブドウ糖を完全燃焼できる」ことが理解できるのである。

 

この際、推奨される「糖質」は以前にも述べた通り「果物」「ハチミツ」「ジャム」「ヨーグルト」など「単糖類・二糖類」など消化吸収が早いものの方が「血糖値」の動きを読みやすいため推奨されている。

「果糖」はそれ自体「PDH」を活性化するだけでなく「ATP」を節約して「TCAサイクル」の中に入ってエネルギーになれるので、一番望ましい「糖質」と言える。

 

これが「漏斗理論」で、あっけないほど「簡単」なものである。

 

 








          たきがみ博士の想い

 

誰でも、自分の中に伝統がある。自分が経験したすべての過去の累積、それが”いま”のわたし。

過去とは思いだすこと、現在(いま)は過去の必然、そして、未来は想い、選択すること。

いまは、変えられない。

しかし、人には明日があり、未来がある。明日は、こうありたいと想いを持つことができる。

 

すてきな明日に向かって、”これからへの想い”を具体化するJourney、しっかり楽しみたいと思います。

そして、”いま、ここ”を丁寧に活きる。

みずからの人生の軌跡を、すてきな笑顔でみつめるために。

 

旬(ときめき)亭 亭主 たきがみ博士
  たきがみ博士


旬(ときめき)亭へのアクセス


 

 

 044-955-3061

 tokimeki@terra.dti.ne.jp

 

 旬(ときめき)亭 亭主  たきがみ博士



 

神奈川県川崎市麻生区

百合丘1-5-19 

   YDM百合ヶ丘ビル 5階

 



☆他人に期待すれば不満になり、

  自分を信頼すれば自信になる 

☆人間関係とは、他人を通して自分自身

  との付き合い方を学ぶ機会なり 

☆自分の短所を受け入れるとき、

  自分らしさという魅力が生まれる 

☆最も空しい人生とは、

  すべてが思い通りになる人生である 

☆幸せは得るものではなく、気付くもの


☆樹木は、上に伸びる前に下に伸びる 

☆他人との対立は、

  自分の心の中の対立に過ぎない 

☆幸せだから感謝するのではなく、

  感謝するから幸せを感じる 

☆孤独を知らなければ、

  本当の繋がりが分からない 

☆内側から生まれてくる至福は、

  失うことがない


天城流湯治法の天健躰操 【始動法】

寝る前、起きた時 3ポーズで5分間

肩こり、腰痛・しびれから解放